pic-0212001611
同僚との話。

職場の同僚の友紀(27歳)が寿退社することになった。

友紀は見た目派手ではないので特別目立つ女というわけではないが、真面目で控え目な性格で、家庭をしっかり守ってくれそうな雰囲気が好印象な女だ。

婚約者の男は一流大学卒で一流企業に勤めているエリートらしい。

確か最近まで友紀は、「今、彼氏はいない」と言っていたと思っていたが・・・。

相手の男がエリートとなると結婚への決断も早いということか。

意外と打算的なところは、やはり女ということなんだろうな、ちっ!

友紀に対して特に恋愛感情があるわけではなかったが、退社でこのまま会えなくなるのもちょっと惜しいと思ったので飲みに誘った。

もちろんあわよくば一発という目論見で。

居酒屋にて最初は会社のことや仕事のことを話していたが、酒が進むと砕けた雰囲気になり、会話もプライベートな話になっていた。


「今、幸せ?」と聞く俺に、「うん、幸せだよ」と屈託のない笑顔で答える友紀。


確かに幸せそうだった。

ただ結婚相手の彼氏、一流大学卒で一流企業に勤めているエリートということで俺はモテ男を想像していたが、どうやらそうではなく女関係はイマイチらしい。

「彼からはっきりとは聞いてないけど、私が初めての相手、つまり今まで童貞だったんじゃないかな」ということだった。


俺「じゃあ、エッチは物足りないんじゃない?」

友紀「・・・でも、彼のこと好きだから」

歯切れの悪い返事をする友紀から、ちょっと物足りないでいることは感じ取れた。


(もしかしてチャンス!?)

「俺なら友紀のこと満足させてあげられるんだけどなぁ」と押してみたが、「ハハハ・・・」と友紀に適当にはぐらかされた。


居酒屋からの帰り道、数軒あるラブホテルの前で友紀を誘った。

唐突だったので拒否されるが、「大丈夫、変なことはしないから!」と言って、半ば強引にラブホの中へ友紀を連れ込んだ。

部屋に入るなり友紀を抱き締めると、友紀は「えっ、えっ、ダメだよ~、変なことしないって言ったじゃない」と抵抗した。


俺「一生彼氏の下手クソなエッチで満足できる?友紀を絶対に満足させるから!まだ婚約だけで結婚してないなら不倫にはならないから大丈夫!友紀にとっても最後のチャンスだよ!」

・・・など、超適当なことを言って友紀の気持ちを揺さぶった。


「え~、でも・・・」と迷い始めた友紀に、「友紀の結婚を壊すようなことはしない、迷惑はかけない!これからのことは二人だけの秘密、絶対に誰にも言わない!これっきりだから!」などと力説。


友紀「本当に・・・誰にも言わない?」

友紀が念を押してきたので、「絶対に約束する!」と俺は断言した。


「じゃあ・・・うん」と友紀が了承するや否や、俺は自分の唇を友紀の唇に重ねた。


舌を入れると、友紀も舌を絡めてきた。

ディープキスをしながら、俺は友紀の服の上から胸を揉んだ。

友紀の服をはだけさせブラを取ると、手に少し余るくらいの形も良いオッパイが現れた。

乳首の色も薄く可愛らしいオッパイだった。

俺は夢中でむしゃぶりついた。

スカートとパンツも脱がしオマンコを触るとすでにぐっしょりしていた。

そのぐっしょりと濡れたオマンコに舌を這わすと友紀は、「あっ、あぁ」と反応した。

さらに舐め続けると友紀は「あっ、あっ・・・ダメ」と言いながらピクンピクンしてイッてしまった。


俺のチンコを舐めるよう要求すると友紀は、「下手だけど・・・」と言って遠慮がちに舐め始めた。

確かに上手くないフェラチオだったが、いつも会社で真面目な顔して仕事している友紀が、俺のイチモツを咥えていると思うと興奮だった。


そろそろと思い、正常位で挿入。


「あっ・・・んっ」と最初は遠慮がちに反応していた友紀だったが、我慢できなくなったのか「あっ、あっ、あぁぁぁっ!」と大きな喘ぎ声をあげ始めた。


体位を変えてバックから激しく突くと・・・。


友紀「あっ、あっ、あぁぁぁっ、あぁぁぁっーーーーーーー!!!」

友紀の喘ぎ声がさらに大きくなった。


俺「気持ちいい?」

友紀「うん、気持ちいい!」

俺「どこが気持ちいい?」

友紀「あっ・・・あそこ・・・」

俺「あそこじゃわかんないよ?ちゃんと言わないと止めちゃうよ!」

友紀「・・・ンコ」

俺「えっ、聞こえないよ!もっと大きな声で!!」

友紀「オマンコ、オマンコ気持ちいいーー!!」

俺「彼氏のチンコとどっちが気持ちいい!?」

友紀「あっ、あっ・・あなたのチンコのほうが気持ちいいーーーー!!!!」

あ~ぁ、婚約者の彼氏は、みんなが遊んでいるときに一生懸命勉強して、一流大学一流企業に入ったのにね。

その努力の成果を結婚という形で共有し、捧げようと思った女が、他の男にチンコ突かれながらこんなことを言っていると知ったら、泣くだろうなぁ(笑)

さすがに中出しは可哀想だと思ったので、最後は外に出した。

友紀にお掃除フェラさせたあと、もう一回戦してラブホを出た。


友紀のこと、真面目で控え目で家庭的と思っていたけど、分からないもんだね、女は。

友紀とはこれっきりと言う約束だったけど、結構楽しめるカラダだったので折を見て連絡しようと思っている。

っていうか別れ際、彼女からは後悔している様子は感じられず、逆にスッキリした面持ちだったので、しばらくしたら彼女のほうから連絡が来るかもね?
サンプル