5822_thebestnihongirls-lick-pussy

彼氏がいる元カノと中出しSEX体験談。

20歳の頃、出会い系で知り合った19歳の短大生と付き合ってた。


俺は遊びのつもりだが向こうは本気だった。


それを利用して剃毛やアナルセックス、夜中に呼び出してフェラだけさせる、友達にエッチ行為を見せつける、露出プレイなどなど、普通の19歳では経験しないようなセックスを教え込んでた。


彼女も今考えたら根っからのドMで、19歳の割には感度がよく、貪欲に体を求めてきてた。


恐らく、「やれっ!」と言われたら逆らえないタイプ。


見た目は少しロリ入ってて、背は低めで、おっぱいは小さめだった。


まあその彼女と3ヶ月か半年くらいかな、性欲解消目的でありとあらゆるプレイをさせてもらった。


その後、飽きたんで別れた鬼畜な俺。


約一年後。


ヤレる女をリサーチしてた時、ふと元カノを思い浮かんだ。


まだアドレスがあったんで、『元気?』とメールした。


返事は、『元気だよ、久しぶり』。


それから他愛もないメールをして、後日食事に誘うことにした。


あの時のことを謝りたい、復縁希望・・・みたいな匂いを漂わせてた。


その日は夕方から会った。


見た目は変わってなくて態度も変わってなかった。


んでパスタを食べに行き、色々話してると彼氏がいるとのこと。


自分の家庭教師らしい。


そういえば家は両親が先生だったんだよな。


俺も「良かったな、幸せになれよ」って返して、その時は全然エッチとかする気じゃなかったんだ。


普通に飯食べて車に乗せた。


送るまではなんともなかったが、少し下ネタになった。


この辺りがコイツ頭ユルくて、無防備だなぁと思うんだよな。


内容は、エッチは自分の部屋で勉強中にしてて、彼氏はあんまり経験がないとのこと。


そんな話を聞いてたらじわじわと俺のS魂に火がついて、「最後にヤラせて?」と言ってみた。


もちろん返事はNO。


「彼氏がいるから」と頑なに拒む。


だけど俺は、「お前の事を忘れたい、だからお願い、最後に一度だけで・・・」と頼む。


ユルい女だから結局こちらの交渉に乗せられて、乳首舐め→手コキまで進んだ。


「ここまでしたんだから口で抜いてよ」と言うと、「それは・・・」と言葉に詰まる。


押しに弱い元カノw

結局、後部座席に移り、咥えてくれた。


テクはまだまだって感じだったけど、今彼にこういうのしてると思ったらムラムラしてきた。


だから、「入れさせてよ。

最後だから」と言ってみたら、「それはダメ!」と言う。


でも、そう言われると分かってた俺は元カノの携帯を取って、「え~、じゃあ彼氏に今してること電話してみようか?」と言ってみた。


「お願い・・・やめて・・・」と、この時点で半泣き状態。


構わず今彼との過去のメールを読み上げた。


読み上げながら、「◯◯すごく好かれてるなぁwそれなのに元カレとはいえ、今、俺のチンポしゃぶってるしw彼氏が可哀想」と責める。


ますます燃えてきた俺は本気で入れたくなったんで、携帯を元カノに見せて彼氏の番号を出して、「掛けていい?」と耳元で囁いだ。


たぶんニッコリ微笑んでたと思う。


ここまでして拒否るようなら、マジで掛けるつもりだった。


「じゃあいいよな?最後にやらせて?」

再度言う俺。


「それは・・・」

元カノの気持ちが揺らいできた。


やっぱ昔愛されてたのもあったのかもしれんが、決断しない女の前で電話を繋ぐ音を出した。


「やめて!」

携帯を取ろうとしたが、既に切った後。


「ならいいよな?パンツ脱いで四つん這いになりなよ」と命令した。


元カノは涙を流しながら従順に従ったので、「よしよし、いい娘いい娘w」と頭を撫で撫でする。


元カノはパンティを脱ぎ、お尻を高く突き上げ下半身は何も着けてない状態。


単に抜きたかった俺は、すぐさま秘部にチンポを宛てがい何度も擦りつける。


「今から入れるけど、付き合ってた時みたいにお願いしてよ」

「うっ・・・うっ・・・お願い・・・しま・・・す、入れて・・・ください・・・」

「誰のをどこに入れるんだ?ああん?」

「俺くんのを・・・私の・・・私の・・・マ・・・」

涙声で言葉が詰まる。


「早く言わないと今の状態のまま掛けるよ?」

「私の・・・マンコに入れてください・・・」

言い終わる直前にバックの体勢のまま奥まで入れた。


そして突き上げる!

(てか濡れてるしwやっぱドMだわコイツ)

俺は今カレの話をしながら突きまくった。


「彼氏に電話しようかな~」とか「浮気しちゃって感じてるの?変態w」と煽る。


後半は軽く喘ぎ声も出ていた。


イキそうになったんで携帯を片手にメール作成。


相手は今カレで、『ゴチソウサマw今バックで突いてます。

元カレより』と入力した。


そして、「あ~イキそう、中に出していい?」と聞くと、「それは絶対ダメ!」と言う。


「仕方ねえな」と腰の動きを速くした。


元カノは声を押し殺してる。


「ったく、彼氏がいるのに他の男と寝やがって、可哀想に・・・。

これだと俺と付き合ってた時もわかんねえな、オイ?」

更に責めた。


「うっ・・・うっ・・・」

押し殺してるのか泣いてるのか分からない。


「これで完璧に最後だし、楽しませてもらってありがとう。

今カレと仲良くやんなよwwしっかし、今カレも今のお前の姿見たらどう思うかねw昔、俺としたプレイとか言ってないんだろ?言っていい?」

「やめて・・・早く出して・・・」

「最後に俺が『イキそうだ』って言うから、言ったらお前から腰を振れよ?いいな!」

「はい・・・」

「自分で動いて、『今カレ君ごめんなさい』って何度も言えよ?俺がイイって言うまでな。

返事は?」

「はい・・・」

元カノもようやく終わると思って安心したんだろうねw

俺は一つの賭けをしたかっただけ。


腰をパンパン打ちつけながら電話を掛けた。


コール音が鳴り、そのまま携帯を、叫び続ける女の背中にそっと向けた。


そして、「イキそうだ」と、元カノにもっと腰を振るように催促。


激しく元カノが腰を打ち付ける中、バレないように必死に声を殺して中に出した。


そのまま通話を切り、送信メールは削除して、電源はOFFにした。


そして、「おい!イケねえよ!」と罵り、本当は中に出したけど、ぶつぶつ言いながら帰り支度をさせて家の前に送った。


最後に、「ごめん、でもお前がやっぱり好きだったから・・・悔しくて。

彼氏と幸せにな」と別れた。


元カノはなんだか復縁したそうだったが、これでバイバイw

どうなったかは知らん。


が、後日談がある。


それから約半年後、新しい彼女ができた俺はネカフェに彼女といた。


その帰り際、元カノと彼氏がいたw

俺たちの支払いの後だった。


俺も元カノも気付いたがお互い知らないフリ。


元カノはドギマギしてたが、男は真面目そうな冴えない奴だったのは覚えている。


それから最近まで新しい彼女と6年半続いてたけど、最後は他の奴にやらせて、寝取らせプレイで破局した。

サンプル