1-1-300x169
小学生の従妹とのエッチなゲーム体験談

今現在、僕は中3です。

で、僕には小学校低学年のいとこ(女)がいます。

仮に“Y”としておきます。

えっと、僕の名前は仮に“A”としておきます。

では、本題へ。


半年ぐらい前のことです。

ある休日、僕は祖母の家に遊びに行きました。

その時ちょうどYも遊びに来ていました。

で、おばあちゃんが買い物に出掛けたので、僕はYの遊び相手をしていました。

まぁ、トランプとか、お絵かきとか、鬼ごっことか、かくれんぼとかです。


かくれんぼは、だいたい午後5時半頃から始めたので、だいぶ外は暗かったです。

(家の中で灯りもつけずにやっていました^^;)

で、しばらくやっているうちに、「暗いんだからちょっとぐらいYにイタズラしても大丈夫かな!?」と思い始めました。

すると僕のアソコがどんどん硬くなってきます。

どうしても性欲が抑えられません!

気づいた時にはもう行動に出ていました。


まず暗そうな場所に隠れる。

するとYが僕を探しに来る。

当然、Yが「A君み~つけた!」と僕のところに来る。

ここまでは計画通り。


しかしここからが難関!!
どうやってYに僕のアレをしゃぶらせるか・・・。


考えた末に思いついたのは、『物当てクイズ』と偽ってアレを舐めさせること!!
で、実際にYに言ってみたらアッサリ「いいよ」と言ってくれた。


A「じゃぁ、お口・・・おっきく・・・開けて・・・」←ドキドキしすぎて声が震えてる。


Y「あ~・・・」←口を大きく開けてる。


A「いくよ?入れるよ?歯は当てちゃダメだよ?」←めちゃくちゃ声震えてるw

Y「・・・うん」

そしてついに僕はYの口にアレを少しずつ入れていった・・・。


その瞬間僕は思わず「ああっ!」と言ってしまった。

結構気持ち良かったで、何回かジュボジュボさせていると・・・気持ちはいいんですが、歯が当たりまくるんですよ。

気持ちいいけど痛い。

で、何回かYに「歯当たってる・・・」と注意していると、だんだん歯が当たらなくなってきて、フェラが上手になってきた。


ジュボジュボチュパチュパ・・・。


A「ぁぁ、いいよ・・・うまいよ・・・」

と、まぁこんな感じで舐め続けてもらったわけですが、射精までは導いてもらえませんでした。

で、祖母の家に行く度に「物当てクイズ」をしてもらっていたんですが、3回目ぐらいでYにバレました。

舐めさせていた物がアレであることが。


でも、なぜか頼むと舐めてくれるんです。

なんでだろう。


実は僕にはもう一人Yと同じぐらいのいとこ(女)がいて、今度はその子に『物当てクイズ』をさせていますw
サンプル