kimamamh00322000389
寝てるフリをして…。

友達と遊んだ朝、友達がバイトに行くからって起こしてきたが、眠かったのでもう少し居させてもらった。


少ししてトイレに行きたくなって部屋を出たら、隣の部屋のドアが少し開いていた。

ちょっと覗いてみたら友達の母(40代。

ちょっとケバ目だけどナイスボディ♪)が、白のパンティとノーブラ白T一枚の姿で横になっていた。

テレビを見てて気づかなかったらしく、じっくり観賞させて頂いた。

おしっこ行きたかったのと朝立ちの為、チンポは全開でした。

気づいたらスコスコしていて、友母のスケスケパンティと乳首見てたらもうイキそうでした。

横に寝返った時のお尻は最高で、白のレースのパンティがムチムチヒップにフィットしていて、その時が一番興奮した。


その時イクのを踏み留まり、お返しに見せてあげようと思った。

友達の部屋に戻ってパンツ一枚になり、とりあえず横になった。

友母は洗濯物を部屋で畳んで仕舞うのを知っていたので、友達の部屋に戻りパンツ一枚になりとりあえず横になった。


それから2時間くらいが経ち(その間、半裸姿の友母を何回も見に行きシコシコして興奮度MAX)、友母が動き出した!!
オレはチンポをパンツの横から出して寝息を軽くたて、腕を目の上に乗っけて部屋の下半分くらいが見える状態で待機。

そしたら友母が洗濯物を持って部屋に入ってきた。


「あらH君いたんだ」

独り言を発しながらその場に座り、洗濯物を畳み始めた。

その時、目に飛び込んだのが割れ目くっきりの白パンティ!!

(や、やばぃ勃起しちゃう)

興奮するのを抑えるのに必死だったのを覚えている。

マン毛はモロに透けていて、割れ目の部分もほのかに透けていた。

体育座りやあぐらの体勢を何度もとり、色んな状態の割れ目を観賞。

透け乳首も拝ませてもらい興奮は頂点。


その時、友母の動きがおかしくなった。

少し自分の方に近づいてきた気がする。

そして、顔だけ自分のチンポに接近しているのが分かった!!
何も言わずジーっと見ている模様。

もうそのシチュエーションにチンポは我慢できなくなり、半勃起までいってしまった。


それから友母はオレが寝ているベッドの奥に何枚か畳んだ洗濯物を置き始めた。

友母は座った状態で置いているので肘とかがパンツに当たったりする。


(あ、チンポに軽く手が当たった)

その時気づいた。

友母はオレのチンポをさりげなく触ろうとしている事に!

オレはもうバレてもいいって覚悟で、友母の顔が見えるくらいに腕を動かした。

なんとオレの裏筋を10cmくらいの距離でじっくり見ているではないか!
その瞬間、オレのチンポはピクンっと完全に反り返った。

びっくりしたのか友母は顔をさっと上にあげた。

しかし、またすぐオレのカリ付近を至近距離で眺めていた。


その間オレは白パンティのお尻を観賞させてもらい、友母の顔も薄目で見させてもらい、我慢汁出たんじゃないかなってくらいフル勃起。

でも友母は寝息のせいか起きてる事に気づいてないらしく、珍しいであろうオレのフル勃起チンポをじっくり観賞している。


(オレの考えは間違いじゃなかった!!)

心の中で思い、お返しをしてあげた事にガッツポーズ。

その時、友母は二の腕をオレの腿にゆっくり乗っけてきた。

オレは少し寝息を大きくした。

その方が友母がもっと大胆な行動に出れるだろうと思ったからだ。


二の腕を乗っけた友母は何をするかと思ったら、ゆっくりとオレのお腹に手を乗っけてきた。

何をするのかと思ったら、そのままスーっとオレのチンポとお腹の間に手を入れてきたのだ!!
オレのカリに友母の手が擦れて最高に気持ちいい!
でも友母はこれ以上はヤバいと思ったのかチンポの下で手を全く動かさない。

そのままスーっと手を退けた。


その後も友母はじっくりとオレのチンポを観賞し、オレは友母のパックリ割れ目とムッチリヒップを観賞した。

まじオナニーをしたかったが、その場は出来るわけもなく、この状況を楽しくやり過ごし、後で大量スペをトイレで発射すればいいやって思い、寝息に精を出した。


そして友母が来てから30分強、友母は部屋を後にした。

去り際に1回尿道をかる~~くツンとだけ触ってきた。

友母は見た目よりも大胆じゃないのねって思い、部屋に戻った友母の白パンティ&乳首を見ながらトイレから持ってきたティッシュの上に大量スペを放出した。


それから2時間くらいが経ち、オレは部屋でたばこを吸って漫画を読んでいたら友母が顔を覗かせた。


「あら、H君来てたのね」

その言葉にちょっと興奮。

知ってたでしょってねw
さすがにその時はパンティ姿じゃなかったが、オレの目には半裸姿がずっと浮かんでいた。

なんせ2時間は拝ませてもらったんだからね。


「ゆっくりしていってね。

後でご飯持って来るわ」


ご飯持ってくる時にまたやってやろうかと思ったが、さすがに今後の為にやめといた。

友達の姉もいるんだが、この日は居なかったので、今度やろうと思った(今はもうやってますw)。

それから少しして食事を頂き、友母に「ご馳走様でしたほんとに」と言い残し自宅に戻った。


みなさん長々と付き合ってくれてありがとうございます。

初めて投稿の為、稚拙な文章ですんませんでした。

サンプル