qwesz
泥酔した職場のOLとのセックス体験談

先週、よく飲む職場の女友達(24歳)と飲みに行った。


美和は結構飲むやつなのだが、まあいいペースで飲んでる。

モツ鍋だったので焼酎の4合瓶を入れる。

「残したら勿体無いです」と2人でカポカポ飲んだ。

美和「先週、A君と飲んで終電がなくなっちゃったので、うちに泊めたんですよ」

俺「へー、やっちゃったの?」

美和「向こうはその気で求めてきたけど、眠かったしビンタしたらそのままでしたw」

なんて会話しながら一次会終了。

すると美和から、「カラオケ行きません?」とのお誘い。

美和はいつも、「カラオケは嫌い」と言ってて2人で行ったことはなかった。

ちなみに美和はほどよく肉がついてるタイプ。

胸はCカップ。

セミロングで一昔前の常盤貴子似かな。

で、カラオケでもサワー系の飲み物をガンガン注文。

テーブルに5つぐらいグラスが並んだ。

こっちも酔っているのだが、向こうのテンションは明らかにおかしい。

美和は完全に飲みすぎ。

俺「なんかあったの?」

美和「なんか今日はすごく楽しいんですよ~」

特に何かあったわけではないようだが、明らかな酔っ払い。

眠いのかなんなのか、やけにこちらにもたれかかってくる。

身体が熱い。

まあ密室だし、なんとなくキス。

美和「ん、・・・」

こちらが舌を侵入させると一瞬の躊躇のあと、積極的に舌を絡めてきた。

美和「私、実はキス好きなんですよ~」

そんなことを言いながらこっちにもたれかかってくる。

美和に押し倒されるような姿勢で延々とディープキス。

軽くおっぱいを触ったりすると、「んんっ」と反応するが、すぐに手ではね退けられる。

(単に酔っ払ってキスしたいだけなのかな?)と思った。

そんなこんなで時間が来てカラオケを出る。

美和は明らかに飲みすぎで酔っ払いウォークしてる。

俺「じゃあ、俺は帰るわ。美和はタクシーで帰れよ」

タクシー止めて美和を押し込む。

「ダメですよ~」と俺を引っ張る美和。

「女の子は送っていかないと」とタクシーに乗せられる。

実際やれるなら行くが、さっきのおっぱい揉みの反応、先週のA君引っ叩きといい、やれない可能性が高い。

(めんどくさ~)と思いながら美和のマンションへ。

15分ほどで美和のマンションに着く。

ふと見ると美和は爆睡。

俺「ほら、着いたぞ。降りろ」

美和を起こす。

俺「後は自分で行けるよな?」

美和「え~帰っちゃうんですか?泊まってってくださいよ~」

俺「帰るよ」

美和「ヤダヤダ~」

俺を引っ張る美和。

正直うざい。

タクシーの運ちゃんの視線も痛い。

「・・・すみません、ここで降ります」と、本当なら諭吉さんが稼げた運ちゃんに告げる。

ふらふらケラケラしてる美和を部屋に連れてく。

とりあえずソファーに転がす。

「お酒~」とかバカなこと言ってるので、とりあえず冷蔵庫からお茶をコップに注ぎ持って戻るとすでに美和は寝ている。

がっくりしつつ自分で飲む。

さてどうするか?

やろうとしてビンタされたらしばらく鬱になりそうだ。

(まあ、身体を拝むくらいはバチは当たるまい)と結論。

俺「ほら、服がしわだらけになるぞ」

ベタなセリフを吐きつつ上着を脱がし、カットソーを脱がす。

おっと、青っぽいラメ(っていうのかな?)のブラジャー。

美和「う~ん、お酒~」

そう言いながらぐったりしてる美和のデニムをすっぽ抜く。

ブラとお揃いの青いラメとレースのパンティー。

やばい、すごいツボに入った下着だ。

(勝負パンツだ・・・と?)

実は俺は下着フェチ入ってて、顔は普通でも下着に凝ってると、それだけで当社比200%増しになるくらい。

前に付き合ってた彼女も頑張ってくれてたが、「最近、下着マンネリだよね~」と軽く言ったら、「いい加減にしてよ!男と違って女の下着は高いの!!」とキレられた前科持ち。

その俺をして、なんかのエロ画像見て、(こんなのいいよな~)と思わせた下着に限りなく近い。

酔いも手伝い、当社比300%増しに見えている。

もちろんジュニアの血流も当社比200%増し。

美和をベッドに横たえると、こちらもパンツひとつに脱ぎ始める。

おもむろに美和のおっぱいをブラの上から攻め始める。

ブラの上から揉む揉む、ねぶるねぶる。

美和は「うう~ん」、たまに「んっ!」と呻く。

そろそろと思い、ブラの中に手を入れ乳首を触ると、「だめっ!!」と身体をひねる。

(やばい!!)と思い、顔を見たが、美和は反射的に動いただけらしく寝ている。

まあ、いい。

次に下に移動。

レースから薄っすらと毛が見えている光景にまた興奮。

そっと脚を開き、パンティーの上から舐め始める。

十分に舐めたところでパンティーを少しずらして直に舐める。

クリに舌が当たるとピクン!と身体が動く。

まだ起きる気配はない。

調子に乗って舌を高速運動させる。

寝たまま反射的に手で払おうとしてるのだが下半身までは届かない。

そして俺の頭を掴んで、「ああ、ああっ!」と喘いでいる。

(ああ、もう起きちゃったかな?)

見てみると目は閉じている。

寝ているのか寝たふりなのかはわからない。

もちろんどちらでも、もう止まれない。

おもむろにパンツを脱ぎ、痛いほどビンビンになったジュニアを取り出す。

美和のパンティーをずらし、美和の中心に宛てがい、ゆっくりと沈める。

「んんん~っ」と美和が仰け反る。

そしてびっくりしたように大きく目を見開き、俺を見た。

その時はすでに俺のジュニアは美和の一番奥に入っていた。

俺「美和が可愛くて(特に下着姿がw)我慢できなかった」

美和「いいよ、たくさんキスして」

ディープキスしながら腰も動かす。

痛いくらいビンビンになっている上に、生でやってるのであまりもちそうになかった。

俺「悪い、早く出ちゃうかも?」

美和は無言でこちらの首に手を回しキスを求める。

こっちが体勢を変えようとすると、手に力を入れキスを続けさせようとする。

まさにキス魔だw

そうこうしているうちに限界が近づいてきた。

中出しはヤバいし、下着を汚すのも論外、顔もまずそう。

口の中なんかに出したら、そのあと激しくキスを求められようものならさらにヤバい。

てなことを一瞬のうちに考え、美和の腰を掴んで激しく腰を振った後、お腹に発射。

少々ブラや顔まで飛んだが致し方ない。

息も荒く美和に添い寝、美和も荒い息をしている。

ティッシュを探してお腹を拭いてあげる。

見ると美和はもう寝息を立てていた。

美和の横でこちらも爆睡。

明け方に目を覚ますも美和はまだ寝てた。

始発も出るのでそっと美和に布団を掛け、服を着てマンションを出た。

家に帰ってまた爆睡。

起きると美和からメールが。

『今日会えないかな?』

さて、今後美和との付き合いをどうするか。

相性はいいみたいだから付き合っちまうかな?

どうすっか。

美和「昨日、なんかした?」

(まさか、まったく覚えてないの??)

俺「覚えてないの??」

美和「・・・うん。最後までしちゃった?」

俺「よく覚えてないな。キスはたくさんしたけど」

美和はたぶんしちゃったとは思ってるでしょう。

でも全く覚えてないみたい。

キスもそんなに好きじゃないみたい。

まさか別人格??

で、うやむやのまま今日に至ります。 
サンプル