pic-0212000977
姉の話です。

俺の姉は不思議ちゃん。


姉はそこそこ美人でスタイルも抜群ですが、その行動は、いつもどこか変です。


この前、こんなことがあったのです。


台所のテーブルで姉が何かしていました。


向こう側を向いているので、よく分かりません。


反対側へ回ってみると、なんと姉は、キュウリを丸ごと口に押し込んでいるのです。


「な、何やってるの?姉貴・・・」

姉は俺の目を見て片手を上げました。


『ちょっと待って』と言ってるみたいです。


しばらくするとキュウリは半分ほど姉の口に入り込んでしまいました。


「んぐっ。

んんっ!ぷはっっ」


姉の口がキュウリからはずされました。


テーブルの上のキュウリを見て、俺はびっくりしました。


あろうことかキュウリにコンドームが装着されていたのです。


「え?あ、姉貴っ!何やってるんだよ?」

「えへっ!ちょっと練習してたの・・・」

「練習って、一体何の?」

「うん。

実はね、今付き合ってる彼がさ、エッチの時、いつもナマでやりたがって困ってたんだ。

中出しされちゃう時だってあるし・・・。

『ゴム付けて』って言っても全然聞いてくれないから、今度からアタシがお口でゴム付けてやろうって考えたわけよ。

それでね、キュウリで練習してたの」


「・・・」

姉はなんてことを!

俺は返す言葉も無く、姉の前に立ち尽くしていた。


「あっ、そうだ!いいこと思いついちゃった。

ねぇ、◯◯。

ちょっとさ、お姉ちゃんに協力してくれない?」


「協力って、何?」

「キュウリでは、うまくできたけどさ、本物でちゃんとできるか試してみたいの。

ね?◯◯のオチンチン、ちょっと貸してよ」


「えぇえっ!?な、何言ってんだよ!姉貴ぃっ!」

「いいじゃん、ね。

お願い・・・。

本番の時にうまくできるか自信が無いの」


「む、無茶言うなよ。

俺達、姉弟なんだぜ。

そんなことマズいだろ」


「別にいいじゃん。

実際にエッチするわけじゃないんだし。

ね、つべこべ言わないで、お姉ちゃんの言う通りにして」


俺はテーブルの上に座らされてしまった。


「はい、じゃあ、おズボン脱いでね。

パンツも一緒に下ろしちゃうよ」


「あぁっ!」

あっという間に俺の下半身は剥き出しにされてしまった。


「じゃあ◯◯、始めるよ。

さっそくだけど、まずはコレ大っきくしてよ」


「そ、そんな。

いきなり言われても、すぐには無理だよ」


「何よ~。

だらしないオチンチンね!仕方ないわね。

アタシが大きくしてあげるわ」


そう言うと姉の頭が俺の股間に近付いて来た。


「あぅっうっ!」

俺のチンコはいきなり姉の口に咥えられてしまった。


姉の舌が俺のフニャチンを舐め上げるッ!

姉の舌戯はあまりにも気持ちが良く、あっという間に俺のチンコはガチガチの完全勃起状態になった。


姉の口が外される。


にちゃあ、と唾液が糸を引いている。


「さ、準備OKね」

姉はコンドームの封を開け、自分の口へ嵌め込んだ。


Oの字に口を開け、姉の顔が再び俺の亀頭に迫ってくる。


「うぅっ!」

またしても開始された姉のフェラチオ。


今度はゆっくりと、亀頭の先からじわーっと咥え込まれていく。


カリの部分に姉の唇が差しかかった。


ゴム越しとはいうものの、なんとも言えない快感が俺の脊髄を貫く。


(あぁっ、き、気持ち良いッ!このままだとイッちまう)

「あ、姉貴っ!駄目だ。

イッちゃうよ。

一回外してっ!」


姉の口が俺のチンコから外された。


手のひらにコンドームを、ぺろっと吐き出す姉。


「もうっ!まだ付け終わってないのに。

これじゃあ練習にならないじゃない!そんなに気持ちよかったの?」


「う、うん」

「これ、無駄になっちゃったでしょ」

そう言って姉はコンドームをもう一個取り出した。


「今度は、もうちょっと我慢してよね」

姉は再びゴムを口にし、俺のチンコを咥える。


(くっはあぁっ!やっぱり、気持ち良すぎるよっ!)

じわっじわっっと根元部分まで咥えこんでいく姉。


「ダ、駄目だあぁ。

あ、姉貴ぃっ!」


あともう少しされていたら、確実にイッていただろう。


その直前に姉の口がはずされた。


「ぷはぁっ。

ふぅう。

今度はちゃんとできたわ。

なんとか辛抱できたようね◯◯。

ほらっ、見て。

ちゃんと付けられたわ」


「あっ、本当だ」

チンコの根元までゴムは装着されていた。


「大体これで感じは掴めたわ。

◯◯、協力してくれてありがとね。

それじゃね。

バイバイ」


そう言って姉は行ってしまいそうになる。


「そ、そんな・・・。

姉貴、ちょっと待ってよ」


あともう少しでイキそうだったのに、これじゃ蛇の生殺し状態だ。


「何?」

「ちゃんと最後まで面倒見てよ」

「どういうこと?」

「もう少し、してくれよ」

「射精したいの?」

「う、うん、そりゃあ・・・」

「自分ですればいいじゃない?」

「姉貴にしてもらいたいんだ。

だって、その方が気持ちいいからさ」


「お姉ちゃんのお口、気に入っちゃったの?」

「う、うん」

「わかったわ。

◯◯」


姉の口が再び俺のチンコを頬張る。


「んぐっ」

「あぅうぅ」

姉の頭が激しく前後する。


瞬く間に俺の絶頂が近付く。


が、またしても姉は口を外してしまうのだ。


「え?姉貴、もう少しなのに。

どうして?」


「えへっ。

◯◯のオチンチンしゃぶってたら、お姉ちゃんも何だか、ちょっとしたくなってきちゃった」


そう言うと姉はテーブルの上のゴム付きキュウリに手を伸ばした。


「◯◯は、そのままイッていいのよ。

今度は我慢しなくていいからね。

お姉ちゃんは勝手にやってるから」


姉はスカートを捲り上げ、パンティを膝の辺りまで下ろした。


そして右手に持ったキュウリを自らの股間に宛てがった。


姉のオマンコにキュウリが挿入されていく。


「あぁ。

はぁんっぅ」


トロンとした目で姉は吐息を漏らす。


そして再び俺のチンコを咥える。


(すげえ・・・。

姉貴、俺のチンコ、フェラしながら、自分でオナってる)


自らに刺激を加えたことで姉の口淫はいやらしさを増してきた。


俺はたまらず姉の肩口を掴む。


「っうぅッ!あ、姉貴ぃ!俺、イッちゃうよ!」

ゴムしてるし、姉の口にこのまま射精していいよな。


俺の我慢は限界に達していた。


(ぃい、いっっ!)

射精感が高まるっ!

が、姉はまた、中断してしまったのだ。


(えっ?どうして。

今、もうイクとこだったのに・・・)


俺は泣きそうになりながら姉を見る。


すると姉は思いがけないことを言う。


「ね、◯◯。

お姉ちゃんの、ココに入れてみる?」


「ぇええっ!?」

「ホントのおちんちんが目の前にあるのに、キュウリでしてるなんて、なんか勿体無いじゃん。

ね、しようよ、◯◯」


「で、でもそれって、近親相姦じゃ・・・」

「細かいことにこだわらないの。

ちゃんとゴムだって付けてるし、問題ないでしょ。

それとも、◯◯はお姉ちゃんとじゃイヤ?」


「そんなこと無いけど。

姉貴、本当にいいの?」


「いいわよ。

さ、しよ。

◯◯」


テーブルに半分腰掛けた状態の俺に、姉は立ったまま腰を押し当ててきた。


姉の秘部はもう十分に濡れそぼり、俺のチンコはあっさりと吸い込まれてしまった。


「っうぁあ!」

俺は歓喜の声を上げる。


射精寸前のチンコが幾重の襞々に包まれ、その気持ちよさって言ったらもうたまんなかった。


そんな俺に構わず姉の腰のスピードが上がる。


「っっ!んくっ!いいぃ!ぃいい!気持ちいいっ。

やっぱ、オチンチン、いい!」


姉は淫らな言葉を連発する。


俺の興奮はいよいよ高まる。


「ぅううっ!姉貴ぃいっ!お、俺ぇ、イク、駄目だぁ。

もう我慢できないっ!」


「イッって!◯◯ぅっっ!アタシもっ。

お姉ちゃんもイクから。

あ、あぁ。

あはぁっん!」


姉の腰のグラインドが前後左右に滅茶苦茶激しくなる。


「あぁっ!!姉貴ぃぃぃぃっ!」

俺は姉の細い腰を折れんばかりの力で抱き寄せる。


「い、いやーーっっ!いいぃぃ!イッちゃうぅぅ!」

姉が髪を振り乱し、首を振る。


たまらず俺のチンコが脈動を始める。


ドクッ、ドクッ!

それに合わせるかのように姉の膣がキュウゥッ、キュウゥッと締まる。


なんて気持ちがいいんだっ!

姉は俺の体に倒れ込んできた。


そして、ビクッ、ビクッと小刻みに震えている。


「っっんん・・・。

あっはぁん」


しばらくの間、俺達姉弟は、テーブルの上で折り重なったままだった。


最初に姉が身体を起こす。


ぬらぁっと、俺のチンコが姉の膣からずり出てきた。


コンドームの先にはたっぷりのザーメンが詰まっている。


姉はゴムを俺のチンコから外してくれた。


「随分たっぷり出たのね。

気持ちよかった?◯◯?」


「うん。

あり得ないくらい気持ちよかったよ、姉貴」


「アタシもよ。

なんか彼とするより良かったかも」


そう言って姉は俺の顔に近付いて来た。


姉の唇が俺の唇に重なる。


(あぁっ、姉とのキス・・・。

なんて柔らかい唇なんだ)


姉とのキスはなんとも言えず気持ち良く、俺は射精したばかりだと言うのに、またしても勃起してきてしまった。


「あ、やだ。

◯◯。

どうしちゃったの、これ?」


ぴったり密着していたのだから姉にも気付かれてしまった。


「ふふっ。

さすがに◯◯、若いねっ!じゃ、もう一回しよっか?」


そう言ってまた姉の身体がのしかかってきた。


姉はいきなり俺のチンコにオマンコを宛てがう。


「え、あ、待ってよ。

姉貴、ゴム付けなきゃ」


「いいの、いいの。

そんな面倒臭いことしないでも・・・」


そう言って姉は完全にチンコを挿入してしまった。


「うわぁあっ!」

姉の膣内のひだひだが、もろに亀頭に感じられ、俺はもう卒倒しそうになった。


「あ、姉貴ぃっ!あぁっ、っくッ!すげえぇえ!」

姉はさらに腰を押し付けてくる。


俺の肉棒が更に奥地へと入り込んでいく。


「あぁっ!これよ!やっぱいいわ!ナマチンコぉっ!」

「あ、姉貴ぃっ!俺も、俺も気持ちいいぃ!」

昇り詰めていく意識の中で、俺はふと思った。


(はて?姉貴、元々ナマでされるのはイヤなんじゃなかったっけ?)

「姉貴ぃ!ゴム付ける練習しといてさ、実は生のチンコの方が好きなのかよ?どっちなんだよ、姉貴?」

「っんん!やっぱ、コッチがいい!ヤバいって思っても、だって、だって!気持ち、いいんだもん!ああぁんんっ!」

姉はテーブルの上に乗っかってしまい、俺を跨ぎこんで、腰を激しく動かし始めた。


「◯◯のさ、カリの部分が大きいんだよ。

そこがね、引っ掛かってチョー気持ちいいの。

駄目ぇっ!もうアタシッ・・・。

いいぃっ!」


「あ、だ、駄目だよ。

そんなに動いちゃ・・・。

やばいよ!姉貴ッ!」


「何よっ!さっきイッたばっかりなのに、もうイクの?もうっ!もっと。

もっとよ!お姉ちゃんのこと最後まで感じさせてよね!」


姉は猛然とした勢いでお尻を上下に動かす。


これはたまったもんじゃない。


俺は姉の背中に手を回し、引っ掻くようにした。


「あぁ、あ、ぁ、っ!」

俺は声にならない声を上げて必死に耐えた。


「はぅうっ!あぅううっ!もう少しよっ。

ほらっ!あぁああん!」


大きなグラインドから今度は小さなストロークに変わり、姉の腰が振動を繰り返す。


「そ、それっ、いいよっ、姉貴ぃっ!駄目だあ!俺、もう我慢できないよおお!」

ズンッ、ズンッ、ズンッというリズムに合わせて、姉の髪の毛がユサユサと揺れる。


「イクの?◯◯?我慢できないの?」

「あぁっ!っくはっ!あ、姉貴いいぃぃぃっ!」

俺はたまらず射精を開始した。


姉の膣の中でだ。


「くふっ!」

「えっ!?ま、待ってよ!何?◯◯!ダメっ。

中で、中で出しちゃダメーッ!」


姉が腰を引き、逃げようとする。


「あぁああっ!姉貴のオマンコッ!最高だあぁっ!」

「ダメエーーェッ!!やめてぇえ!」

もう遅い。


俺の尿道からは精液がほとばしり始めている。


姉の膣の収縮が俺の生チンコを包み込む。


その奥深く放出される俺のザーメン。


「いやっ!イヤイヤッ!」

姉は身体をぐるぐるさせて俺を振りほどこうとするが、俺は姉の背中に回した腕をガッチリと離さない。


さすがにまずいとは思ったのだが、生で姉のオマンコへ出してしまいたくなったのだから仕方ない。


ゴムの中で放出した時とは全く異質の気持ちよさ。


射精が終わり、俺は完全に満たされた気持ちになって、テーブルの上にぶっ倒れた。


「っはぁああ!キッもち良かったあ!」

にゅるりと姉のオマンコから弾き出される俺のイチモツ。


射精したのに、まだ硬度を保っている。


仰向けになっている俺に姉の顔が近付いてきた。


(あ、またキスしてくれるのかな?)

俺の甘い期待はあっさりと裏切られた。


ビタンッッ!

俺の頬が姉の平手打ちを食らった。


「何するのよ!バカッ!誰が中で出していいなんて言ったのよ!」

「そ、それは、あまりにも気持ちよくて、あの、その、そのままイキたくなっちゃったから・・・」

「もうっ!妊娠しちゃったらどうすんのよ!」

姉は真っ赤になって怒っている。


「たぶん今日は大丈夫だとは思うけど。

完全な安全日なんて無いんだからね!」


「そんなこと言ったって、最初にゴム無しでハメてきたのは姉貴の方だぜ。

姉貴にだって責任はあると思うけど」


バシッッ!

もう片方の頬に姉の平手打ちが飛んできた。

サンプル