hosoi028001

紐ビキニにエプロン姿の海の家のバイトちゃんとの体験談。

天候不順で冷夏だった夏、友人2人と海へ行った。


友人はナンパ目的、俺は失恋直後だったので、ただついて行っただけ。


海岸へ行くと早速、海の家の客引きが始まる。


冷夏だからか客も少ないようで、かなり強引な客引きもあり、オッサンなどの勢いに押されそうだったが、ここは我慢。


とにかく進む。


すると、女の子の店員が声を掛けてきた。


20歳前後で、薄っすら日焼けしている感じが夏っぽい。


Tシャツとホットパンツにエプロンという姿で、「海の家使いませんか?」とやや消極的な客引き。


早速交渉を開始。


交渉と言っても値段が下がるわけではなく、レンタルの割引程度。


ある程度満足する内容になったので、OKを出そうかと思い、ふと思い立って、「Tシャツの下は水着?」と聞く。


「そうですよ」と答えたので冗談で最後の条件を追加した。


俺「水着を見せてくれたらOKするよ」

女の子は「いいですよ」と言うとエプロンを外し、Tシャツを上に捲り上げ、ホットパンツを少し開けて赤の紐ビキニを見せた。


これをされたら断れない。


この子の店に向かうことにした。


海の家に着いて着替えを済ませ荷物を預ける。


ナンパ目的の二人は早速ナンパに出掛けていく。


俺は日焼けをすべく一人デッキチェアで寝転がっていると、しばらくしてさっきの店員の子がやってきた。


店員「すごい水着ですね」

俺はスポーツクラブで泳いでいるので、トランクスの日焼け跡をつけたくないからビキニタイプの水着を着てた。


俺「なんで?どっかに目が行くの?」

聞いてみると笑いながら、「違いますよ~」と答える。


店員「あ、そうだ、飲み物いかがですか?」

飲み物の注文取りだ。


余程暇なんだろう。


注文する気はないので、「水着にエプロン姿で持ってきてくれるなら注文するけど」って言うと・・・。


店員「えー・・・水着にエプロン?(少し考える)・・・いいですよ」

そう言われたら仕方がない。


コーラを頼む。


数分後、水着にエプロン姿で飲み物を持ってきた。


赤の紐ビキニにエプロンというのはかなりエロい。


「ホントに水着にエプロンだからびっくりした」と言うと、「だって・・・暇だからお客さん捕まえないと」と笑いながら答えた。


それから小一時間ほどして小腹が空いたので店に向かうと、店の前で暇そうにその子が座っている。


俺「暇なんだね。

お客も少ないしなぁ」

店員「そうなんですよ。

ずーっと休憩時間みたいだし」

笑いながら答える女の子。


しばらく雑談をしていると・・・。


店員「そうだ、何かレンタルしません?」

俺「じゃ、一緒に遊んでくれたら借りるよ」

店員「ちょっと待ってくださいね」

そう言うと店の奥に行く。


店員「早めに休憩もらったのでいいですよ」

(本気か・・・この子)

まぁいい。


ボートを借りて一緒に海へ。


ボートに乗りながら色々話をする。


名前はナオ。


20歳だそうだ。


親戚の海の家でバイトしているらしい。


俺「やっぱナンパとかされる?ナオちゃんが目の前にいたら俺ならナンパするけどね」

ナオ「今もナンパでしょ・・・あ、でも逆ナンかな。

私から誘ったし」

俺「でも営業活動じゃん」

ナオ「営業で一緒に遊ばないよ(笑)」

笑顔が結構可愛い。


そんな話をしながらしばらく遊んでいたが、天候がいまいちなので砂浜に戻る。


お昼で忙しくなる時間ということでナオは店に戻る。


ただ、「今日の午後はバイト休みだから遊ぼ」と言われた。


昼を済ませて店の前で座っていると再び水着のナオがやってきた。


今度は、「浮き輪に乗ろう」と言う。


二人で浮き輪に入ったりして遊び始めると、不意にナオの柔らかい胸が当たったり、抱きついてたりしてくる。


なんとなく抱っこスタイルになり、ナオは俺にしがみつく。


当然、俺は半立ち状態。


ナオ「ねぇ・・・なんか・・・変化してない?」

ナオが笑って股間をすっと触る。


俺「やめろって。

本気で立つだろうが」

ナオ「もー・・・どうすんの?」

俺「なんとかしてよ」

ナオ「えー・・・」

俺はナオを抱き寄せキスをする。


すぐに唇を離したナオは、「いいよ」と言った後、再び舌をも絡ませてくる。


ナオのDカップくらいの胸を軽く触ると、さらに激しくキスを求めるように舌も絡めてくる。


ナオ「我慢できないよ・・・。

ここじゃ嫌だから違う場所に行こう・・・」

俺とナオは浜に上がった。


ナオは、「私が先に行くから店に来て!」と言う。


まずナオが店に戻り女性更衣室へ。


俺が少し間を空けて店に向かう。


俺が男性更衣室からシャワールームに入ると、ナオがそーっと入ってきた。


ナオ「ここなら大丈夫だから・・・。

今日はお客さんもいないし」

そう言うナオを壁に押しつけ、再びキスをする。


舌を絡ませるとナオもさっきより激しく求めてくる。


ナオの水着の紐をほどくと綺麗な胸が露わになる。


乳首は少し茶がかかっているが綺麗な胸。


俺はその胸に顔を埋めるとナオの息遣いが荒くなり、同時に俺の股間も触り出してきた。


俺が胸から顔を離すと、ナオはしゃがんで俺の水着の上から股間にキスをする。


ナオ「もしかして・・・大きい?」

俺「普通だよ」

ナオ「そうかな・・・私、口でするの下手だけどいい?」

そう言ってナオは水着を下ろし、俺のモノを咥え、味わうようにしゃぶりだした。


確かに巧くはないし、気持ちよさもイマイチなんだが、愛おしいモノをたっぷり愛するように丁寧に舐めてくれる。


その感じが嬉しい。


だんだん気持ちが高揚してきて俺はイキそうになる。


俺「ナオ、イキそうだよ」

ナオはそれを聞くとさらに吸うようにしゃぶり出す。


俺「口に出して良い?」

ナオ「ん・・・うん」

俺「イクよ、ナオ」

俺はナオの頭を押さえながらナオの口の中に出した。


ナオは俺から離れると、口の中の精子を飲み込み、再び舐め始める。


少し舐めたところで俺はナオを立たせ、シャワー横の台に半分腰掛けるような姿勢をとらせ、ボトムの水着を脱がした。


薄いヘアの奥にしたたり落ちる水滴が光るピンク色のマンコが見える。


ナオ「恥ずかしい・・そんなに見ないで・・・」

そう言いながらもナオの息遣いが再び荒くなる。


そして、「あ、ん・・・」という言葉にならないような声をあげる。


ピンク色のクリを舌で転がしながら指でマンコを触ると、時折ビクンと身体を動かしながら、「はぁ・・・はぁ」と声を出す。


俺が少し指を入れ、少し曲げて刺激すると、「だめ・・・ああ・・・」と言って、ナオはピクッとなりながら、愛液でも尿でもない液体を吹き出す。


ナオ「なんか・・・出ちゃ・・・」

そう言いかけたところで、立位の体位で完全復活した俺のチンポをナオに挿入する。


ナオは「あっ・・・大きい」とつぶやき、俺に抱きつく。


中は柔らかく、その柔らかい締め付け方が堪らない。


こんな感触は初めての経験だ。


まずはゆっくり奥を責めるように腰を動かす。


ナオは動かすたびに声をあげ、腕で俺に強くくっつこうとする。


その度に柔らかく絞められ快感が増す。


さらに奥に迎え入れるように・・。


(ヤバい・・・このままじゃすぐ果てる)

そう思った俺はナオを座り直させ、正常位に近い体位で入れ直し、今度はピストンをしてみる。


ナオは動くたびに、「あ、あ、あ」と声を出す。


そして5分もしただろうか・・・。


ナオは、「あ・・・あああ」と声をあげる。


俺もヤバくなってきた。


俺「イキそう・・・外に出すよ」

ナオ「中でいいよ・・・」

俺「中に・・・?イクよ・・・う・・・」

俺はそう言ってナオの中で果てた。


ナオは親戚がやってるアパートに夏の間は住んでいると言うので、その夜はナオの部屋へ。


それから週末や時間がある夜はナオの部屋に行ってた。


それから俺の転勤とかで遠距離になったりもあったけど、ナオは俺の嫁になりました。

サンプル