0626
義母との中出しセックス体験談

この間、親戚で法事が営まれ、義母と2人で出かけた。


義母は、喪服姿だったが、ミニスカートで、ちょっと派手だった。

親戚の家に着いて間もなく、お墓に向かった。

線香を上げ、親戚の家に戻ると食事が出された。

私と義母は隣に座り、周りには知らない親戚が大勢座った。

法事ともなると、ほとんどは初老か年配の男性で、数人の女性も見えた。

酒が注がれ、私は車だったので、ジュースを飲み義母が代わりに飲んでいた。

時間と共に、1人・1人と帰り数人程が残っている状態で、女性はほとんど姿が無くなった。

義母は酒をドンドン進められ、もう結構飲んでいた。

顔も赤らめ、男性陣に話しかけられると若干呂律も回らなくなっていた。

火照った体を冷やすかのように、義母が胸元のボタンを外した。

豊満な胸が現れ、ブラジャーも見えていた。足も崩れ、スカートの隙間にパンティが見えていたと思う。

私がトイレに立ち、戻りながら義母を確認すると、向い側からは白いパンティが丸見えだった。

男達はそれに気づき、義母の反対側に席を移していた。

ニタニタ話す親戚男性。義母も私に寄りかかり、ダウン寸前だった。

私は、義母を後ろに寝かせちょっと離れた所で、1人スマホを見ていた。

親戚の男達が、コソコソ話していて私は聞こえないふりをしていた。

「いや~良い体してますね。彼女」

「どこの奥さんだ」

「あれ~旦那さん無くなった・・・」

「え~じゃ未亡人!どうりで色っぽい」

「俺も母ちゃんと別れてアタックするかな」

「もう一回パンチラ見たいよ」

「そうだな、折角だし」

男性達は、少しずつ義母の方へ移動するのが分かった。(私を含め5人位しか残っていない。)

義母の横に座った男性が義母を押した瞬間、義母が寝返りした。

スカートは捲り上がりパンティが露わになった。

男達は一斉に義母をガン見していた。

ときより私の方を見るが、私はスマホを見つめ知らないフリをかました。

1人の50代の男性が、義母のお尻に顔を寄せ匂いを嗅いでいた。

「いい匂いするぞ」

「本当かよ。俺にも」

もう一人が、匂いを嗅いでいた。

「いい匂いだ。母ちゃんとは違うな!」

「若いのはいいよ」

男達は、義母の胸を触り股を触っていた。

私が立ち上がると、男性が義母のスカートを直し話を続けた。

私は、義母を起こし車に乗せると自宅に帰ってきた。

もちろん帰宅と同時に義母のマンコに挿入したのは言うまでもない。

ここ最近の話です。

私は1ヵ月程前からバス釣りを始めました。

妻は生臭いの嫌いと言い、義母は、やってみたいと言うので、2人分の道具を揃えました。

釣場所は家から車で15分位の山中にある溜池で、ちょくちょく義母と行く様になりました。

義母にはいつもミニスカートを履かせ、その姿を楽しんでもいました。

その日は平日で、私が仕事が休みだったので義母を誘い、いつもの池に向かいました。

義母はワンピース姿で、結構短くしゃがむとパンティが見える位でした。

現地に着くと、人影は無く2人で釣っていたんですが、私が草むらの向こうに移動した車が来ました。

車からは若い男性2人が降りてきて、義母に気づくとびっくりした表情を浮かべていました。

(こんな山中の池にミニスカートの女性1人が居れば当然です)

若者が道具を持って辺りをキョロキョロしながら、義母に近寄って来ました。

若者「釣れますか?」

義母「まぁまぁです」

若者「ここ一緒でもいいですか?」

義母「どうぞ」

若者はニタニタしながら釣りの準備を始めました。

少しして、義母の竿に強い反応が・・・義母が巻き上げると、大きいバスが釣れていました。

義母がしゃがんで魚を外していると、「大きいですね」と若者が義母の前へ座りました。

目的は分かりました。義母の前からはパンティが丸見えなんでしょう。若者が義母のワンピースの下をジッと見つめていましたから。

義母「取れない・・・」

若者「取ってあげましょうか?」

義母「お願い」

あっという間に魚を外すと、義母に魚を渡そうとした瞬間、魚を義母のワンピースの中へ入ってしまいました。

義母「えっ・・・ヤダ」

若者「すいません。今取りますから」

咄嗟に義母のワンピースを捲り上げると、太股の上に魚が動いていました。

若者が魚を池に捨てると

若者「すいません。拭きますよ」

義母「お願いします。気持ち悪いね」

若者は、ウェットティッシュで義母の体を拭き始めました。

1人は太股を、そして1人は胸を拭き、何も抵抗しない義母を良いことに、胸を揉み、マンコの方を触り始めていました。

義母は気にする事無く、拭かれていると、男性がパンティの中に指を入れ始め、流石に

義母「ちょっと、何?」

若者「泥が中に・・・」

そう言われ義母も

義母「そうなの?ごめんなさいね。お願いするわ」

若者は一気に火が付き、義母の下着を無理無理ズラシ、触り始めた。

草むらにシートを張ると、義母を座らせ、ワンピースを脱がせ、下着も取ると四つん這いの姿で後ろから拭きはじめた。

ここから何か出て来るな!!!と言いながら、マンコを舐め出し、「汚いから止めて」と言われると、「拭いても取れないから」

と言い舐めるのを止めなかった。

結局、バックから挿入され、中出しされた義母。

マンコから精液を垂らし、またティッシュで拭かれていた。

また、車の音がすると若者は、急いで着替えその場から消えた。

義母は、ワンピースを着るとまた、何事も無かったかのように釣りを始めていた。

私が草むらから出ていくと、「さっき大きいの釣れたんだよ!見せたかったなぁ」と遣られた事は触れない。

私は、義母のワンピースを捲りパンティを下げ、マンコに挿入した。

また、その池には行く予定だ。

あの若者もきっとまた来ると思います。

釣を楽しんでいるのか?義母の恥姿を楽しんでいるのか?分からない私です。

今度、妻も連れて来たいと思っているんですけどね?
サンプル