1536

私とバイトの姉妹の関係についてお話します。

私は都内某地で中華料理屋を営んでいる者です。


ラーメン屋というよりは明らかに“中華屋”といった体裁の店で、さして大きくはありませんし、行列が出来るほどの店なんてわけではありませんが、そこそこ流行っている店だと自分では思っています。


そこそこ流行っているがために、学生のアルバイト店員を常時2~3人は雇っていました。


ある時、アルバイト学生がたまたま一斉に辞めてしまう事態になったので、急募の貼り紙を店頭に出しました。


すると、二十四歳のOLがフラリとやって来たのです。


その子の名前は登美恵(仮名)。


OLですが、収入の足しに夜から仕事がしたいと言うのです。


なかなか綺麗な顔をしていますし、客相手の店員にはもってこいだと即座に採用を決めました。


すると登美恵が、「自分は週に二回しか来れないんですが、妹二人と交代なら一週間勤まると思う」ということを言い出したのです。


こちらも一度に三人のアルバイト店員が確保できるので渡りに船と、その妹二人も面接に来るようにと言いました。


数日後、登美恵の妹の歩美(仮名)と留美子(仮名)の二人が揃って店を訪ねてきました。


次女の歩美は短大生、三女の留美子はまだ高校生でした。


どちらも姉によく似ており、「“美人三姉妹”という言葉がピッタリの三人だね」と私が言うと、二人はかえって恐縮して、恥ずかしそうに下を向いてしまいました。


三姉妹全員を見てよく分かったことですが、三人ともなかなかの巨乳ちゃんです。


あとで知ったことですが、三人ともFカップの持ち主だったのです。


自分でもおっぱい星人を自覚している私はウキウキして下心でいっぱいになりました。


もちろん採用を決め、次の週から三姉妹で曜日を交代して、夕方から店に勤めてもらうことになりました。


一ヶ月も経たないうちに、『巨乳の美人三姉妹が日替わりで店員をしている』という評判が立ち、男性客の数が明らかに増加していました。


商売繁盛で大変結構なことである上に、私自身も三姉妹と日替わりで顔を会わせ、会話を交わせることが大変嬉しく、楽しい日々が続きました。


彼女たちが勤め始めてから一ヶ月が過ぎた頃、私は慰労会という名目で三姉妹と飲み屋でささやかな宴会を開きました。


長女の登美恵は結構遊んでいるのか酒の席には慣れているようで、私に負けない勢いでチューハイ類をあおっていました。


もちろん下の二人はまだ未成年でしたからお酒は勧めませんでしたが、次女の歩美だけはちょっとだけ飲んでみて、すぐに顔を真っ赤にしていました。


留美子はジュースだけで付き合ってくれました。


一次会はほどほどに切り上げ、酔ってしまった歩美を留美子が自宅に連れて行き、私と登美恵だけで店を移して二次会へと突入しました。


二人きりになって宴は静かながらも大人のムードで盛り上がり、私と登美恵は店長と店員という枠を外してすっかり打ち解けてしまいました。


そして・・・もう、どちらから誘ったのかも忘れましたが、そのままラブホへ入り、二人で甘い夜を過ごしたのです。


私は30半ばのバツイチで、離婚以来女性と縁がありませんでしたから、いっそう燃えました。


登美恵は特定の彼氏がいるらしかったのですが、このところご無沙汰だったらしく、お互いに激しく求め合ってしまったのです。


全裸になって初めて直接拝むことが出来た登美恵のFカップの巨乳は予想以上に迫力満点でした。


私はそこに顔を埋め、舐め、しゃぶり、と大いに甘えました。


登美恵もこれまでの男性遍歴で色々経験があったようで、「パイズリしてあげようか?」と自分から持ちかけてきました。


私にとって初めてのパイズリ体験で、柔らかい乳肉に包まれたまま、登美恵の顔に向けての射精も体験しました。


そのまま朝まで四回戦、全て生で、うち2回は登美恵がOKしてくれたので中出ししました。


以後、登美恵と私は二、三週に一度ぐらいホテルで楽しむ仲となりました。


登美恵は彼氏がいるからあくまで浮気気分でしたが、その方がこちらも割り切れてよかったのです。


肉体関係があると、やはり店長と店員だけではない雰囲気というものが私たちの間には漂うようになり、仕事の最中の会話や仕事の後の軽いスキンシップにもそれは現れていきました。


それに目ざとく気づいたのが、次女の歩美でした。


歩美は登美恵とは違う曜日に仕事が入っていたので両者が鉢合わせすることは無かったのですが、一度、登美恵のアルバイトの日の閉店後に私と登美恵がキスしたり、軽くイチャついていたところに偶然、姉を迎えに来た歩美が入って来てしまうというハプニングもありました。


その時は素知らぬふりをしていたものの、私と登美恵の間に何かがあることに歩美は早々に気づいてしまったのでした。


歩美がアルバイト当番のある日、閉店後にさっそく歩美から私への追及が始まりました。


「お姉ちゃんとセックスしたの?お姉ちゃん、彼氏いるのに・・・」

抗議とも好奇心ともつかない質問です。


歩美は元気いっぱいの女の子ですが、姉よりもやや潔癖症なところもあったようで、何人もの男と同時に付き合うというのが理解できないようでした。


私は変に誤魔化すとややこしくなるとも思いましたので、率直に二人の関係を認め、かつあくまで“楽しむだけの関係”であることを説明してやりました。


「歩美ちゃんは彼氏がいるのかい?」

逆に聞いてみると、以前は彼氏がいて何度か性交渉を持っていたものの、現在は別れて彼氏なし状態だと答えました。


「じゃあ、体が疼くこともあるんじゃない?」

中年オヤジらしく下品に聞くと、その彼とのセックスは決して楽しいものでもなく、話に聞くような絶頂感も体験したことがないと率直に認めました。


「そりゃ、その彼氏も若くて下手だったんだな。

・・・ねぇ、おじさんが体験させてあげようか?」


私としては下品な冗談半分のつもりで言ったのですが、歩美はしばしの逡巡の末、あっさりとこの提案を飲んでしまったのです。


私と姉との関係を知っての刺激もありましたし、またお互いの性を率直に語ったことで気分が出てしまい、彼女も内心期待するところがあったようなのです。


歩美の気が変わらないうちにと、私はホテルではなく店の二階にある自分の部屋に歩美を連れ込みました。


そしてシャワーも使わせぬまま、部屋に布団を敷いてその上で歩美を抱き寄せキスしました。


それでもうすっかり雰囲気に飲まれた歩美の服を脱がせ、自分も裸になって行為を始めました。


登美恵の時と同様、生のままでの合体でした。


結論から言うと、私は知る限りのテクニックを駆使して、しっかりと歩美を初めての絶頂に導いてやりました。


歩美も大喜びで、私にフェラチオしてくれたり、姉同様にパイズリもしてくれました。


やはり前の彼氏も歩美の巨乳に目をつけたようで、パイズリの経験があったのです。


その日、歩美はそのまま私の部屋に泊まり、次の日の昼まで四回戦まで私と交わりました。


一緒に住んでいる姉と妹には友人宅に泊まったことにして私との関係は隠しましたが、その後も登美恵とかち合わないように調整しつつ、二週に一度ほどホテルや私の部屋で定期的に関係を持つようになりました。


こうなると、三女の留美子も落としたくなるのが人情というものです。


私が見たところ、留美子はまだ処女だと思われました。


店に同級生の男の子が来たりするところを見ると、やはり巨乳美人ということで人気があり、言い寄る男は多かったようですが、かえってそれだけに、『初めての相手は選びたい』という性格でもあったようです。


仕事の合間にからかうように話を聞くと、少なくとも特定の彼氏がいないことは確かでした。


それだけに私は慎重に彼女への攻略を始めました。


まず人生経験が倍はある大人として、色々と相談に乗ってやりました。


恋愛関係についてもバツイチならではのアドバイスが出来ましたし、進路の悩みなども積極的に乗ってやったのです。


幸い、受験勉強で留美子の苦手とするところが私の得意分野だったので、いつしか閉店後に二人で私の部屋に上がって家庭教師みたいなことも出来るようになりました。


仕事以外のところで接触を持つようになると、親密度は急上昇。


『頼れる親切なおじさん(本人はお兄さんのつもりですが)』である私に、留美子は急速に心を許すようになっていきました。


そしてエッチな会話もするようになってくると、「店長、お姉ちゃん二人と二股で付き合ってるでしょ?」といきなり突っ込んできました。


やはり妹として、そばにいると薄々感づいていたようです。


「うん、仲良くさせてもらってるよ」と私は素直に認め、「ここだけの話だけどね」と、登美恵と歩美とのセックスの模様を詳細に留美子に話して聞かせました。


姉達の乱れる姿を聞かされて、留美子は顔を真っ赤にしながらも食い入るように聞き入っていました。


頃合いを見計らってそんな留美子の肩を抱き、ひょいと唇を奪うと、留美子は驚きながらも抵抗はほとんど見せませんでした。


学校の制服姿の留美子を抱き締めて何度もキスしながら口説くと、留美子はあっさりと陥落しました。


私は布団を敷き、留美子の制服をゆっくりと脱がして行き・・・そのまま二人で布団の上で行為に入りました。


留美子はやはり処女でした。


私はたっぷりと前戯を行い、優しく彼女の体を扱いながら留美子の処女を頂戴しました。


留美子がなるべく痛くないようにとあまり動かずに合体を行いましたが、留美子にはわからないように、生の中出しをしてしまいました。


留美子は初体験の興奮で、そのことまでは気が回らなかったようですが、私の精液を体内に受け止めたことで、私への従属心を強める結果になってしまったようでした。


その日はその一発だけで留美子を帰しました。


が、やはり、その後は、留美子とも仕事の終わった後に定期的にセックスをするようになりました。


留美子は処女を失ってから味を覚えるまでがかなり早く、一ヶ月もするとすっかり私とのセックスに溺れるようになってしまっていました。


アルバイトの当番の日になると、学校から制服姿のまま直行してきて、夕方の開店前のうちに私とのセックスを求めてくるほどです。


私も好き者ですから留美子に制服を着せたままスカートを捲って合体したり、店のテーブルや椅子を使ってセックスしてみたりと大いに遊びました。


もちろん、姉二人と同じFカップの巨乳を使ったパイズリ奉仕も教え込みました。


巨乳美人三姉妹すべてを落とし、それぞれと定期的にセックスを楽しむようになった私は、次の野望を実現するべく画策を始めました。


そう、この三姉妹が一同に会したセックス、“姉妹丼の4P”を実現しようと考えたのです。


歩美は登美恵、留美子は登美恵と歩美が私と関係を持っていることを知っている、という妙な状態でしたが、こうなったら三姉妹が割り切って私と同時に関係する事にそう抵抗もあるまいと考えたのです。


私の計画は、彼女たちに自分の姉妹が私と関係している現場を直接見せてしまう、そして雰囲気に飲まれさせて一緒に・・・という筋書きでした。


そこである土曜日に店を臨時休業にした上で、午後3時に留美子、4時に歩美、そしてその日は仕事があった登美恵を6時に、それぞれバラバラに店に呼びました。


3時に早速、留美子がやってきました。


学校で用事があったとかで、やはり制服姿です。


閉店の札を出し、客の来る心配がない店内のお座敷席の上で、私たちはイチャつき始めました。


制服を着たままの留美子の巨乳と下半身だけを肌蹴させ、お座敷の縁に座った私の上に留美子を腰掛けさせる対面座位で合体します。


留美子は両手を私の首に回して抱きつき、私は座った姿勢の駅弁スタイルで留美子をファックします。


あまりの興奮に留美子は店内に嬌声を響かせます。


そして4時の10分前。


何事も早めに動く歩美が、渡してあった鍵を開けて店内に入ってきました。


店内に響く嬌声に驚いてお座敷席へとやってくると、制服を着たままの妹の留美子が私と性行為の真っ最中。


姉の登場に留美子も驚きますが、腰の動きは止まりません。


唖然とする歩美でしたが、「あ~やっぱり、留美子にも手を出してた~」と呆れ顔で近づいてきました。


歩美も妹のことは確信は無いながらも感じるものがあったのでしょう。


そしてこの時間に呼び出した私の画策の意図にも気づいたのです。


「一緒にしよう・・・ってこと?」

私が無言の微笑でこくりと頷くと、歩美は諦めたようにひとつため息をついてから、留美子と繋がった私の体に身を寄せてきました。


私は留美子をファックしながら、歩美を片手で抱き寄せてキスしました。


一人の女と交わりながら他の女とキスするという3Pならではの初めての体験、しかもその二人は本物の姉妹という状況に私は大興奮しました。


歩美は服を脱ぎ、私の背中にぴったりと抱きついて、その柔らかい巨乳を押し付けてきました。


私は留美子と下半身で合体したまま上半身をひねって歩美とキス。


そのまま留美子の中に放出しました。


一発目を放って萎えた肉棒に、歩美と留美子が仲良く顔を寄せてきました。


私にとって初めてのダブルフェラが始まったのです。


私のサオに二人の舌が這い回り、歩美が亀頭を口に含むと、留美子が玉袋をしゃぶりたてます。


さすがは姉妹、コンビネーションは絶妙です。


二人にとってもダブルフェラは初体験のはずですが、二人とも私にフェラ奉仕を仕込まれてますから、私の喜ぶポイントはお互いによく知っています。


ダブルフェラであっという間に復活した肉棒を、今度はバックスタイルで歩美にぶち込みます。


そして留美子には私の体に抱きつかせて私の乳首や顔にキスをさせました。


姉の陰部に肉棒が出入りする様子を目の当たりして、目をまんまるにしてそれを見つめる留美子が可愛く、私は留美子とディープなキスをしたり、その巨乳に顔を埋めたりしながら、歩美をバックから松葉崩し、そして正常位と貫き続けました。


そして歩美にも中出しフィニッシュです。


二発目を終えてから、留美子と歩美の姉妹を並べて仰向けに寝かせ、四つ並んだFカップ巨乳をじっくりと堪能しました。


四つの乳肉に順番に顔を埋め、四つの乳首に順番にしゃぶりつき、二人の乳房で作られる三つの谷間に肉棒を入れてパイズリを楽しみ・・・。


オッパイ尽くしの前戯で、私はギンギンに勃起してしまいました。


それからはもう欲望の赴くまま、三人で交わりまくりました。


もう姉妹二人とも、恥もかき捨てとばかり協力して肉欲に溺れます。


私は仰向けに寝た姉妹二人に覆い被さっていっぺんに抱き、交互に合体していく“鶯の谷渡り”の夢も実現しました。


そのあと二人を四つん這いにして並べてまた交互に入れたり、二人を抱き合わせて上下交互に入れたり・・・と思いつく限りの合体を楽しみました。


姉妹揃っての異常な状況に二人も興奮し、何度も何度もイッてしまいました。


私も、「どっちで出そうかな?」と男冥利に尽きる悩みで興奮するうち、バックスタイルで合体していた歩美の中に三発目の射精をしたのでした。


三発も出してしまうと、さすがに疲れて一休み。


歩美と留美子も興奮の余韻のうちに私に抱きつき、私を真ん中に三人で川の字になって寝そべりました。


しばしの休息ののち、また三人でいちゃつき始めます。


二人とも、この次に何が起こるのか察していましたから、軽い戯れに留めていました。


そして夜の6時になって、やはり合鍵を渡してあった登美恵が店に入ってきました。


店に入って、お座敷席の中で全裸にいちゃついている妹二人と私を見て、ポカンと口を開けて驚いていましたが、「やっぱりね~、なんか、こんなことになるんじゃないかと思ってたの」とつぶやきました。


聞けば、やはり登美恵も妹二人が私と関係を持っているのではないかと感じていたのだそうです。


「実を言うとね、いっそこっちから、『4Pしようか?』って言おうかと思ってたんだけど・・・。

ま、こうして実現しちゃったんだから、いいけどね」


そんなことを言いつつ、登美恵も服を脱ぎだしました。


その表情を見ると、早くもかなり欲情しているのが分かります。


歩美と留美子も歓迎ムードでしたし、私はもちろん野望達成に胸躍るばかりでした。


美人巨乳三姉妹を、独り占めにして楽しめるんですから!

このまま店内で続けるというのもなんなので、私は三姉妹を二階の自分の部屋に連れて行きました。


布団は一枚では手狭だと二枚敷き、その上で四人全裸になって戯れ始めました。


さっき二人としたことを、今度は三人とすることになります。


まずはやはり姉妹揃ってたわわな巨乳の味比べにかかりました。


布団の上に腰を下ろした私を取り囲んで、三姉妹が合計六つのFカップ巨乳を前後左右から私の顔に押し付け、オッパイでのおしくら饅頭状態にしてもらいます。


私は乳肉に包まれて窒息し、今にも天国に昇りそうでした。


それから六つの乳首に順番に吸いつき、舐めて味比べを楽しみました。


座っている三人に囲まれたまま立ち上がり、肉棒を長女、次女、三女の順でFカップの谷間に差し入れる、“パイズリのリレー”も楽しみました。


三人とも自分の姉や妹がパイズリする様子を興味深げに観察していました。


パイズリしながらフェラチオも同時にしてもらったり、三人の乳房を一箇所に集めてその中に私の肉棒を包んでもらったりと、思いつくままに色々遊んでもみました。


こういう時は、バカみたいに明るく楽しくという空気にしてしまうのが正解だったようです。


三人分の巨乳でたっぷりと刺激された私の一物はすっかりギンギン。


さっそくこの日初めてとなる登美恵のオマンコから、バックで挿入しました。


最初のうちは姉の陰部に私の肉棒が出入りする様子を興味深げに覗いていた二人でしたが、やがて私の乳首や背中に舌を這わせてきました。


そのうち歩美が遊び心を出して私のアナルを舐め始め、それを見て対抗心からか留美子が私の股の下に潜り込んで玉袋をしゃぶり始めます。


まさに4Pならではの醍醐味です。


登美恵から抜き、続いて歩美にもバックで挿入しました。


すると今度は留美子がアナル舐めを担当し、登美恵は私に抱きついてキスし、舌を絡ませ合います。


その形で続けてから今度は留美子にバックで合体。


すると今度は登美恵がアナル舐め、歩美が玉しゃぶりにとりかかりました。


それからはもう、何が何やら。


三人をバックスタイルで並べて順番に抜き差ししてみたり、仰向けに並べて正常位で順番に突き刺してみたり。


順番に騎乗位で跨がらせて、他の二人を両腕に抱いて交互にキスしてみたり・・・。


基本的には私の指示で、時々登美恵の提案を受けて、私たち四人はいつ果てるとも無く交わり続けました。


三姉妹とはそれぞれいつも生の中出しをOKしてもらっていましたから、この時の初4Pでも何も言わずとも中出しばかりしていました。


4Pの前の3Pですでに三発出していたのですが、初めての姉妹丼4Pの興奮で私も底なしになったのか、登美恵、歩美、留美子の順に一発ずつ中出ししたはずです。


4Pの間のことですから、都合6発も出した事になります。


実は、さらに一発もあったのです。


四人で色んな体位を試すうち、とうとう種切れかと思いきや、登美恵が、「アナルでやってみない?」と言い出したのです。


やったことはないけど興味があったようなのです。


私も歩美も留美子もビックリしましたが、もうイケイケドンドンという空気でしたので、登美恵のリードで三人揃って私とアナルセックスをすることにもなりました。


私も初体験でしたが、三人ともアナルヴァージンを私に捧げてくれた事になります。


七発目は確か留美子のアナルに出したはずです。


3P、4Pの連打、しかもアナルセックスまでついた大乱交で7発もしてしまい、私はチンポも痛くなるほどで、もはや出し尽くしたという感じで布団に寝そべりました。


三姉妹もぐったりとして私に抱きついてきて、四人で抱き合ったまま布団を被って眠ってしまいました。


翌日は日曜日で、三姉妹とも何の用事もありません。


結局、日曜日も続けて臨時休業にしてしまい、二階の布団の上で四人とも素っ裸のまま朝から夜まで、休み休みではありますが四人でヤリまくって過ごしました。


さすがに最後には薄いのがちょぴっと出るような感じになってましたが、三姉妹に平等を期して二発ずつ中出しをしてやりました。


大いに疲れはしたものの、私はもちろん三姉妹とも大満足の土日でした。


そのまま三姉妹とも日曜の夜も私の部屋に泊まって月曜の朝まで一緒に過ごしましたが、さすがに夜の部はセックスはせず、ただ裸で四人でイチャつき、おしゃべりしているだけでした。


その時の会話の中で、今後は三姉妹とは個別ではなく、常に一緒にセックスすることに決まりました。


三姉妹それぞれ別に付き合うと嫉妬もあるだろうし、何かと問題が起こるかもしれないし、いっそ、その方が良いという登美恵の提案でした。


かくして毎週土曜夜から日曜の夕方まで、私と巨乳三姉妹は必ず“週末の4P”を楽しむことが習慣となったのです。


場所は私の部屋とは限らず、姉妹の家に招待されることもありましたし、ラブホテルで楽しむこともありました。


毎週のように三姉妹との4Pを楽しめるようになったわけですが、かなり割り切った関係だったから持続したのでしょう。


三姉妹とも私に抱く思いは、恋愛というのとはちょっと違っていたようです。


実際、彼女たちはそれぞれに彼氏を持つようになりましたし。


私もまた、三姉妹とはそういう関係の方が気楽と思うところもあったのです。


そんな不思議な関係が一年ほど続きました。


そのうち、三姉妹はそれぞれの彼氏とほぼ同時にゴールインし、結婚をしていきました。


三人ともほぼ同時に妊娠が発覚しての出来ちゃった婚でした。


実は・・・三人とも私の精液での妊娠でした。


それぞれ彼氏にはうまいこと説明して出来ちゃった婚に持ち込んだのです。


三姉妹ともほぼ同じ時期に出産してそれぞれ元気な赤ちゃんを産みましたが、逆算していくとどうもある週末の4Pで三人全員に一発ずつ中出ししたのが各自見事に命中してしまっていたようでした。


妊娠の段階で三姉妹とも、「間違いない」と言ってましたが、実際姉妹が産んだ赤ちゃんを見せてもらうと、どの子も、どうも私によく似ているのです。


まあ、三人の赤ちゃんとも“母親似”ということで誤魔化せるわけですが・・・。


彼らは“いとこ”だけど、実は“兄弟”というわけです。


旦那さんたちは知らぬ間に我が子ではない子の父になってしまっているわけです。


彼女たちが結婚して母親となっても、三姉妹と私の4P関係は途切れることなく続きました。


さすがに毎週とはいかなかったですが、少なくとも一ヶ月に一度は集まって4Pをしていました。


三姉妹だけに集まる事自体に旦那さんの疑惑を招かないところもあったのです。


出産した彼女たちはそれぞれの赤ん坊を連れて集まり、セックスの合間に授乳するような場面もありました。


私も我が子達と一緒に、三姉妹のFカップ巨乳から分泌される母乳を味わってみましたが、まぁあまり美味しいものではありませんね。


いきなり三人の母親を持った赤ん坊の気分は大いに楽しませてもらいましたが・・・。


私たちの関係は今なお続いていて、付き合い始めてからかれこれ七年になります。


この間に登美恵は三人、歩美は二人、留美子は四人の子どもを出産しました。


合計九人、実は全て私の種です。


子どもを作らないままバツイチになった私ですが、いつの間にやらたくさんの子どもが出来てしまったわけです。


もちろん公には出来ませんが・・・。


自分自身、ひどいことしてるなぁと思うのですが、三姉妹とも私との関係は続けたいと言っています。


「私たちみんな、あなたの赤ちゃんを産みたかったの。

それにはこういう風にするしかなかったじゃない?それでみんな幸せなんだから、それでいいじゃない」


そんなことを登美恵が言ったこともあります。


彼女たちの気持ちというのを私自身も理解するのが難しいのですが、ともかく今も三姉妹との4P関係は続いています。


彼女たちとの間に出来ちゃう子供はまだまだ増えそうです。

サンプル