01

デカチンなオランダ人の夫とのセックス体験談。

初体験は高2の4月。


相手はバイト先で知り合った大学3年生の彼氏でした。


初めて男性にアソコを見られ、とても恥ずかしかったけれど、「絵理子ちゃん、綺麗だよ・・・」と言われて、恥ずかしいけれど、好きな男性に見られる気持ち良さを感じました。

アソコを観察されながら舐められ、恥ずかしさと気持ち良さで頭がボーっとして、やがて彼の硬いペニスを舐めさせられて、それがアソコに添えられ、「入れるよ・・・」と言われた私はコクリと頷きました。


処女を失った激痛よりも、好きな人と一つになれた嬉しさの方が勝っていました。


私は、何度か彼に抱かれるうちに痛みが無くなり、少しずつセックスの気持ち良さを覚え、いつの間にか彼のペニスを見るだけでアソコがヌルヌルに濡れる女の子になっていました。


彼の望みで、三つ編みの時はセーラー服を着たまま、ツインテールの時は体操服を着たままセックスをしました。


彼とのセックスの虜になった私は、縄で縛られて凌辱されるセーラー服少女だったり、首輪に繋がれてブルマーで犬のように歩かされたりする姿をビデオに撮影されることを拒めませんでした。


そんな恥ずかしい行為も好きな人の前では快感に変わっていきました。


でも彼は大学を、私は高校を卒業して、それぞれの道を歩みお別れしました。


私は地元の短大に進み、しばらくは女の子同士で遊んでいましたが、初めて参加した合コンで知り合った大学2年生の彼と付き合うことになりました。


真面目な彼は、誠心誠意の態度で私の体を求めてきました。


彼のアパートでお風呂に入り、バスタオルを巻いた格好でキスして、そして裸に・・・。


「絵理子ちゃん、可愛いね・・・中学生みたいだ・・・」

華奢な私の裸を見て彼が言いました。


「ペチャパイだから・・・恥ずかしい・・・」

「そんなことないよ、可愛いって・・・」

彼のぎこちない愛撫、ぎこちないクンニ・・・。


彼のペニスに唇を寄せて、元彼に教わったタマタマを軽く揉みながらのフェラチオに、彼は私の口に射精してしまいました。


元彼にもされたことのない口での射精に、私はえずいてしまいました。


「ご、ゴメンよ・・・あんまり気持ちよすぎて・・・。

あの・・・絵理子ちゃん、初めてじゃ無かったんだね・・・いつ、誰に教えられたの?」

ハッと思いました。


「こんなに清純そうな絵理子ちゃんが、処女じゃなかったなんて・・・」

私が体を許そうとした彼は、私を抱くことなく私の前から去りました。


家でお風呂の鏡に映った自分を見て、短大生にしては顔は幼く、体も貧相で子供っぽいと思いました。


だから、縄で縛られて丸出しにされたアソコに色んなものを入れられて、凌辱行為に感じて濡れたことがあるようには見えないのだろうと思いました。


それ以来私は合コンには行かなくなりました。


処女じゃないことを責められて落ち込んでいた私は、バイト先の単身赴任のオジサマに優しくされて、その包容力に甘えているうち、心を寄せるようになってオジサマのアパートにお持ち帰りされました。


私の父より7歳若い40歳のオジサマは、私の体を優しく愛撫して、アソコも蕩けるまで舐めてくれました。


大学生の元彼よりは硬くないペニスでしたが、赤黒く逞しいペニスでした。


大学生の元彼より激しくない腰使いでしたが、ゆっくりと大きな腰使いで私のアソコにめり込んで、そして子宮ごと引きずり出されるようなセックスでした。


大学生の元彼の倍以上の時間繋がっていて、私は体ごと宙に浮き、初めてイクことを知りました。


小さな女の子がおしっこをする時のように、後ろから膝を抱きかかえられながらペニスを入れられ、その姿を鏡に映されました。


「絵理子ちゃん、見てごらん。

オジサンのチンポが絵理子ちゃんの可愛いマンコにズコズコ出し入れされてるでしょ?イヤらしいね。

お汁が白くなってきたよ。

絵理子ちゃん、感じてるようだね。

こんなに可愛い女の子なのに、中年オジサンのチンポでイッちゃうんだね」

私は恥ずかしい格好で言葉責めされ、イキそうになると焦らされる意地悪をされました。


「イッていいんだよ、ほら、イッてごらん」

「イ、イ、イカせてください・・・もっとズコズコしてイカせてください・・・」

「じゃあ、オジサンのオマンコ奴隷になるか?オマンコ奴隷になるならたくさんイカせてやるぞ。

どうだ?」

「オ、オマンコ奴隷になりますぅ・・・アァッ・・・イカせて、アァッ、アアアア~~~」

私はおびただしいお汁を流しながら、イキました。


時には大の字に、時にはМ字開脚に、時には片足を鴨居に吊るされて、丸出しにしたアソコを淫具で責められて、何度も何度もイカされ続けるオマンコ奴隷として、短大を卒業するまでオジサマに辱めの快楽を教えられました。


「絵理子ちゃん、オジサンは単身赴任が終わって戻るからね。

絵理子ちゃんも、オジサンを忘れて幸せになるんだよ」

私の体に淫乱の血を残して、オジサマは去っていきました。


就職した私は、可愛いアイドル社員としてもてはやされ、最も出世頭と言われた夫に見初められて身体を許しました。


私の華奢な体を「可愛い」と、処女じゃないことを責めることもなく、愛でお嫁さんにしてくれました。


私は玉の輿と言われ、夫はアイドル社員との結婚を羨ましがられ、幸せなカップルと言われました。


結婚して8年、一昨年、離婚届に判を押しました。


夫は38歳、私は31歳でした。


「これ、お前だろう?」

セーラー服の三つ編み少女が、股を大きく開いた格好で縄で縛られ、色んなものをアソコに入れられて喘いでいました。


ブルマーのツインテール少女が、首輪をして四つん這いで歩きながら、後ろからペニスを入れられて喘いでいました。


「お前、短大の頃AV女優だったんだな。

こんな女子中学生みたいな顔して」

それは、初めての彼に撮られたビデオでした。


画質はハイヴィジョンではなかったのであまり良くなかったですが、それでも十分私とわかる動画でした。


私が心から愛して体を許した初めての男性に、私は裏切られたのです。


女が体を許す時、それは、その人の子供を産みたいほどの思いがあるからです。


股を開いてアソコを丸出しにする恥ずかしい格好で、そこへ妊娠の可能性のあるペニスを受け入れるのですから・・・。


別れた夫にはずっと愛されていたかったけれど、二人の子供の行く末を託して、私は独り町を離れました。


そして今、生まれたところを遠く離れて、オランダ人の夫と田舎で暮らしています。


畑を耕して、その素材で料理を作る夫と田舎でカフェを営んでいます。


小柄で華奢な私とオランダ人の夫は身長差35cm。


夫の巨大なペニスは私の子宮口を貫き、直接子宮へ精液を注ぎ込みます。


縛ることも、凌辱することもないごく普通の性生活ですが、毎回気絶するほどの快感を与えてくれます。


今、私が体を許す時。


それは夫の巨大なペニスに串刺しにされる悦びを求める時です。
サンプル