gaijineroeroe425000510
妹との話。

躁鬱病の俺が妹とセックスしてしまった・・・。


それは三日前の事だ。

長い自分語りが始まるけど勘弁してくれ。

とりあえず、簡単な家族構成から書く。

我が家は俺・母・妹の三人家族。

俺が小学生の時に父親が女を作って家を出てって以来、ずっと母子家庭である。


俺:19歳、大検合格したので一応高卒。

躁鬱病。

精神障害者2級。

収入は2ヶ月に一度給付される障害者年金12万円ほど。


母:47歳、優柔不断。

放任主義、センチメンタリスト。

スーパーでパート勤務。


妹:16歳
高一、童顔ですごく可愛い。

彼氏はいないらしい。

料理が好き。


まず俺の生い立ちをふまえて説明させてもらう。


元々人との接し方が分からなかった俺は中学入学後、部活の上下関係に馴染めず、すぐに不登校になった。

それから、ずっと家に引きこもり。


ゲーテ、ハイデガー、ニーチェetc・・・。

俺は思想家の本を読み漁り、ますますおかしな精神が構築されていった。

母はそんな俺を責めるどころかゲーム・漫画など俺の望む物をなんでも買い与え、ひたすら甘やかした。

今思えば、この時の母の行為はネグレクトの一種だったと思う。

うん。


当時、小学生だった妹はそんな俺にも明るく振る舞ってくれた。

妹が学校から帰るとよく二人でレーシングゲームで対戦して遊んだ。

俺が思想家に影響されて偉そうに講釈をたれても、妹は嫌な顔せず素直に聞いてくれた。

むしろ、そんな俺を尊敬の眼差しで見てくれた。


母には、批難される事なく甘やかされ放題・・・。

妹には、ゲームが上手くて頭の良いお兄ちゃんと思われ・・・。

俺は自分に妙な自信が出来ていた。


ソーシャルスキル皆無の不登校の癖に、社会のレールに乗って普通に学生生活を送る連中を凡人呼ばわりして小馬鹿にしていた。

これだけなら、ただの一過性の中二病にも思えるが、俺の場合は精神の根本からおかしくなっていた。


中学卒業後、俺の精神はますます壊れた。

俺は高校に進学する事もなく、自室に引きこもり、家族との触れ合いを断った。

部屋の壁に怪物の絵を描き、怪物の口部分を彫刻刀で削って穴を作り、その穴に母が運んできた料理を詰めたりしていた。

今思えば、自分でも理解不能である。


一度、躁鬱の『躁』状態の時、妹を掴まえて部屋に案内した事があるが、壁に描かれたグロテスクな怪物を目の当たりにした妹は、泣きながら逃げていった。

その反応を見て俺は興奮し、悦に浸っていた。


その後も俺は計5体の怪物を描き、怪物の口部分を彫刻刀で削る作業を繰り返した。


夜な夜な部屋の壁をガリガリ削る奇行を、普段放任主義な母もさすがに心配したらしい。

俺は母に無理矢理、近所の精神病院に連れていかれる事になった。


そして俺はとうとう医者から、統合失調症の疑いがあると診断されてしまった。

(後に躁鬱病だったと訂正。

藪医者め)


直ちに入院の必要があると言われ、俺は半強制的に入院させられる事になった。

結局それから俺は、精神病院に2年間入院する事となった。


なんだかんだで、入院中は楽しかった。

精神障害者同士、色々友達も出来たし、統失のロリコンおっさんと勉強しまくって、大検受かる事も出来た。


妹は学校が休みの日、よく病院に遊びに来てくれた。

病院仲間からは可愛い可愛いと評判だった。


ロリコンおっさんから「外泊を利用して妹さんのパンツを盗ってきてくれ」と懇願された事もあった。


(勿論、断ったが)

俺はそんな可愛い妹が自慢だった。

一方、母は俺に愛想を尽かしたらしく、殆ど面会には来てくれなかった。


退院後、俺は現在、グループホーム(障害者用の共同生活アパートと言えばいいのかな?)の一室を借りて、共同作業所(障害者の社会復帰を目的とした障害者用の仕事場みたいな)で働きながら暮らしている。


入院中、母から「再び家で一緒に暮らすのは嫌だ」と言われたためだ・・・。


そんな薄情な母に一番腹を立てていたのは、俺ではなく妹だった。

こんなダメ兄貴でも、妹はずっと俺の帰りを待ち望んでくれてたんだと思うと、なんだか嬉しくて泣けてきた。

そして、その頃から俺は、妹になんだか特別な感情を抱くようになっていた。

今までの『好き』とは違う、何か特別な感情がさ。


俺がグループホームで暮らしだしてからも、妹は日曜日になると手作り弁当を持って、必ず俺のとこに遊びに来てくれた。

二人で弁当を食べた後、公園を散歩したり、部屋で話したり・・・それが日曜日の恒例になった。


共同作業所での単純作業に嫌気がさしていた俺は、そんな妹とのひと時が、唯一の生き甲斐になっていた。


そして、俺が今まで妹に抱いていた特別な感情の正体が、恋愛感情である事を認めざるを得なくなっていた。

今まで、実の妹に対して恋愛感情を抱く行為に、無意識のうちに拒否反応があったんだと思う。

近親恋愛なんて猿でもわかる禁忌なんだから当然だ。


しかし、俺は猿以下に成り下がってしまった。


もう自分の気持ちを誤魔化せないほどに、妹の事を好きになってしまったのだ。


毎日、日曜日が待ち遠しくて仕方なかった。

とにかく、妹と一緒にいたいと思った。


そして今から三日前、事態は動いた。


その日の夕方6時頃、突然妹がやってきたのだ。

セーラー服姿だったので、どうやら学校帰りらしい。


いつもなら、決まって日曜の昼前にやってくる妹が、平日のこんな遅くにどうしたんだろ?

俺は驚いたが、そんな事よりもセーラー服姿の妹に釘付けになった。

私服姿と中学時代の地味な制服姿しか見た事がなかった俺は初めて見る妹のセーラー服姿に興奮を覚えた。


俺は平然を装い、妹に何があったのか聞いた。

返ってきた答えは至極平凡なものだった。


「数学の授業で習った2次関数がわからないので、宿題に付き合って欲しい」との事だ。


俺は入院時代、大検に合格した知恵を生かし、なんとか妹に2次関数を教えてやる事が出来た。


妹の宿題が終った後も二人で雑談を交わしたり、PS2で遊んだりした。

そうしているうちに、時計の針は8時を回っていた。

そしたら、妹が電車の時刻を気にして、そろそろ帰ると言い出した。


この時、帰ってもらえば良かったもんを・・・。


俺は妹に、今晩は泊まってくように言った。


妹は初め、「明日も学校があるから」と躊躇していたが、「始発に乗って一旦、家に帰ればいい」と説得すると、なんとか納得してくれた。


俺は歓喜した。


(今夜は妹と同じ布団で寝れるかも・・・)

そんな期待で胸が躍った。

ちなみに、そのとき俺は『躁』状態で、かなりテンションが高かった。


それから、俺と妹は腹が空いたので、徒歩15分ほど離れたスーパーに向かった。

妹は、躁状態でハイテンションになってる俺を心配したのかスーパーに着くまでの間ずっと、手を繋いでくれた。


田んぼに囲まれ、外灯も少ない辺鄙な田舎道だが、その日は月明かりが綺麗だった。


スーパーで半額弁当とお茶を買った。

その帰りも妹は俺の手を繋いでくれた。


スーパーの帰り道、とある公園にさしかかった時・・・。


「公園のベンチで食べようよ。

月、綺麗だし」


妹がそう言って、俺の手を引いて公園に入ってった。


(月見を楽しみながらの弁当とは、なかなか風情があるなぁ・・・)

俺と妹はベンチに座り、黙々と弁当を食べた。

弁当を平らげ、お茶で一服した後、二人で月を見上げた。

いい雰囲気だった。


(他人が見たら恋人同士に思うんだろなぁ・・・)なんて考えてニヤニヤしてた。


そして俺は躁状態の勢いに任せ、大胆な行動に出た。

今思えば、これが間違いだったんだと思う・・・。


俺は妹の背に腕を回し、肩を抱き寄せた。


「えっ・・・」

妹は小さな声をあげて動揺していた。

しかし、抵抗する素振りはなかった。

俺は無言で妹の顔を見つめた。


すると、妹は恥ずかしそうに目線を下に向けた。


そして俺はとうとう、躁状態の勢いに任せ、妹の唇を奪った。


10秒・・・20秒・・・。

唇を重ねたまま時間は流れていった。

妹は目を瞑ったまま、ジッとして動かない。


俺は徐々に興奮してきた。

妹が抵抗しないので、舌を入れようとした。


すると、妹は我に返ったようで、俺の体を押し退けた。


気まずい沈黙がしばらくが続いた後、妹が口を開いた。


「帰ろっか・・・」

俺は無言で頷いた。


それから、俺と妹は気まずい雰囲気のまま、黙って公園を後にした。

しかし、妹は部屋に帰るまでの間もずっと手を繋いでいてくれた。


部屋に帰ると21時半になっていた。


ろくに会話もしないまま、風呂を沸かした。

そんで、先に妹に入ってもらう事にした。

妹は着替えを持ってきていないため、パジャマ代わりに俺の紺のトレーナー上下を貸してやる事にした。

トランクスも勧めたが、さすがに断られた。


妹が風呂に入っている間、俺は公園での出来事を回想してニヤニヤしていた。


躁状態の俺に後悔などなかった。

大好きな妹とキス出来た喜びでいっぱいだった。


風呂を終えた妹がダボダボのトレーナー姿で出てきた。

サイズが違い過ぎて裾を床にズルズル引きずっていた。

Lサイズのトレーナーを身長153cmの妹が着てるんだから当たり前だ。


俺も続いて風呂に入った。

そして風呂から上がり、リビングに戻ると妹が俺の布団に入っていた。

期待通りの展開に胸が躍った。


電気を消し、俺も妹の横にお邪魔した。


妹は俺に背を向けた状態だったので、シャンプーの匂いが心地よかった。


俺は後ろから、そっと妹の髪を撫でた。

妹は黙りこくっている。


そして、以下のような会話を交わしたのである。


俺「公園での事、怒ってる?」

妹「別に怒ってないけど・・・」

俺「・・・けど?」

妹は再び黙りこんだ。


俺は妹の気持ちを察してあげれるような精神状態じゃなかった。

いつになく妹と密着したシチュエーションに、興奮を抑えきれずにいたのだ。


躁状態の俺に我慢はきかなかった。

俺は妹の体に覆い被さり、妹を仰向けに起こした。


「なに?」

妹が驚きと不安を入り混ぜたような声で聞いてきた。


「もう一回、してもいいか?」

俺はそう言うと、妹の返答を待つ事なく、唇に迫った。


初め、妹は顔を横に背けて無言で抵抗してたが、俺の執拗な責めに観念したらしく、されるがまま大人しくなった。


俺は妹の唇を貪るように味わった。

公園では拒否されたディープキスも、すんなり受け入れてくれた。

しかし、妹から舌を絡めてくる事はなかった。

ただただ、人形のように、されるがままにジッとしていた。


俺の下半身は既に獣と化していた。

ディープキスを堪能した後、俺は妹の胸を揉みしだいた。

その間も、妹は一切抵抗しなかった。

背が低い癖に、かなりボリュームのある胸だった。


声ひとつ出さず、ずっと大人しかった妹だが、俺が乳首を舐め始めると、次第に息が荒くなってった。

そしてとうとう、声を抑えきれなくなったようで、あんあん喘ぎだした。

どうやら弱点らしい。


初めて聞く妹の喘ぎ声に、俺はますます興奮した。


俺はひたすらに妹の胸を貪り続けた。


そして。


そして。


そして、その後、俺は一番の禁忌を犯してしまったのである・・・。

もう、敢えて詳細は書かんとく。


翌朝、俺は酷い鬱状態で目覚めた。

妹はもう隣に居なかった。

俺は昨日の行いを悔いた。

躁状態の俺が、今までの兄妹関係を破壊してしまったかもしれん。

そして妹に嫌われたかもしれん。


その日から俺は共同作業所を休み始めた。

結局、それから現在に至って、妹には気まずくて電話もできない。

そして、妹から電話がかかってくる事もない。


妹に嫌われたかもしれない妹に嫌われたかもしれない妹に嫌われたかもしれない。


しかし!いや・・・だから!
俺は今日この日に賭ける事にする。

日曜日は毎週必ず妹がやってくる日なのだから!!!!!!!!!

そしてもし今日、妹が来なかったら俺は・・・。


ただでさえ、精神障害者で社会生活もままならないのにその上、心の支えの人にまで嫌われたんじゃ生きてる意味無いもんな。


頼む妹よ俺を嫌いにならないでくれ躁状態の俺は俺じゃないんだ別人なんだハイド氏なんだ許してくれ。

またいつもみたいに二人で弁当食べてゲームして散歩して雑談しよう。


もうあんな酷い事しないから・・頼むよ。
サンプル