kimamamh0412000253
風俗店で教え子と再会…。

お父さんが出張がちでお母さんは上品な家庭の子、中学三年生を受け持った。

数学が苦手で、夏休み前はレベルの低い学校しか選べなかったけれど、熱心に特訓して見事上位の女子高に合格した。

入学してすぐ、高校の制服姿でお礼にバレンタインの手作りチョコレートを持ってくるような、優しくて恥じらいがすごく可愛らしい印象の女の子だった。


それから数年して大学に合格したとのことを年賀状で知り、女子大生になって綺麗になったんやろなと想像していた。

歳も10歳以上離れていて生徒と先生、大人と子供。

当時お付き合いしてる女性もいたので恋愛感情も湧かんかった。

ほんまに可愛い教え子。


当時はお父さんも単身赴任で、僕のことを唯一身近に相談できる頼もしい大人の男性と見ていたらしい。


「面白いところ連れてってや」

俺の名古屋の友人は大阪の風俗に行きたがり、いつも通天閣の串カツを食べて、メンズエステやガールズバー、ラウンジをハシゴした。

日本橋のメイドカフェに最初連れて行ったら面白かったのか、「若い子がええ」と言うのでその日の夜は、京橋のコスプレサロンに行くことに。


このサロンは、駅前で専門学校生や女子大生を即日スカウトするやり手の店員がいて、たいてい毎日、風俗素人や一日体験入店の嬢がいることで有名なサロンやった。

嬢の教育は出来てて、ヤンキーとか墨入れといった“地雷”に当たったことも無く、稀に全く男性経験が無い処女が奉仕するので、スケベな男どもでいつも賑わっていた。


指名せずに遊んでも十分楽しめるので、どんな子が来るのか冒険も出来て安心して遊べる店なのでロングで入った。

そこのお店のしつらえは独特で、完全個室でなく、素通しの背の低いパーテーションで仕切られているだけ。

客同士、嬢との行為がお互いに丸見えになっている。

ブースの真上のライトで、暗い室内に全裸の嬢の丸いお尻が浮かび上がり、積極的な客が座位で嬢を膝に抱えておっぱいを揉みしだくイヤラシイ感じになっていた。


サロンにて友人は対極の奥のブースに通されてた。


「コスチュームはどれにします?」

俺はサテンドレスやらセーラーの写真の中から、ベタなセーラー服を選んだ。


「今日は新人の子でまだ慣れてませんから、優しく接してもらえるようお願いします」

ドキドキしながら待っていると、暗いカーテンの向こう側から「ゆりさん入りまーす」の掛け声で、白のブラウスに赤いストライプのリボン、ミニスカートの制服の嬢が立っていた。


「あの、はじめまして、ゆりです。

外、暑かったですか?」


薄暗いブースの中でおしぼりを取り出し準備をしている。

すこし鼻にかかる甘えた声・・・。


俺は一瞬でわかった。


そう、目の前にいるのは間違いなく俺の教え子。

あの時の女子中学生、あの子やった。


「あ、うん。

まだ暑いな。

汗が出て嫌やな」


久しぶりに会う暗がりの中の彼女は、7年ですこし大人になっていた。


「まだ入店三日目で慣れてないんで、下手なところもあるかもしれないけど一生懸命するんで」

「気にしなくていいよ、大丈夫」

もうドキドキしながら、いつばれるかそればっかりで頭がいっぱいになった。

でも自分の息子はこれから始まる行為のことでギンギン。


俺が目を合わさないでいると、無言で俺の手を膝に置き、丁寧に拭き始めた。

持ち上げられた俺の指先が彼女の胸に触れる。

サイズはDくらい。

だいぶ成長したんやな。


「わぁ手が大きいし。

お客さん、身長も高いね。

いくつくらい?」


顔を上げるとじっと俺の顔を見つめてた。

俺は、(ばれてないように)と心の中で念じるので精一杯。

首元に手を伸ばし俺のシャツを脱がして接近する彼女にドキドキした。


「あの、お客さん・・」

「え?な、なに」

「ううん、なんでも」

ガンガン音楽が鳴っていて小さな声が聞き取れない。

俺は座ったままズボンまで下げられブリーフ一枚になった。

彼女は膝を付いて胸のリボンを差し出した。


「外して・・・先生」

(先生って・・ば、ばれてる?それともイメージプレイ?!)

胸を張って首を少し傾げ、横顔ではにかむ仕草、彼女の癖だ。

可愛さにクラクラした。

突き出したブラウスの真っ白な胸元が露わになった。


「恥ずかしいゎ、◯◯先生・・・」

(俺の名前を呼ばれた!ばれてたんや)

「え!◯◯ちゃん・・俺、わかるのん?」

「うん◯◯先生やろ?さっき気付いてん」

今度は彼女が恥ずかしそうに目を合わさないで返事した。


「いいの俺で?でもなんでここにいるん?」

実は彼女、店のスカウトマンに飲食店の短期アルバイトがあるからと店に連れて来られて面接を受けたらしい。

その日に体験入店して、1週間の約束で半ば諦めで入店したそうだ。

同年代の学生もスタッフも優しい人が多いので、短期でならとOKしたとのこと。


ああ、こんな子が風俗で働くのはこういうからくりなんか。


「でも先生、もしあの、嫌やなかったらこのまま私でいい?他の人より先生がいい・・・」

もう嬉しくて俺は覚悟を決めて彼女を抱き寄せた。


「んっ、あ」

こわばっていた肩からスッと力が抜けたようで彼女がもたれてきた。


「ブラも外してくれる?」

俺はブラの紐に手を掛けて、フックに手を回して少しずらした。

淡いピンクの乳首、産毛も立って透き通った20代前半の女子大生の肌。

指で胸元をなぞりながら弾力を少し楽しんだ。

近づけた顔に唇が触れて彼女の小さな口の中に舌を入れた。

反応して彼女は小さな舌で必死に絡めようとしてきた。

その可愛さにまた萌えてしまった。


数分キスを楽しんだ。

もう気持ちはOKということはなんとなくわかった。

コスチュームのスカートを捲ると白くて柔らかい太ももがはだけ、その先には印象通り、可愛い小さなリボンの付いた薄いピンクの綿パンティ。


「はぁ、あ、あ、ぁ・・」

彼女のため息のような切れ切れの吐息が耳元に漏れ聞こえた。


彼女は俺の二の腕をきゅっと掴んで口元を寄せてきた。

キスをもっとねだるように。

中学生だった彼女も今、目の前で女として身を任せてる。


恥らって紅潮してる太ももは柔らかくて暖かく、指を這わせると感じて身震いするのが伝わる。

脱力した腿を手で支え開脚させると、パンティのクロッチ部がびっしょり濡れていた。

もう充分に受け入れてるみたい。


耳元で・・・。


「自前の下着やけど、汚れてもいいん?」

「うん、でも先生と・・恥ずかしい。

はぁ、あ、あぁ」


すでに人差し指と中指でパンティ越しに濡れた秘部をなぞりながらリードする俺。


こんな状況を知っているのは俺と嬢、たった二人だけ。

店もこの子の親も友人も知らないシチュエーションに萌えて、もっと悦ばせて俺も楽しみたい。

指先バイブのテクニックでパンティを弄りながら指先でじっくり彼女を遊んだ。


「俺も脱ぐ」

膝を立てると彼女が脱がしてくれた。

ペニスがカチカチでパンツに引っかかったのをクスッと笑われた。


小さな口で必死でペニスに奉仕する教え子に、なんとも言えない罪悪感と幸福感と征服感が俺を満たした。

お返しに彼女の体をじっくり舐め回し、尻の穴からピンクのひだ、柔らかな陰毛を執拗に攻めて乳を揉みしだき、吸い上げては俺のキスマークを残した。


「先生、嬉しい。

もっといっぱい楽しんでいってね」


その言葉に俺は甘えて自制を失った。


「いいの?ほんとに後悔しない?」

俺は彼女の腰を持ち上げ、竿先を柔らかな入り口に押し当てた。


「いいんよ」

彼女は手を当てがい、お店にばれないようにカムフラージュしながら、俺は息子をぐいっと挿入した。

締め付けのきつい入り口と上付きで暖かくて吸い付くような具合にしばらくして果ててしまった。


携帯番号などを聞かず、店を出た。

その後、お店のウェブページを見るも出勤が無いようだ。


当然どこかで会うだろうが、その時の運命に任せてる。

セフレにはしないつもりだ。

サンプル