kimamamh00322000390
熟妻とロリOLとの話です。

何年も前のことですが、私の会社には広岡さんという当時33歳の人妻の事務員さんがいました。

とても明るく可愛らしい女性で、すぐに仲良くなりました。

やがて相談事などを聞くようになり、居酒屋に行ったりもしました。

家庭でかなり悩み事があるようで、旦那さんから暴力も振るわれたりしているようでした。


日増しに親密になり、肉体関係を持つのも時間の問題のように思われました。

もちろんいけない事だとは分かっていましたが、朝、彼女が掃除をしている時にこちらに突き出したGパンのお尻や、ペットショップに行った時に、私の目の前で犬を撫でながらスカートでしゃがみ込み白いパンティーが見たりすると、広岡さんの裸を見たいと思うようになりました。


そしてとうとうその時がやってきました!
居酒屋で飲んだ後に彼女から、「ホテルに行こうよ!」と誘ってきたのです。

もうどうにでもなれとホテルに向かいました。


私が先にシャワーを浴びて、続いて彼女が終えてバスタオルを巻いて入ってきました。

しばらくは他愛もない話をしていましたが、彼女が何気に枕もとのエアコンのスイッチを操作するために四つん這いの格好になり、私には後ろ姿が見えましたがノーパンだったので広岡さんのお尻の穴が見えました。

私の息子は一気にそそり起ち、彼女を後ろから抱き締め、バスタオルを剥ぎ取りました。

広岡さんの乳首は黒ずんでいましたが私は舌先で舐めまくりました。

そして色素が沈着してどす黒くなったオマンコに指を出し入れします。

彼女は激しく喘ぎ始めました。


「アンッ!アンッ!!アーンッ!!!気持ちいいよー!!!」

さらに指で広岡さんのオマンコの内壁の感触を指で確かめます。

彼女の中はヒダヒダ状の肉の壁があって、なんとも言えない手触りでした。

すでにオマンコは白っぽいものや透明の愛液でグチョグチョになっていてたので、クリトリスの包皮を剥いてキスをして、味わいました。


そうしていると今度は広岡さんが私の息子を掴み、手で揉み始めます。

すでに痛いほど勃起していて、我慢汁が少し溢れていましたが、広岡さんはそのまま口に含んでくれました。

彼女は眼を閉じていたので上下する頭を撫でながら、彼女の口に入ったり出たりする私の息子を眺めていました。


もう挿入の準備は整いましたが、もう一度オマンコを確かめたいと思い、脚を開かせてビラビラを開いて中を観察します。

これから挿入する膣口、オシッコの出てくる尿道口はそのすぐ上にありました。

そして太ももを掴み、前に押してお尻の穴を見える体勢にします。

チュッ!チュッチュッ!!と音を立てて広岡さんの肛門にキスをしました。

実はこの瞬間が一番興奮しました。

いつも会社ではみんなの人気者で、取引先の男性から誘われることもしばしばの広岡さんの、一番人には見せてはいけない恥ずかしい肛門を私が独占して味わっているのですから・・・。


もう十分なので挿入することにしました。

勢いでコンドームも付けずにそのまま強弱をつけて出し入れしました。

広岡さんはなんとも言えない喘ぎ声を出しています。

そして最後に・・・。


「◯◯クン、大き過ぎるんやん!!」

最高の気分でした。

私のモノは勃起時で16センチくらいなので若干大き目くらいでしょうが、旦那さんのが小さいのかもしれません(もっともセックスレスだそうですが)。

そうして広岡さんとの付き合いが続きましたが、会社の方は事情があり辞めていきました。


やがて、次の事務員のともみちゃんが入ってきました。

バツイチの子持ちで20歳になりたてでした。

この娘も可愛らしく、このときばかりは採用を決めた社長に感謝しました。


私は当時30歳でしたが、年上好きなともみちゃんは私に猛アタックをかけてきました。

性格的には行け行けどんどんタイプで経験も豊富みたいでした。

私が広岡さんと付き合っているのは知っていましたが、それでも構わずにそばに寄ってきました。


その年の忘年会、帰りにとうとうホテルに行きました。

ともみちゃんはフィギュアの中野友加里を小顔にして可愛らしくしたような感じで、お尻もいい形をしていたので、いつか裸を見たいとは思っていましたが、意外と早くその機会が巡ってきたのでした。


ともみちゃんの裸は想像通りロリロリしていました。

元々のロリフェイスにプリンとしたお尻、微乳のピンク色の乳首、オマンコも綺麗なピンク色でした。

若くて勢いがあったので、フェラチオも激しく頭を上下に動かし、体位も自分から積極的に四つん這いのバックの格好になったりと、楽しませてくれました。

オマンコも広岡さんほどは濡れていなかったので舌でたっぷり味わうことができ、お尻の穴も綺麗な形を保っていました。


喘ぎ声はやはりすごく・・・。


「アッアッアッ!!アー!!ダメー!!!そこそこ!いいー!!」

・・・。

かなりのものでした。


それから念願のともみちゃんのお尻の穴にキスをしました。

でもともみちゃんにも私のモノは少し大きめだったようで、三回目くらいに、「何回かすると大きさにだんだん合うようになってくるのよ」と言われました。


その次の日に会社に来たともみちゃんが少し頬を赤らめて、「おはよう!」と言ってきたのには最高に萌えました。


それから少しして広岡さんが会社に用事があって来て、ともみちゃんと広岡さんの2人で歩いていて、私はその後ろから眺めていましたが最高の気分でした。

他の社員がすぐに寄ってきて楽しそうに話をしていましたが、私は2人の体を隅から隅まで楽しむことが出来たのですから・・・。

サンプル