0444
新郎の友人とのセックス体験談

先日、遠方に住む友人の結婚式に行ってきました。


遠いので泊まりがけ。

宿泊先は新婚ホヤホヤの友人のアパート。

(新婚さんのお邪魔しちゃ悪いかなと思ったんですけど、

是非泊まってって♪と言ってたのでお言葉に甘える事にしました)

約束通り、お泊りすることになったんですけど・・・

なんと新郎の友人(既婚・Aさん)もお泊りだったんです。

サンプル
部屋は2部屋しかないのに。

こんな事ならビジネスホテルに予約を入れたのになと思いつつ、

やむをえないので同じ部屋で寝る事にしました。

夫以外の男性と同じ部屋に寝るなんて・・・

なんとなく気恥ずかしい気持ちだったので、早々に布団に包まり寝たふりをしました。

夜中の2時頃でしょうか、

隣の部屋で新郎新婦が声を殺しながらエッチをしている様子がわかりました。

ただでさえ眠れないのに、

こちらまで興奮して眠れなくなってしまいました。

私はAさんに背を向けて寝てましたが、

寝返るとすぐそこにAさんの顔がありました。

部屋は薄暗かったけど、Aさんが起きているのがわかりました。

ドキッとした瞬間、Aさんが軽く身を起こし私にキスしてきました。

「しよっか?」という言葉に私は素直に頷いていました。

キス→首筋→胸→下半身を丁寧に舐められ・・・

舌使いが上手いので、イク時に声を抑えるので必死でした。

フェラしたときも、Aさんはウッ、ウッと息を殺していました。

そういうAさんを苛めるように、カリのところをチロチロと舐めたりしました。

「入れていい?」と言われたけど、

じらして竿をしごきながらタマタマからお尻の穴にかけてチロチロと舐めて苛めてあげました。(夫にはしたことないのに)

とても気持ち良かったのでしょうか。

「アッ!」Aさんが大きな声で唸っちゃいました。

もう出ちゃうと思ったのか、体制を変え正常位で奥深く挿入されました。

夫よりたくましいAさんの下半身。

グシュグシュグシュグシュ・・・

凄く気持ちよくて、Aさんの腰に合わせて私も腰を打ちつけてました。

はちきれんばかりの物が、膣を熱く広げてきて・・・

「いきそう・・・イク・・イク・・・アァァ!!」

ドクドクドク!

お腹の上に熱い精子がかけられました。

夫とはずっとレスでしたので、あらためて快楽を知ることができました。

それからも隣の部屋からは、絶え間なくエッチをしている声が聞こえました。

私たちも休みながら、飽きることなく朝までセックスし続けました。

翌朝4人で朝食をとりましたが、お互いエッチしたことには触れませんでした。

それからAさんとは連絡先を交換し、また会う約束をしつつ別れました。

やはりみなさんがおっしゃる通り嵌められてしまったみたいです。

今日、友達(新婦)から電話がありました。

電話の内容は・・・カミングアウト(真剣に)。

実は友達夫婦とAさんは前からスワッピングに興味があったようでした。

詳しく聞いてみたら、この3人は3pをする仲。

いつかこの4人でしてみたいって言われたんです。

私なんかはじめて浮気しただけでも、ドキドキしたのに・・・。

Aさんは私とのセックスを赤裸々に友達夫婦に話したそうです。

友達の旦那も私と絡んでみたいと強く言い出してるみたいです。

私は友達(新婦)と一度だけ弾みで高校時代(女子高)に寮で絡んだことがあるんです。

(でもそれ以来、その事に触れる事はタブーだと思い、口にしたことがありませんでした)

もう頭がパンクして電話を切りそうになりました。

今も複雑な心境です。

Aさんからも逢いたいって何度もメールが来ています。

なんだか皆が私の秘密を知ってて、追い詰められた気持ちです。

近々、友人夫婦はAさんを連れてこちらに旅行しに来ると連絡がきました。

自分の気持ちがとても揺れ動いてます。こんな機会は二度とないですから・・・。

本能の赴くままにするのか、キッパリと断るのか。

先日の出来事を思い出すたびに体が疼いて仕方がないのです。

友達は女子高の時の絡みが忘れられなくて、

もう一度だけ絡ませてほしいと電話の向こうで懇願しました。

本当は私も忘れたいと思っていましたが、女性特有の絡みが忘れられないでいます。

優柔不断で意志の弱い私は、この世界に踏み込んでしまいそうです・・・。

でも怖くて怖くて・・・。
サンプル