gaijineroeroe425000096
スキーに行った時に…。

大学での話なんだが、2回生から3回生に上がる春休みの時の話。


女友達Nと後輩男Dに誘われ、長野のスキー場に行った。

2人は経験者だったが俺は初心者で、置いてけぼりを食らうかと心配していたけどNがずっと付いて教えてくれて、Dもそれについて来てくれてた。

夕方になり、そこそこ滑れる様になった俺は一人で滑ってみたくなったので2人と別れた。

そして空がすっかり暗くなったころにホテルへ一人で戻る。

すると2人はもう帰っていて談笑していた。


鍵はNが持っていたので俺が待つ必要は無かったのだが、2人の様子を見ていると以前より親密になっている気がして、少しの苛立ちと俺が居ない方が楽しめたのかなという寂しさが心臓付近をよぎった。

そのまま2人の話に参加し、飯を食い風呂に入っていた時だ。


D「2人で滑ってる時にNさんが『周りから恋人同士に見られるかな?』なんて言ったんすよ~」

そう、Nは彼氏が居ようと男にこういう言動をすることで、サークル内で有名だった。

Nのことが好きだというわけでは無いけど、あの可愛い顔に蒼井そらの様なスタイルのNと親密にしていたということで男の本能を揺さぶられた。


「そりゃよかったな」と言いつつ、体を洗い部屋に戻る。


部屋にはまだNは居ず、俺たちは話をしながら酒を買いに行った。


D「Nさんの着物姿ってどんなんでしょうね!下着してこなかったら最高っすね!」

俺「着物じゃなくて浴衣な」

かくいう俺は前年、サークルメンバーの旅行でNの浴衣姿を見ていた。

あのはち切れんばかりの胸が収まり、上品なのか下品なのかわからない胸元は同期の間で話題だった。

というか今でも話題だ。


入学当初から仲のいい俺はそういった場面によく出くわした。

水着も何回も見ているし、張りのありそうな胸が走る度に跳ねるのをよくオカズにしていた。

俺はNに恋こそしていないが、性的な目で見ることはしょっちゅうだ。

彼女とのセックスを引き合いにNとエロトークもした。


酒を買った俺たちが部屋に戻るとNはもう帰って来ていた。

浴衣は着ずに、白の某ネズミがプリントされたTシャツに涼しそうなホットパンツを来ていた。

Tシャツは複数で某遊園地に行った際、俺が買ってやったものだ。


胸元がパンパンに張ったTシャツはムッチリとして、ホットパンツと肌との間にほんの少し段差があるのが見える。

太ももフェチには堪らなかった。


俺「浴衣は着なかったんだ、見たかったのに」

N「去年見たじゃん!もう覗かれないようにTシャツにしました~」

D「え、なんすかそれ!聞いてないっすよ!」

俺「いや、いい谷間でしたw」

そう言いつつ持ってきた酒を下ろす。


N「ちょっと買い過ぎ、誰が飲むのこんなに」

俺「余ればDが飲むって」

D「聞いてないっすよ」

抗議するDを他所にビールを開ける。


飲み始めた時間が9時だったが、11時にもなると後輩は十分に酔い、Nも俺ももう酒はいらなくなっていた。

飲みながら話をした。

はじめはサークルのメンバーの噂話や近況(と言ってもほぼ毎日会っているが)だったが、後輩が下ネタを振るにつれ、場はそっちの方へ盛り上がる。


経験人数、週に何回セックスをするか、どんな体位が好きか、フェラは好きかなどほとんど後輩がNに話を振っていた。

後輩が聞いたことはほとんど全て知っていた。

エロトークの時にすでに話していたからだ。

話の途中、俺がトランプを出して大富豪をしながら話は続いた。


酒を飲まなくなった11時ごろ、なんとなく手持ち無沙汰になった俺は「大貧民は大富豪のいう事を何でも聞くこと。

どうしても嫌なら聞いたことに何でも答えること」というルールを半ば無理やり決めた。


当然Nは嫌がったが2対1な上、場の雰囲気を重んじる彼女は結局諦めた。


「勝てばいいんだ」そう言って。


しかし、自慢じゃ無いが俺は大富豪に自信がある。

今までは勝ち過ぎてつまらなくなられると困るから適度に2人に勝たせていた。

水を得た俺は一気に5連勝、内4回をNへの命令にした。


一つめの命令は「全裸になれ」だったが、もちろん拒否。

俺も拒否を前提にしてるので秘密を聞いた。


二回目は「Tシャツを脱ぐ」だったがこれも拒否。


三回目は「ホットパンツを脱ぐ」だったが・・・迷った末拒否。


四回目は「ブラを脱ぐ」だった。

四回も断るのは悪いと思ったのか、彼女は少し躊躇いつつもその場でブラを外した。

抜き取る際、胸がブルンと揺れたのを覚えている。


D「おお!すっげぇ揺れた今!」

興奮する後輩におかしそうに笑うN。

手で胸を隠すが形の良い巨乳は隠しきれず、触れる度に揺れるのでかえって強調してしまっている。

もしかしてわかってやっているのか?とすら思ってしまう。

手を離すと薄っすら浮かぶ突起も見え、俺も興奮する。


しかし、次に勝ったのは後輩だった。

負けたのはもちろんN。


D「じゃあNさんちょっと手でしてくれます?さっきからすげぇ立ってんすよw」

N「ちょっとなんでさっきからそんな命令ばっかなの?恥ずかしいからやめよーよ」と言いつつ満更でもない様子。


すると後輩は急に起立し「見てくださいよコレ」とスウェット越しに形が浮き出るブツを見せつけた。


N「ちょっとちょっと、何してんの?もーやめてよー!」

笑いながら目を反らしながらもチラチラ見る。


D「デカさに自信あるんすよ、たぶん◯◯さんよりデカいっすよ!」

その言葉にカチンとくる俺。

実は俺もブツの大きさに自信があった。

正直負ける気がしなかったが、それでは気が済まない。


俺「ちょ、俺の方がデカいって。

N、俺の方がデカイよな?」


N「知らないよそんなの!なんで私が知ってるの!」

俺「一回生のとき合宿で見たじゃん!先輩に脱がされた時だよ!ローションまみれにされた時!」

うちのサークルには謎の伝統で、合宿の時に新入生の男数人をサランラップの上で全裸でローションまみれにされた上放置される、というものがあり、その被害者であった俺のブツも見ていたはずなのだ。


N「覚えてないよそこまで!」

俺「じゃあどっちの方が大きく見える?」

N「知らないって、なんで答えないと・・・」

俺「罰ゲームだろ!」

しばらくすると「えー・・・」と言いながら後輩の方を上目遣い気味に見て、「・・・Dくんかな」と自信なげに、しかし熱っぽく言った。


喜ぶ後輩を尻目に・・・。


俺「ちゃんと見比べなきゃわかんないだろ?ちゃんとズボン脱がないと服の分大きく見えるだけだっての!」

我ながら情けないほど必死だったが、酔った勢いもあり止まらなかった。


後輩はもうノリノリで「じゃあトイレでNさんに見比べてもらう事にしましょう!」とナイス提案。


後輩はNの手を取りトイレに連れて行く。

Nも「ちょっとぉ」と言いながらついて行った。


しばらくトイレの中から話し声が聞こえていたが、静かになるとほんの僅かに水っぽい「ちゅっ」「じゅっ」という音が聞こえてくる。


(あぁ、やっぱり始めやがった)と思う俺。


しかし止めるでもなく余った酒を飲んで待っていた。

10分程経ち、2人は出てきた。

後輩がニヤニヤし、Nは少し伏し目がちだった。

唇が濡れていた。


俺「どうだった?」

N「ん・・・うん、おっきかったよ・・・」

D「彼氏よりデカいんですよね!ね!」

N「ちょ、余計なこと言わない!」

ここで笑うN。


俺「じゃあ次は俺だな」

強くNの手を引っ張る。

無言でついて来るN。

惚ける程後輩のブツが良かったのか、と苛立ちが募る。


トイレに入り「脱がせて」と言う。


「本当に見るの?」と言うNにアゴで促す。


ズボンを脱がした時点でNは「え・・・」と声を漏らした。


既にギンギンだったブツを下着越しにジッと見つめ、そして恐る恐る下着を下げる。


出てきた物体に「すご・・・大き過ぎ・・・」と感想を漏らした。


ブツをNの顔に近づけ「舐めて」と言うが、Nは「無理。

彼氏いるから・・・」と。


さっき後輩に何してたかと聞くと俯いて黙るが、舐めようとはしなかった。

欲情を抑えきれない俺はNを立たせてキスをし、服の上から胸を乱暴に揉みしだいた。

乳首を摘まむとピクンと腰を反応させ、舌を入れると控えめに絡めてきた・・・が、それだけだった。


トイレから出ると後輩が「あれ?早いっすね」と、出るのが早いのか、俺が早漏って意味なのか判断つきかねるセリフを吐いた。


俺「で?どっちの方がデカかった?」

N「・・・◯◯くんの方が大きかったよ、もー、恥ずかしいんだよ?こういう事言うの」

拗ねた様に答える。

後輩がショックな様子でいるのを見て優越感に浸る俺。

Nの手を引っ張り、俺が背中越しに抱き抱えるように座った。

そのまま大富豪をするでもなく、お互いの経験人数やエロい体験なんかを話していた。

もうそれ以外の話は無しな雰囲気だった。


話の最中もNの肉付きのいい膝太ももを擦ったり、Tシャツの下の素肌に手を這わせたりとやりたい放題だった(胸とかは触ってないが)。

Nは特に抵抗するわけでもなく、たまにくすぐったそうにするだけだった。

羨ましいそうな後輩の目が優越感をさらに感じさせた。

もう満足だった。


なんだかんだで12時を回り、そろそろ寝るかという事なった。

布団を敷き、「さぁ寝るぞ」とNが布団に寝転んだ時、今までで一番胸が揺れ動いた。

セミロングの黒髪がばらけて妙にいやらしく見え、横に流れつつも十二分に張った胸と浮かんだ乳首を見るとまた情欲が湧いてきた。

俺はNの脚の間に体を割り込ませ、股間に逸物を押しつけ、首筋にキスをした。


「ちょっと~」と笑いながら、軽く抵抗するN。


しかし、Nの髪の匂いが湧いた欲情をさらに強めた。

Nの両手を抑えつけて一層腰を押し付ける。


「あっ・・・」と漏れ出した声を誤魔化す様に「ちょっと、冗談になってないよ!ねぇ!」とNは抵抗を強めた。


後輩は半分笑い、半分マジな顔をして見ている。


Nの両手を地面に強く叩きつけた。

痛くはないだろうがひどく驚いた様子で、抵抗が一気に弱くなった。

Tシャツを上にたくし上げると平たく潰れながらも形を十二分に保ったEカップの胸が露わに。


両手で胸を揉みしだきながら乳首を弄り始めた。

すでに硬くなっていた乳首を揉みほぐし柔らかくする。

が、すぐに硬さが戻り少し立ってきていた。

Nは声こそあげなかったものの、息は非常に荒くなっていた。


一通り胸で遊び終えると今度はホットパンツを脱がしにかかった。

Nは脚を動かし抵抗するが、太ももをスパンキングすると大人しくなった。

明るめの柄のヒモパンに抵抗をしていたせいでヒップのあたりが食い込んでいた。


俺「なんでこんなエロいパンツ穿いてんの?誘ってたの?」

Nは「いやぁ」としか返さない。


すぐに下着の中に手を入れ、アソコに指を入れる。

すでにビショビショだった。

それはそうだ、さっきからずっとしていたエロトークに加え、巨根を二本立て続けに見て、しゃぶり、キスをし、そして押し倒されたのだ。


Nがマゾだということは知っていた。

こうならないはずがない。

両手で俺の右手を抑えるも、無視。

回す様に指を動かすととうとうNは声を上げた。


N「あっ、だめ!あっ、あん!あん!あぁ!やめ!あん!」

無論止めるつもりはない。

だんだん激しくするに連れてNの腰がクイッ、クイッと前後に動き始める。


N「あっ!あっ!だめって!んっ!あぁん!あっ!あっ!」

俺「いや、お前腰動いてんじゃん。

感じ過ぎww気持ちいいか?ほら!」


N「違う!あん!あん!あっ!やめて!やだっ!はずかし・・・あん!」

俺「いや、動いてんだって腰が。

ヤられたいんだろ?なぁD」


真顔で見ていた後輩Dに話をふると、口を半開きにしていたのをハッとした感じにこっちを向き・・・。


D「あ、そっすね!感じてますねNさん!いやぁ、2人がこんな関係だとは薄々気づいてましたけど・・・うわ、スゲー、腰カックカクっすね!」

いや、こんな関係じゃなかったんだが・・・、まぁ今はどうでもいいや。

そのまま指を二本に増やし、下着を脱がしつつ掻き回していると・・・。


N「いや!ちょっと待って!あっ!だめ!あぁっ!だめだめだめだめ!もう・・・あっ・・・あは!ああ!ああぁ!」

Nの中が急激に締まりだした。

あまりに締まるので出されない様に指を止める。

Nの腰がガクガク動き、そして止まった。


D「今イッたっすか?ねぇ今イキましたよね?めっちゃうまいっすね◯◯さん!ていいうかNさん感じ過ぎwwwwイキやすいってマジだったんすね!」と大興奮の後輩。


俺「気持ち良かったんだ?」とNにキスをする。


息が上がったNは口を塞がれたので鼻で息をするも、少しつらそうだった。

このまま休ませてもいいと思ったが、体力が戻るとまた抵抗しそうで面倒だったので俺もズボンと下着を脱ぎアソコにあてがう。


「あ・・・ダメ・・・やめて・・・」とNは力無い様子。


「いやもう無理だし」と先っぽでクリを弾く。


「あぁん!」と大声をあげ、Nの腰が数センチ布団から浮く程ビクリとした。


「ヤる気まんまんじゃん(笑)」と、そのままゆっくり奥まで入れる。


「ああぁ・・・ダメぇ・・・」と声を漏らしながらも脚は開いたままだった。


入れてからはずっと正常位で突いていた。

巨乳がプルプルと動くのが楽しくて、強弱を付けていたらそれが良かったのか本気汁が出まくり。


俺「すっげぇ本気汁出てんぞwそんなに俺のちんぽいいの?」

N「あぁ!違う!あぁん!もう、恥ずかしいからやめて!あはぁ!」

俺「いやだって超ヨガってんじゃん、ほら」と、両足の足首を持ち上げ、まんぐりポーズに。


N「ちょっと!恥ずかしっ、やだって!ちょ・・・あっあっあっあっあっあっあっあっあっ、動かな、や!あん!あん!」

小刻みに突くとわかりやすく反応をくれる。

なんだか可愛く見えてディープキスをすると向こうも舌を絡めてきた。

キスをし終えると「◯◯くん!あぁ!ダメ!◯◯くん!」と名前を何度も呼ばれる。


それに興奮を覚えた俺に限界が訪れた。


俺「あぁ、もう出る、出すぞ!中いける?中いける?」

N「あぁん!中はダメ!中は・・・あん!つよ・・・うんっ」

ギリギリのギリギリまで突いていたが、射精感がこみ上げ抜いたと同時に出してしまった。

少し中で出てしまったかもしれない。

Nも俺も息を荒らげて横になる。

落ち着いた俺は部屋のティッシュで精液を拭いてやる。


その光景を見ていた後輩が・・・。


D「うわっ、やべ、AVみたいwwすっげww」

そう言った後輩に気づき、俺は「次やれよ、ヤリたそうだぞこのマンコ」と雑に扱う。


「えぇ・・・はぁ・・・もうやだぁ・・・」というNを尻目に後輩は歓喜。


「え?いいんすか?wじゃあNさんすんませんww」とNのまたの間に顔をやり、「うっわぁエロいっすよNさん!結構ヤリマンだったんすねww」と手マン開始。


乱雑に手を動かす後輩。

しかしNは感じてるようで「あっ、やだってぇ・・・もうっ!あん!あぁ!」と甘い声を上げる。


疲れて横になりながら見ていたが、俺もこの生臭さと、友達同士が隣でヤッている状況に興奮しまた勃起し始めた。

ほんの数分の手マンと胸を揉みしだいただけですぐに挿入。

我慢の限界だったらしい。

はじめは正常位だったがすぐにバックに体を入れ替える。

大勢変える時くらいチンコを抜けよ。


D「俺バック好きなんすよね!ほら!この音!ほら!」

パンパンと音を出しながら腰を振る後輩。


N「あ!やだ!あぁ!あぁ!あん!あん!」

Nが一際大きな声を出すようになる。

正常位が好きと言ってた割にはバックがお好みのようだ。

興奮してきた俺はNの顔の前に行きチンコを顔に擦り付ける。

Nはイヤイヤとしていたのでケツを強く叩くと渋々、それでいてしっかりと咥えた。


D「あ~イイっすわこのマンコ。

実は今日ゴム持ってきてるんですよねw今は生だけど」


俺「マジで?俺も持ってきてんだよwやっぱマナーだよな男として」

N「んっ、ん~、あっあっ、むぐぅ」

D「なんか苦しそうじゃありません?デカイんすから無理させないほうがいいでしょ」

俺「ん、そうだな。

大丈夫か?まだしゃぶりたい?」


ん~!と首を横に振るN。

たしかに少し苦しそうではある。


俺「しゃあねぇな、じゃあ咥えなくていいから自分で舐めろよ」と、チンコを抜く。


N「ぶはっ、あん!ねぇDくんやめて!あっ、やめよ・・・あぁ!やめようよ!」

D「えぇ~今更それはちょっと・・・ふぅ、Nさんのマンコ良すぎっすもん」

俺「いいからNは舐めろよ」

身を乗り出し尻を叩く。


この時、Nは「あぁ!」と屈辱的な声を出した。


俺「おいおい、今叩かれて感じた?マゾすぎだろww」

D「やっぱ好きなんすよこの人wwほら、乳ぷるっぷるwww」

パンパンと言う音と共に垂れ下がった大きな胸が揺れる。

Nはもう俺のチンコを舐め始めていた。

そんなこんなで後輩も出し終え、ゴムを出してきた俺は上半身を落としてケツを上にあげた状態のNに挿入。


そして代わる代わるNを犯し続けた。

サンプル