a11122343004195
同僚との話です。

同僚の小百合(24歳)に中出ししました。


イベントの準備の為に小さな作業小屋で木材を探していた時のことです。


小百合は顔がMEGUMIに似て、乳も同じくらい大きな、男から見て非常に魅惑の先輩でしたので、二人きりになったら絶対犯してやろうと考えていました。


チャンスはいきなりやってきました。


他に小屋で作業をしていた仲間は、「急ぎの仕事があるから」と言って早い時間に会社に戻りました。


いきなり二人だけになったので俺は小百合の身体にギラギラ視線を送りながら勃起状態でいました。


どうせ会社を辞めるつもりだったので、無理やり犯して逃げてもいいやと思うのと、ここ2週間射精していないのとで、もう理性を保つ術はありませんでした。


背中合わせで作業をしている小百合を押し倒して、服を剥ぎ取り、豊かな乳房に吸い付きました。


乳首はビンビンに立っていたので何故か聞いてみると、「こうなる予感はしていた」とのこと。


「彼氏がいるからやめて」とは言うものの、乳首&クリ同時責めでイッた後は、感じまくっていました。


「前から好きだった。

一度だけでいいからお願い」


しっかり小百合の了解を得てからリスタート!!

手のひらに垂れるほど愛液を出す小百合に、俺の21センチのモノをまずは正常位でぶち込んだ。


「あぁー!!彼氏より大きい」

そう言いながら小百合は俺の身体にしがみついて喘いでいました。


5分としないうちに射精感がこみ上げてきたので、小百合の了承を得ずに子宮の奥にドクドク射精!!

1分近くは快感が続きました。


「中に出てる!イヤァー!」

喚く小百合を無視して、そのまま抜かずに二回戦へ。


騎乗位にさせて、その後駅弁に移ると小百合の膣からは精液&愛液が溢れ出ていました。


「おい!精子を全部お前にやるぞ!!」

二回目を膣内に放り込むと、小百合は放心状態で抵抗すらありませんでした。


「彼氏に悪いよぉ!」

泣きじゃくる彼女を見ていると収まりがつきませんでした。


地面に膝をつかせ、締りのいいヒップを両手で掴みながら三回目の膣内射精!!

バックのまま一番奥を感じながら・・・。


「おぉー!!俺の精子が出るぞ!!」

「出して!!いっぱい私の中に精子出して!!私もイクー!!ああっ・・・」

理性が飛んで狂ったように叫ぶ小百合の奥底にすべてを放出しました。


痙攣しながら意識が半分ない小百合を携帯の画像に収め、3回も出したのにまだまだ元気なモノを再び正常位で挿入。


彼女は声にならない声で感じまくった挙句、失神してしまいました。


締まりが良すぎて4回目の絶頂もすぐに迎えました。


最後は小百合の意識が戻って、彼氏に電話をしながらオナニーをさせ、受話器を小百合に持たせたまま潮吹きさせて、彼氏にも喘ぎ声を聞かせてあげました。


潮を吹いて膝が震えて立てない小百合の背中を壁に押し付けて足を上げて挿入。


5回目はさすがに30分は持ち、フィニッシュはもちろん子宮の一番奥に射精!!

「熱いよ・・・私の奥で精子が注がれてる」

小百合もぐったりとなってしまいました。


結局、俺は5発。


小百合は15回イキました。


夕方になっていたので彼女を家の近くまで送ってから会社に戻りました。


その晩、彼女からの電話で彼氏とは別れることにしたと聞きました。


本当は前から俺が好きだったらしく、今日のことは後悔していないと聞き、彼女の気持ちを受け止めることにしました。


あれから半年が過ぎ、今では会社公認の仲となりました。


未熟な文章ですがお読みいただいた方にはお礼申し上げます。

サンプル