pic-0212001589
好きだった人の家で…

合コンの3次会で宅飲みをしたときに輪姦されました。

女は亜美(ロリ系)、さゆり(綺麗系)、私の3人で、3人とも同じ大学。

男はフットサルサークルの友人同士(智也、ケン、亮)で、そのうちの一人、智也と私が知り合いでした。

私と智也が幹事となって合コンを開催したのですが、3次会は智也の部屋ですることになったのです。

終電もないし、部屋の持ち主である智也は知り合いだったし、なにより私は智也のことが前に会った時からずっと気になっていたので、ちょっと期待して智也の部屋に行きました。

智也の部屋への道すがら、智也の携帯に電話が入り、3次会から新たに陽介が加わって、3対4で本格的な飲み会が始まりました。

智也の部屋に入ることができた私は、嬉しくてたまりません。


しかし、問題が発生しました。

亜美が智也に猛アタックを始めたのです。

私が智也のことを気に入っていることを亜美は気づいていたはずなのに・・・、ショックでした。

甘え上手な愛されキャラである亜美は、皆の前で「智也かっこいい~」と、アピールしています。


ケンが「あれー、亜美ちゃん、智也のことお気に入り~?」と突っ込むと、「だってぇ~、かっこいいんだもぉん」と頬を染める亜美。


智也も満更ではない様子です。

亜美と智也は他メンそっちのけで、次第に二人の世界を作っていきました。

私はそんな二人を横目で見ながら、心中穏やかではありません。


そんな私の様子に、ムードメーカー的な亮が「大丈夫?」と声を掛けてくれました。

私は亜美に嫉妬していた自分が恥かしくなり、「大丈夫大丈夫、もっと飲も♪」と答えて、二人のことは気にしないようにしました。

内心、智也と亜美のことが気になって仕方がないのに、場の雰囲気を壊さないように、むしろ盛り上げるようにと気を遣うのは酷く辛いものでした。

だけど気になっている人を友達に奪われて嫉妬しているなんて、周りに悟られるのが恥かしかったんです。

辛い気持ちを押し殺すように、どんどんお酒を飲みました。


時間が経つにつれてお酒が足りなくなってきたので、さゆりと亮が買い出しに行くことになりました。

しっかり者のさゆりと、ムードメーカー的な亮も気があったようです。

さゆりと亮が居なくなってしまうと、ますます智也と亜美は二人の世界を作り上げていきました。

メンバーの中でも、すでに智也と亜美は公然のカップルのような扱いを受けていて、私が二人の間に割って入ることなど到底出来ないような状況になっています。

さんざんお酒を飲んでいたせいで感情的になっていた私は、遂に泣き出しそうになってしまい、「ちょっとごめん、眠い」と言って、寝室を貸してもらうことにしました。


寝室で半泣きになっていると、そこにコップを持った陽介が現れました。


「大丈夫?」

「ごめん、ちょっと飲みすぎちゃったみたい」

半泣きでそう答えると陽介は「大分飲んでたもんねぇ、ちょっと、ウーロン飲むといいよ」と、コップを手渡してくれました。


「ありがと。

これ飲んで復活しなきゃね」


私はウーロン茶を一気に飲み干しました。


(あれ?)

気づけば天井が見えました。

私を覗き込んでいる陽介も見えます。


「ごめ・・・飲み過ぎちゃった・・・」

恥かしいことにヤケ飲みしすぎて潰れてしまったようです。


「あ、起きた?」

顔を覗き込んできたのはケン。

二人に潰れた姿を見られるなんて恥かしい、早く起き上がらなきゃ・・・。

そう思って身体を起こそうとすると、ぐらん、と眩暈がしました。


「だいぶお酒回っちゃったみたいだね」

陽介が私の顔を覗き込みながら言います。


「大丈夫・・・」

そう答えながらも天井がぐるぐる回っているように見え、起き上がれそうにありません。


「そのまま寝てなよ」

そう言うとケンは私の服を脱がせようとし始めました。


「え、ちょ・・・っ、待っ・・・!!」

「こういうときは、衣服緩めないと」

そう言ってケンは、キャミを捲り上げます。


「やめてっ、そんなのいいからっ・・・!」

慌てて手でキャミを押さえようとしました。

すると、その手を掴んだのは陽介です。

私の両手を掴み、万歳のような形に引っ張り上げました。


「ちょっと、やめてよ~」

初めは冗談かと思いました。

だけど、違うのです。

二人とも目がマジなのです。

背中に冷や汗をかくのがわかりました。


「どーせヤラれちゃうんだからさ、諦めなよ。

俺等も女の子に痛い事とかあんましたくないしさ。

な、陽介?」


ケンがブラのホックを外しながらいいます。


「そうそう。

亜美と智也だって隣の部屋でよろしくやってんだし、俺等も楽しも、可哀想な沙希ちゃん?」


陽介のその言葉に、目の前が真っ暗になりました。

ブラを外し終えたケンが、胸を揉みしだきます。


「痛い!やめてぇ・・・」

思わず声をあげると、いきなり頬を張られました。


「痛えとか言うなよ!気持ちいいんだろ?」

そう言ってケンは、胸を揉む手に更に力を込めました。


「いたぁあああ!!」

再び声を上げてしまうと、陽介に口を塞がれました。

陽介は口を押さえながら、「ちょっとケン、ガムテープ持ってきて。

さすがに階下に聞こえたらヤバイ」と言いました。

息苦しくて、目の端から涙がこぼれます。

やがてケンがどこからか持ってきたガムテープで私の口は塞がれました。


「陽介、さぁ手も縛っちゃおうぜ。

邪魔」


万歳をした状態のまま両手もガチガチに縛られ、ベッドの支柱に括り付けられます。

キャミを捲り上げられ、ブラも外された私の上半身は胸が剥き出しになっています。

ケンはその剥き出しの胸の先端に舌を這わせ始めました。

時折乳首に歯を立てられ、痛みに身体がビクッと痙攣するのを、「感じやすいんだね~」とケンが嘲るようにいいます。

足元では、陽介が下着を必死に脱がそうとしています。

バタバタと力の限り陽介を蹴飛ばそうとしますが難なくかわされます。


陽介は私の足首を掴むと、一気に押し広げました。

デニムスカートが腰のあたりまでずり上がり、下着が丸見えです。

私の足は空しく空中を蹴り続けましたが、ついに下着も引き剥がされてしまいました。


「どーよ、濡れてる?」

「全然」

陽介が私のあそこを弄りながら答えます。


「マジで?失礼な女だよな。

これから俺等が太いの入れてやろうっていうのにさ。

準備くらいしとけってんだよ」


ケンはまた私の頬を張りました。


「お前、顔はやめとけって。

いじめるんなら、ココだろ」


そう言って陽介は、懐中電灯で私のあそこを照らしました。


「うわ、懐中電灯!陽介、お前マニアックだな。

でもホント、全然濡れてねえじゃん」


「関係ないよ」

「~~~~~~っ!!!!!!」

陽介は、乾いている私のあそこに、いきなり指を入れてきました。

傷口を擦られるかのような痛みに、私は身をよじります。


「ん~~~~んんん~~~~~~っ!!!」

私は涙を流しながら身をよじりますが、陽介は手加減なしで指を2本に増やしました。

身体の中に火で炙った鉄の棒を突っ込まれて引っ掻き回されているかのような感触に、私は死ぬ気で抵抗しました。


「ケン、お前ちょっと足抑えてて」

あくまで冷静に陽介が言います。


「わかった。

順番なw」


ケンは私の乳房から顔を離すと、私の足をまるでカエルの解剖のような、子どもにおしっこさせるときのような体勢に固定しました。

泣きながら抵抗していたせいで鼻がつまり、口はガムテープで塞がれているので呼吸も満足に出来ません。

意識が朦朧としてきました。

陽介はごそごそと自身のものにゴムを装着しています。


「何、陽介、ゴムなんてつけんの?優しいねw」

「ばぁか、沙希チャンが病気持ってたら困るだろ。

自己防衛、自己防衛」


「なるほど。

俺にも一個ちょうだい」


ゴムを装着し終えた陽介は、膣口に先端を宛てがうと、ゆっくり、ゆっくりと挿入してきました。

私のあそこが濡れていないせいで、ぎちぎち、ぎちぎち、と膣壁とペニスが擦れます。

根元まで入ったかと思って少し安心したところで、陽介が私の腰の下に何かを入れグッと腰が浮かされました。

そしてさらに奥までペニスを突っ込まれます。


あとはもう、腰を掴まれ、しつこく、しつこく、長いペニスを出し入れされるのみです。

子宮口に炎症が起きてしまうのではないのかと思うほど深く激しく突かれ、声も出せず、ただただ涙があとからあとから溢れてきます。

お願いだからもうやめてと、心の中で何度も何度も祈り続けました。

クリトリスを剥かれグリグリと弄られながら、耳を舐められながら、私は泣き続けました。


小一時間ほど経った頃でしょうか、ようやく陽介が射精し、ずるりとペニスを引き抜きました。

ケンが私の足からようやく手を離しましたが、もう膝を閉じる力も残っていません。

陽介が私のあそこを懐中電灯で照らし、覗き込んでいます。


「うわ、真っ赤に充血してるよ。

ヒクヒクしてんじゃんw」


ケンが笑います。


「早く入れてやれば?」

「そうだな。

でも大丈夫かな、俺のすっごい太いんだよねw」


そう言いながら、ケンが私の両膝をグッと開きました。

ピタ、と膣口に先端が宛てがわれます。

そしてケンは弾みをつけて、いきなり奥まで突っ込んできたのです。


「~~~~~っっ!!!!」

長さは陽介ほどは無いにしろ、ケンのペニスは本人の言に違わず極太でした。

メリっと、何かが裂けた感触がありました。

ケンはピストン運動に加え、こねまわしたり、思い切り奥まで入れたりと、私の身体をまるでおもちゃのように扱いました。


「陽介、ちょっと、手、ベッドと縛ってんの、取って」

ケンのその言葉でベッドと繋がれていた手は解かれましたが、両腕同士は縛られたままで、仰向けだった私は今度はうつ伏せにさせられ、お尻だけを高く上げさせられました。

体位交換の間も、ケンのモノは太い杭のように私の身体の中に刺さったままです。


「おい、もっとケツあげろよ!」

バックで入れられながら、肘で自分の体重を必死に支える私。

そんな私の髪の毛を掴んだり、お尻を叩いたり、ケンは暴力的に私を犯します。

もともとバックですると当たるところが悪いのか、セックスに痛みを感じる私なので、ケンのペニスによる激しい責めは拷問のようでした。

いっそ気を失ってしまいたかったのですが、痛みのせいで失いかけた意識が呼び戻され、何度も何度も地獄を味わいました。

ケンがようやく射精した後も、復活した陽介や、得体の知れないもの(たぶん、ヘアスプレーの缶とかそういうものだったと思います)に朝が来るまで何度も犯されました。


朝日がカーテンの隙間から差し込み始めた頃、私はやっとガムテープから解放されましたが、あそこも、目も泣き腫らして腫れ上がり、身動きが出来ない状態でした。

陽介が居間に行って「沙希ちゃんはまだ酔い潰れて寝ているから、あとで送るよ」と他のメンバーに言っている間、私は寝室で息を殺していました。

さゆりにも亜美にもこんな姿を見られたくなかったし、何より智也にも知られたくなかった。

智也が亜美を、亮がさゆりを送り届けにいっている隙に私は智也の部屋を出たのだけど、歩くこともままならず、すぐタクシーに乗り込みました。


「このことは3人の秘密ね。

あんなことしたって、お友達にも、そして智也にも知られたくないでしょ?」


帰り際、陽介が写メを見せながら私に言った言葉が頭の中でぐるぐる回っています。

写メには、私の顔、胸、局部、全てが余すところなく写されていました。
サンプル