pic-0212000611
私と会社の同僚との話を書きたいと思います。

私は2人の子供がいます(もちろん主人の子供ですよ)。


でも、今現在お腹にいる子供はたぶん主人の子ではありません。


同じ会社の男性の子供です・・・。


半年前の話です。


私は幼稚園の先生、主人は自営業をしていて、2人とも仕事もうまく行き、夫婦仲も悪くありませんでした。


ある日、私の職場に1人新しい先生が入って来ました。


初めて見たときは優しそうで気さくな人みたいで安心していたのですが、ところがこの先生、性格が最悪で凄い意地悪な人だったんです。


私はその人の意地悪さに耐えかねて仕事を辞めました。


主人1人の収入で十分やっていけるのですが、家庭に収まりたくないという気持ちがあり、子供を保育園にあずけてから仕事を探しに回ってました。


5~6社目に、ある商事会社に面接に行きました。


手応えがあり、「いけるかも」って主人に言うと、「良かったね、きっといけるよ」って言ってくれて期待して電話を待っていました。


次の日の2時頃、電話が鳴り慌てて受話器をとりました。


結果は期待通りに“採用”でした。


「やった~」と思わず言ってしまいました^^

「来週から来れますか?」と聞かれて、「もちろんです」と答え、早速デパートに洋服を買いに行きました。


初めは慣れない仕事でドギマギしていましたが、2週間もすれば何とかこなせるようになっていました。


入社して1ヶ月ほど経った頃、ほとんどの社員が取引先に出かけていて、会社には私とある男性社員の2人きりになりました。


その男性社員はその会社のエース的存在で、見た目もカッコ良く凄く優しい人で、(いいな~)ってひっそりと思っていました。


でも、話した事もなく、なにより私もその男性も家庭があったので、(興味を持っちゃいけない)と自分に言い聞かせていました。


するとその人が私に、「仕事は慣れた?入社祝いもしてなかったね。

どう、終わってから一杯やろうか?」って言ってきました。


私はあっさり、「はい、喜んで」と言ってしまいました。


まさか深い関係になるとは思ってもいませんでしたから・・・。


7時に仕事が終わり、その男性といい感じの居酒屋で飲みました。


とても楽しくお酒もどんどん進み、お互いに酔ってきて、次第に下ネタも飛び交う様になって、私もちょっとエッチな気分になってきました。


2時間程飲んで店を出ました。


いい気分で2人夜の街を歩いていると、その男性が手を繋いできました。


ドキッとしましたが、嫌じゃなかったのでそのまま手を繋ぎ、その人の歩くがままについて行きました。


するとその人が「嫌?」っと聞いてきたので、顔を上げて見てみるとラブホテルの看板が・・・。


私は、『いいよ』って意味でニコッと笑いました。


そのまま2人で中へ・・・。


部屋に入りベッドで並んで座り、少し話をしていました。


次第に彼の手が私の肩に回り、ゆっくりとキス。


丁寧で優しくネットリとしたキスでした。


そのままベッドに倒れ込んで私の首筋を舌でなぞりながら股間をタッチ・・・。


初めての主人以外の男性とのセックスに少し緊張していました。


でも主人では体験出来なかった快感が襲ってきて、緊張どころではなくなりました。


服を全部脱がされて全身をくまなく舐めてくれました。


脇の下も足の指も・・・。


(気持ちいい)と心底思いました。


正直、フェラチオは主人にもやってませんでした。


1度やったのですがどうしても口に入れられなくて・・・。


でも彼のモノは頑張ってお口に入れました。


そして初めて、(フェラチオっていいかも)って思いました。


電気も消さずに激しく求め合いました。


特に彼のクンニは凄く、主人とはまったく違う快感を体験しました。


しばらくして彼のモノが私の中に・・・。


主人よりも少し小さい^^

でも、それがかえって気持ちいい。


ちょうどいいサイズなのかな?

正常位、バック・・・彼の動きが激しくなってきます。


彼「このままいい?」

私「いい、いいから・・・」

彼「ウッ」

ビクンビクンと彼が・・・。


彼「中に出しちゃった」

私「うん、気にしないで」

とは言ったものの・・・(まずいかも?)と思ったのですが、結果は大丈夫でした。


その後も彼とは関係が続き、とうとうおめでた(?)に・・・。


「産んでいい?」と聞くと、彼は「もちろん。

でもご主人は?バレるだろ?」と聞いてきました。


私「大丈夫、月1回は主人ともしてたから」

彼「ご主人の子供かも知れないのか・・・?」

私「それは無いと思うよ。

だって主人とは月1回、あなたとは月に10回はしてるでしょ?」


生まれてくる子は誰に似てるかな~?と、不安と期待で毎日過ごしてます。

サンプル