gaijineroeroe425000170
黒人女性との話。

ただのエロ話って訳じゃないんだ。


<スペック>
俺:24歳の男、非童貞、チビメガネ、現無職だけど来月からリーマン。

黒:20歳の女、濃い目のカフェオレ、身長180cmあるかないかで学生らしい。

数週間前、俺が暇に飽かしてしょぼい神社巡りをしてると、汚ねぇ神社で黒人女性を見つけた。

観光客どころか地元住民すら滅多に来ないような神社なので、俺は大層びっくらこいた。


黒さんは拝殿の前に突っ立ってぼけーっとしてた。


その後ろで、俺は半分壊れてるプラ製ベンチに座ってぼけーっとしてた。


本当は俺も参拝したかったんだけど、でけえ上に黒い人に若干びびってたので、黒さんがどっか行くまで時間を潰してたんだ。

んでしばらく経ったら、黒さんが振り向いて境内の参道みたいなところを鳥居に向かって歩いてきた。


こっちガン見してた。


黒人っつったら中学ん時ALTで来たマッチョなアメリカ人しか知らん俺は、細身で長身の黒人女性に心底びびった。

人種差別とか言われるかも知れんけど、とにかく怖かった。


不審な人を見つけたらこちらから挨拶してやれとは、小学生ん時から言われてきた。

その教えに則って、俺は元気よく黒さんに変な英語で挨拶した。


「Hi!Today is veryhot isn’t you?」

・・・とか言ったけど、正しい英語なのかは知らん。

とにかく挨拶したんだ。


そしたら黒さん、しばらくぼんやり俺を見つめた後、急に泣き出した。

もう俺はびびりすぎて小便漏らしそうになった。


そっからはもう英語なんて話せずに、日本語で「どどどどどうしたんすか!?具合悪いんすか!?」とか言ってた。


とにかく俺はヨヨヨと泣く黒さんをベンチに座らせて、自販機にポカリを買いに走った。

戻ってみると、まだ黒さんはベンチに座って泣いてた。


黒さんの手を掴んで強引にポカリを握らせ、『これ、飲んで、あなたの』みたいなジェスチャーでなんとか意志を伝えた。

そしたら、また黒さんは泣き出しちゃって、もう途方に暮れちゃって、俺は黒さんの隣に腰掛けてオロナミンC飲んだ。


しばらくして、ようやく落ち着きを取り戻した黒さん。

ポカリ飲みながら、“うめえ、なんだこれ”みたいな顔してた。


黒さんも俺も、英語スキルは同じくらいだった。

片言と流暢の間くらい。

黒さんはエストニア人らしい。

お互い上手とは言えない英語で喋った。


何で泣いてたのか聞くと、俺が初めて話し掛けてくれた人だとか言ってた。

詳しく聞くと、黒さんは母国で酷い差別を受けていたらしい。

日本でも虐め問題はあるけど、それよかもっと酷い。

石投げられたり唾かけられたりレイプされそうになったり、学校じゃ無視してくれる方がありがたいそうだ。


俺もだんだん慣れてきて、黒さんに対する恐怖心はほぼ無くなってた。

んな重い話になんて答えたらいいのか分からなかった俺は、「大変だね」みたいな事しか言えなかった。

そしたら黒さんは、「日本人はすごい、尊敬している」みたいな事を言った。


何でと聞くと、黒さんはつっかえながら喋りだした。


『日本人は有色人種で唯一白人に立ち向かい、ボコボコにしてぶん投げた。

アジア人だけじゃなく、黒人にとっても日本人はヒーロー。

日本人のおかげで、世界の有色人種は白人と対等に喋れるようになった。

いまだ差別はあるけど、人種差別撤廃が世界の主流になっている。

それは全部日本のおかげ。

母国で差別に苦しんだけど、日本人のように強くあろうと思って生きてきた。

日本に来るのがずっと夢だった。

大人になってアルバイトでお金を貯めて、念願の日本に来た。

そしたら日本人は余りにも洗練されていて、同じ有色人種とは思えなかった。

体は小さいけど身なりは綺麗で、ハイテクに溢れていて、凄まじい劣等感を感じた。

同じ有色人種として日本人と仲良くなりたいと思っていたが、完全にびびってしまった。

だから人が多い観光地などは訪れず、人気の少ない住宅街を歩いたり、途中で見つけた寺や神社を彷徨いていた。

そんな中、俺さんが初めて話し掛けてくれて、心配してくれて、飲み物を買ってきてくれた。

初めて人間扱いされたと思った』

言葉は完全には理解できなかったけど、こんな感じの事を言ってた。


俺は猛烈に反論したかった。

おめー黒人って事にコンプレックス持ちすぎじゃね?みたいな事言いたかった。

だけどいい感じの英語が出てこずに、「おめーはいい人だ!自信持て!」みたいな事しか言えなかった。


喋ってるうちにだんだん打ち解けた。

その辺に生えてるよもぎを千切って、「この草食えるんだぜ、パクッ、まっずー」みたいな事して笑わせてた。


黒さんの境遇を偉そうにも不憫と思った俺は、黒さんを家に招く事にした。


俺は恥ずかしながらいい歳して実家暮らし。

いきなりでかい黒人女性を連れてったにも関わらず、母ちゃんは歓迎してくれた。

餅食わせたり、近所の婆さんに貰ったソラマメ食わせたりした。

餅はいまいちだったけど、ソラマメは大層お気に召した様子だった。


夕方近くなって、「暗くならんうちに帰りー」と母ちゃんに言われたので、黒さんには茹でソラマメを持たせてあげた。


デカい黒人だけど女性だって事で、俺が車で駅前のホテルまで送っていく事になった。


車内では、「アリガト俺サン、アリガトゴザマス、ニッポンダイスキ」みたいな事を涙声でずっと言ってた。


俺は運転しながらうんうん聞いてるだけだった。


どうやってホテル取ったんだろと思ったら、フロントのおっさんはやたら英語が流暢な人だった。

空港から電車であちこち彷徨って、飛び込みで部屋取ったらしい。

この黒人なかなかやる。


無事ホテルまで黒さんを送り届けたら、部屋に寄ってってくれと頼まれた。

早く帰って飯食いてえと思いながらも、有無を言わさぬ様子で引っ張ってくるので、やむなく俺は黒さんの部屋に行く事にした。


シングルの小さい部屋だった。

黒さんの荷物はでかいボストンバッグだけで、ロッカーの中に仕舞われていた。

黒さんはボストンバッグから何か引っ張り出した。


なんじゃいと思って見ると、それはやたら図柄が細かい織物だった。


サイズはそんなにも大きくなかった。

だいたい600×600くらいの正方形。

とにかくカラフルで、図柄が細かかった。


「なんじゃこりゃあ!すげえ!」

つって顔近づけて見てると、黒さんがまた泣き出した。


聞くと、その織物は黒さんの母ちゃんがお守りに持たせてくれたものらしい。

民族伝統のとか家族に伝わるだとか詳しい事は忘れたけど、とにかく黒さん一家にとっては大事なものだそうだ。

それを綺麗だと言ったのも俺が初めてだって言ってた。


「初めて認めて貰えた」とか言いながら、黒さんはヨヨヨと泣いていた。


何か居心地が悪くなった俺は、織物から顔を近づけたり離したり目を細めたりして誤魔化した。

そろそろ帰ろっかなーと思ってたら、ズバリと黒さんが言ってきた。


「俺サン、セックス、シテクダサイ」

何言ってんだこいつと思った。

“セックス”だけやたら発音が良かった。


「何言ってんの?そういう事はボーイフレンドとやりなさい」って言った。


そしたら・・・。


「母国じゃ私を好きになってくれる人なんていない。

このままじゃレイプが初体験になってしまう。

そんなのは嫌だ。

俺さんとならセックスしたい、助けると思って抱いてくれ」みたいな事を言われた。


お、おぅってなった。


あれ?と、俺は思った事があった。


「黒さん、処女なの?」と聞くと、「そうだ」と答えた。


外人はやりまくりと勝手な先入観を持っていた俺は、すこぶる驚いた。

でもまあ、それもそうだろう。

母国でそこまで酷い差別を受けていたと言うなら、今まで恋人なんてできた事ないってのは想像がつく。

でもいきなりセックスしようぜってのはどうだろう。


俺は迷った。

迷いながら、チンコはギンギンだった。


ただ興奮したからセックスだ!みたいなノリだったら俺は断ってたと思う。

けど、レイプで破瓜は嫌だとか言われると、それもそうだよなあと思ってしまう。

まあ、という事で、じゃあセックスするかって事になった。


黒さんが先にシャワーを浴びて、その後に俺。

体を拭いたバスタオルをベッドのシーツの上に敷いて、準備した。

黒さんはすごいソワソワしてた。


正直黒さんは美人ではない。

黒人らしく鼻はでかく唇が厚く、割合目が小さい。

ただ、いい身体をしておった。

身長180cm前後、おっぱいはEくらいありそうで垂れてない、腰は見事にくびれてて、しかし小尻。


対する俺は身長163cm、体重45kg、メガネで虚弱、ガチで喧嘩やったらそのへんの中学生にも負けそうな体型。

傍目にはとても情けない図だったけど、チンコはギンギンだった。


シーツに敷いたタオルが黒さんのマンコのあたりにくるように寝かせ、おっぱい揉んだり吸ったりした。

肌はすごいしっとりしてて、吸い付かれるような感触だった。

乳輪は割とデカめだったけど、肌の色と乳輪の色が似た感じなので、どこが境目かパッと見よく分からんかった。


黒さんは唇をがっちり引き結んで、鼻で「ンスーンスー」って息してた。

チンコをぺろぺろして欲しいところだったけど、黒さんは初めてという事なので、なるべく俺ベースでやる事にした。

乳首を指先で弄ってると、「アウッ」とか声出したと思ったら慌てて口閉じたりして、正直仕草はとても可愛らしかった。


マン毛の手入れはしてあったけど、パイパンではなくて小さい逆三角形って感じ。

脇腹から腰を通って尻、太もも、内ももに手をスライドさせると、黒さんは筋肉を強張らせてガッチリ足を閉じた。

と思ったら、いきなり俺の首の後ろに手を回してきて、抱き寄せられてディープなキスされた。

俺はガマン汁を垂らした。


しばらくぺろぺろしてたけど、黒さんは俺の頭を離そうとしない。

しょうがねえからベロチューしたままマンコに手をつけて弄ろうとした。


そしたら舌噛まれた。


黒さんは俺に「ゴメンナサイ」って言った後、力を緩めて足を少し開いた。


黒い肌の中にマンコ肉だけがピンク色で、やたらエロかった。

しばらくマンコ弄って黒さんを「ンーンー」言わせた。


あんま夜遅くなってもいかんので、俺は自分のカバンの中からコンドームを取り出し、装着した。

俺の天を衝かんばかりに屹立したポコチンを見て、黒さんは目を丸くしていた。


コンドームを見るのも初めてだったようで、俺のチンコに装着されたコンドームを珍しげにペタペタ触っていた。

そのたび俺のチンコはピクピク動いた。


多少の出血があった。

バスタオル敷いててよかったと思った。

セックス中、会話はほとんど無かった。

黒さんはとにかく俺をぎゅうぎゅう抱き締めて離してくれなかった。


初セックスである黒さんの事を考えると激しく動かす事もできず、俺は黒さんの顔色を伺いながらのんびりと腰を動かした。

マンコの具合はキツくもなく、緩くもなく、ただものすごく熱かった。

このままじゃ射精できねーよと思ってたところ、黒さんは自分から腰を動かしてきた。

俺の心情を読み取ってくれたようで、こいついい奴じゃねえかと思った。

黒さんは顔をしかめていたけど、俺は少し強めに腰を動かして、果てた。


セックス開始から二時間くらい経ってた。


黒さんの中からチンコ抜いてコンドーム外して、『ほれ、チンチンからはこんなのが出るんだぜ』って感じに精子を見せてあげた。

黒さんは物珍しげに俺の精子を眺め、臭いを嗅いでオエーって顔をした。


二人とも汗だくだったため、シャワーを浴びた。


それから少しだけ話した。

話の内容は、黒さんの境遇ではなく、エストニアの料理や自然など、割とポジティブな内容だった。


「そろそろ帰るわー」と言うと、「自分はもうしばらく日本にいる、また会ってくれないか」と言われた。


「おう、今度はうまい飯食いに連れてってやるよ」と言って、別れた。


その後、黒さんが帰国するまでの四日間、毎日会った。

ゲーセンでUFOキャッチャーに嵌ったり、小さい居酒屋で酔っ払ったおっさんと酒盛りしたりした。

ホッケを食って、黒さんは酷く驚いていた。

エストニアでは魚料理が多いが、日本の魚はとんでもなく美味いらしい。


他にも日本酒やら焼酎やらを沢山振舞われて目を回したり、黒さんはとても楽しそうに見えた。


黒さん帰国前日、二回目のセックスをした。

プレイ内容は一回目と大差ないけど、今度は黒さんも気持ちよさそうにしてた。


で、黒さん帰国当日、空港まで送っていったお土産に扇子やらこけしやらを持たせてあげたら、また黒さん泣きそうになってた。


「今度は日本語をもっと流暢に話せるようになって、また日本に来たい」と言ってた。


「最初は日本人にびびってたけど、やっぱり日本人は親切でフレンドリーで、楽しかった。

エストニアに帰ったら、日本はいいところだったと家族に伝える。

日本に来て良かった、強さを貰った」みたいな事を言ってた。


他の国の人に褒められて、悪い気はしないね。


で、黒さんは去っていった。


黒人さんはものすごい苦労してんだなあって事を言いたかった。

記憶に任せて書いてるからあやふやなところはあるけど、釣りではないですよ。

サンプル