0582
人妻との浮気セックス体験談

学生時代のバイト先に『風俗大王』の異名を持つ親父がいた。


推定40歳。

小学生の子供がいるバリバリの既婚者だが、無類の好き者なんだこれが。

ソープだヘルスだ性感だと、どんだけ通ってんだよって感じ。

俺も何度か、「帰りにヘルス連れてってやろうか」と誘われたが、薄給のバイトに声を掛けられてもなあ。

というか、浮気したいなら素人女を口説けば済むのに、手間が惜しいのか、わざわざ高い金払って女と遊ぶってのが理解できなかった。

サンプル

そんなある日、職場の人たちと飲みに行った席で、若手社員(♂)が大王に無邪気な質問を投げ掛けたのが事の始まりだ。

「大王さん、そんだけ絶倫だと奥さん身が持たないんじゃないスか?」

『絶倫』と言われて気を良くしたのか、大王が自慢気に語り始める。

「俺ね、仕事とセックスは家庭に持ち込まない主義なの」

うわわっ、いきなり大正時代の親父テンプレ発言。

「古女房相手じゃオチンチン勃たないんだよなー。色気ないし」

その割にしっかり子供作ってるじゃん。

「うちの女房さ、淡泊っつうかセックスがあまり好きじゃないんだよね」

女の草食系?

それとも年食って枯れたのかな。

「したくないのに相手させるのも何だし、これも女房孝行だな」

うーん、ものすごく自分勝手な言い訳の気がする。

「愛情が冷めたわけじゃないけど、身内の感覚になるっていうかさ」

飲み会の席にいた既婚親父には、この意見に賛同する人が多かった。

「まあ、お前も結婚すりゃ分かるよ」

つうか、あんたほど通ってる既婚者も珍しいんじゃね?

「ところで2次会、駅前のピンサロ行かない?」

行きません。

てかその店、こないだ、『地雷踏んだ』って言ってなかったっけ?

心の中で突っ込みながら適当に相槌を打ってたが、まあ女には聞かせられんわな。

男ばかりの職場じゃなきゃ、3日でセクハラ告発されてたと思う。

飲み会から2~3週間後の週末、社内レクリエーションのバーベキューに参加した。

『家族みんなで』という社長の方針で、家族持ちの社員は妻子同伴。

最初は家族で固まってたが、すぐにバラけ、奥さんたちは集まってお喋りを始める。

社長命令で子供の相手をさせられてた俺は、成り行きで奥様グループに入った。

そこで初めて大王の奥さんと会ったんだが、何というか・・・普通の主婦だった。

旦那と同年代の推定アラフォーで、不細工とは言わんが美人ってほどでもない。

強いて言えば自民党の野田聖子と同系列かもしれん。

薄化粧でラフな格好だったせいか、全体的に地味な印象。

中肉&やや小柄で、特にナイスバディーとも思わなかった。

もっとも話した感じは悪くない。

確かに華があるタイプじゃないが、大王が主張するほど色気不足でもないだろう、と正直思った。

女性陣との会話はそれなりに盛り上がり、奥さんたちとメアドを交換してその日はお開きになった。

それからしばらく奥さん連中と普通にメル友してたんだが、ある日、何の気なしに大王嫁に、『今度、飯でも一緒にどうですか?』とメールしてみた。

すると、『昼ならいいよ。バイト休みいつ?』と返信。

そのまま話が進んで、近くのモールで昼飯を食うことになった。

正直、この時点じゃ、大王嫁をどうこうしようなんて考えてなかった。

年上は趣味じゃないし。

食事に誘ったのも社交辞令半分というか、軽い気持ちだった。

ランチに来た大王嫁。

この仮名もどうかと思うんで『聖子さん』にするが、バーベキューの時のジーンズ&薄化粧と打って変わってスカート&しっかりメイク。

だからって急に美人になるわけもないんだが、それなりに化けるから女って不思議だ。

「若い子とデートなんて、オバさんウキウキするわ」と嬉しそうな聖子さん。

飯は今イチだったが話は弾み、俺から見た好感度はさらにアップした。

結局その日は食事の後、買い物に付き合って終わったんだが、翌週になって彼女の方から『ランチでもどう?』とお誘い。

まあ断る理由もない・・・というか、誘われて少しだけ喜ぶ俺がいた。

2回目に行ったのは個室じゃないがテーブル毎に間仕切りがある店で、昼間からワインも出た。

そのせいか少し突っ込んだ会話になって、こっちから聞けなかった大王の風俗通いの愚痴も彼女が切り出してきた。

大王さん、隠してるつもりがバレてんだよー。

当たり前だが、妻としちゃ風俗に通われるのは辛いし、腹も立つ。

ただ、大王が言った通り、聖子さんの方もセックスが苦痛な部分もあって、夫婦間がレスなのも事実だという(年数回のペース)。

だからって風俗通いを認めるのは嫌だし・・・と、彼女なりに悩んでるそうだ。

俺「だったら、夫婦のセックスが楽しくなるように工夫したらどうですか?」

聖子「そんなこと言ったって・・・ねえ?」

本当は倦怠期の中年夫婦に性生活を指南するビデオとか、そっち系のサイトとか探してみたら・・・と、アドバイスするつもりだった。

けど、少し酔った瞳で上目遣いする聖子さんを見て、気が変わったんだよな。

俺「じゃあ・・・研究してみましょうよ。俺、手伝いますから」

途中のやり取りをダラダラ書いても仕方ない。

結論から言えば食事の後、少し回り道してラブホに入ったら、案外すんなりついて来た。

部屋に入って、とりあえず抱き締めてキス。

聖子さんが腕の中で小さく震えてる。

これだけの年齢差・・・てか俺のほぼ2倍の年の相手は初めてだったが、流れからして俺が主導しなきゃならない雰囲気だ。

まず2人でシャワー。

聖子さん、かなり恥ずかしがってたが、脱衣所で舌を絡めながら服を1枚ずつ脱がせると早くも興奮してきたみたい。

ついでに俺も脱がせてもらった。

バーベキューの時は特にナイスバディーでもないと思ったが、実際に脱がせたら、意外とイイねー!ってのが率直な感想だ。

やや小ぶりな胸はBくらいだが、お椀型で悪くない形だし、ふにっとした手触りもグッド。

肌が白くきめ細かいのも俺的には高得点だ。

背後から抱き締め、肩越しに唇を合わせながら乳首を指先で転がすと、聖子さんの口から、「あっ・・・あっ・・・」と声が漏れる。

乳首はすぐ硬く立ってきた。

感度よーし。

片手でオッパイを弄りながら、もう片手は下半身へ移動させた。

どっちかと言えば細身の上半身に比べたら、腰回りはやや肉厚か。

本人は腿の太さを気にしてたが、ムッチリ感は悪くない。

ウエストから尻、脚のラインもグラビアモデルとは違う、“リアルな生活感のあるエロさ”みたいなのを醸し出してる。

泡だらけで抱き合いながら全身を愛撫。

尻の少し上と内股が性感帯らしい。

敏感な乳首を正面からペロペロ舐めながら、指先で性感帯2ヶ所を刺激すると、効果てきめんで悶えるわ悶えるわ。

アソコに指を這わせたら、早くもベトベトに愛液が溢れてた。

濃いめの陰毛をかき分けるように指で弄ると、聖子さんは「イヤ・・・」なんて言いながら自分から股を開く。

指先で微妙な強弱を付けてこねくり回したら、しゃがんだ俺の頭を掴みながら、「ああぁ・・・」と嗚咽を漏らし、包皮に隠れてたクリが顔を出した。

マンを持して指を挿入する。

1本・・・2本・・・そのたび、「あんっ・・・」という声とともに小柄な体に力が入る。

ぬめっとした中は経産婦の割にキツいかも、と思ったのは一瞬だけで、指で掻き回すと結構広くて奥行きもある感じだ。

なのに包み込むような締め付け具合。

別に俺、百戦錬磨のヤリチンじゃないが、それまで経験した女とは少し違う感じだ。

チュバチュバと乳首を吸いながら、片手で尻の性感帯を刺激し、もう片手でアソコを愛撫。

風呂の中だが太股は愛液でベトベトだ。

親指でクリを弄りながら人差し指と中指で膣内を弄ると、奥さん、良い声出しますねえ。

指を奥まで入れて子宮口をつついたら、そのたびに「ううっ・・・ううっ・・・」と下半身を捩らせるのがまたエロ過ぎ。

どうやらクリより奥が感じるらしい。

中派って言ったっけ。

ならばと思って、挿入した2本指の先を軽く曲げて刺激したら・・・ドンピシャ。

指を出し入れして膣の上壁にあるスポットを擦るたび、「あ・・・あ・・・あ・・・」だった喘ぎ声が、「ああ・・・ああ・・・ああ・・・」と激しさを増す。

さらに出し入れの速度を速めたら、しまいには、「あああああーー」と叫んで潮を大噴射。

ピシャ、ピシャって感じで液体を噴き出すと、俺に抱きつくように膝から崩れ落ちた。

風呂場の床に座り込んだ聖子さんの目の前には俺の股間。

この時点で半勃起してたが、聖子さんはトロンとした表情でチンコを手に取ると、躊躇いなく口に含んだ。

フェラのテク自体は大したことないが、ジュポボっと本当に美味しそうに吸い立てる。

チンコへの愛着が感じられる・・・という言い方も変だが、本当に好きなんだなと思った。

誰だよ、彼女がセックス好きじゃないなんて言った奴は。

風呂場でたっぷり盛り上げてから、定番のお姫様だっこでベッドに移動。

布団に転がり込むと聖子さん、俺にしがみついて唇を重ね、舌も挿し込んできた。

よっぽど溜まってたんだな。

今も理解不能なんだが、抱き合ってディープキスしてると、野田聖子風の中年女なのに、顔立ちも体型もやたらエロく魅力的に見えてくる。

特に声が体格の割に低めで、あれで喘がれるとたまらんのよね。

絡みながら、(俺って、オバさん相手でも勃起するんだー)と自分で感心してたが、何割かは彼女の声に興奮したのかもしれない。

風呂場でのフェラでチンコも準備万全だし、ラブホ備え付けのコンドームを装着。

正常位になって見つめ合う。

俺「入れますね」

聖子「うん・・・ちょうだい・・・」

腰を進めてズズズズっと挿入。

ハメる瞬間、両手で顔を覆いながら、「あああぁ・・・ん」とヨガる聖子さんの仕草が最高に可愛かった。

風呂場で指入れした時も広いのか狭いのか分からなかったが、実際にチンコを入れると・・・何これって状態だ。

膣自体は深くて広いんだが、やっぱり締め付けが半端ねえ。

しかも処女とか経験の浅い子にたまにいるキツいって感じじゃなく、柔軟性があるけど膣圧が高いと言ったらいいのかな。

ぬめっとした粘膜がチンコ全体を満遍なく包み込む感じだ。

医学的なことは分からんが、括約筋とかあの辺の筋肉が発達してるのかもしれん。

これはたまんねー、と腰を前後させると、聖子さんも体を反らせて、「ああ・・・そこ・・・いいわぁ・・・」と悶えながら俺の腰に脚を絡めてきた。

俺のチンコ、少し上反り気味でエラも大きめなんだが、張り出した部分が潮吹きスポットに擦れて、そのたび彼女が狂ったように反応する。

もちろん俺も擦れると気持ちイイぃーっ。

互いに一番感じる場所が当たるもんだから、抜き挿しすればするほど気持ち良くなる。

(快感のインフレスパイラルやぁー)

ううっ、いつもより早めに絶頂を迎えそうな予感。

これはマズいと思ったが、俺の意思を無視するように腰の動きは激しさを増す。

聖子さんも、「駄目・・・駄目・・・あっ・・・あっ」と喘いでたが、とうとう、「いやあああぁぁぁー」と絶叫しながら全身をビクンビクンと痙攣させた。

ちなみに、射精モードに入ってから実際に出すまでの往生際の悪さが俺の持ち味。

恍惚状態の聖子さんを強く抱き締めると、腰を打ち付けるペースを上げ、さらに彼女を1回イカせてから俺もゴムの中に放出した。

ムチャクチャ気持ち良かったー。

聖子「すごい・・・死ぬかと思っちゃった」

腕枕の中で聖子さんは呟くと、俺に体をすり寄せてきた。

いい年して何でこんなに可愛らしいのよ。

思わず抱き締めると、彼女も俺の首にしがみついて唇を合わせてくる。

絡まる舌と舌。

何というか情念が感じられるキスで、あっという間に回復して・・・、というか出した後も萎えなかったんだが・・・、そのまま2回戦に突入した。

2回戦は片脚を抱えながらの松葉崩し。

密着度合いが増すし、さっきとは当たる場所が違って、これはこれでたまんねー。

亀頭の先に子宮口が当たると聖子さんが、「うっ・・・うっ」と切ない声を漏らす。

正常位に戻り、ビンビンに立ってる聖子さんの両乳首を激しく刺激しながら腰をグラインドさせたら、「いや・・・いや・・・いやあああぁー」と絶頂に達した。

俺も2発目を放出してぐったりしてると、聖子さんが布団の中に潜り込んでチンコをチロチロ舐めてくる。

おおーっ、股間に血が集まってグググっと頭をもたげる海綿体。

すると彼女が布団からぬっと顔を出して、「しよっ(はぁと)」。

その表情にグッときて一気にフル勃起に回復すると、そのまま3回戦に突入した。

3回戦は後背位だ。

掴み甲斐のある尻肉に興奮して、盛りの付いたオス犬みたいにピストン運動。

松葉崩しとも違う当たり所に快感も急上昇し、ベッドから落ちそうになる聖子さん。

というか実際、最後はベッド脇で立ちバックのままフィニッシュした。

いくら若くても3連戦はキツい・・・と横になってたら、聖子さんが俺の体によじ登るように跨ってチンコをペロペロ。

あんた性欲の化け物ですか。

ねっとりフェラしながら69の体勢に移行し、俺の目の前にはパックリ割れたアソコ。

これは舐めるしかないでしょ・・・と反射的に思う俺もどうかしてるな。

口へ吸い込んだクリを舌先で転がしながら、鼻先で膣口を刺激する俺の得意技に、聖子さんは、「そこ・・・そこ・・・いいぃー」。

喘ぎ声だけでフル勃起に回復する俺のチンコも見上げたもんだ。

彼女は腰の位置を俺の下腹部にまで移動し、背面騎乗位ってのか?自分から挿入した。

聖子「ああっ・・・ああっ・・・ああぁっ・・・」

ヨガリながら激しく腰を振る聖子さん。

陰毛が摩り切れるんじゃないかと思った。

途中で向きを変え普通の騎乗位になると、俺が突き上げるのに合わせ絶妙のリズムで腰をバウンドさせる。

こいつ天才か、それとも熟練の技術か。

最後は俺に覆い被さって唇を重ねながら、2人同時に昇天した。

結局、夕方までかかって俺が出したのは4回。

聖子さんが何回イッたのかは知らんけど、あとで聞いたら、「うーん、全部で15回くらい?」と語尾上げで答えてくれた。

ハメながら当然おかしいと思った。

何が『淡泊でエッチが好きじゃない』だよ?

ムチャクチャ濃厚でスケベじゃねえか!

まったく大王、いい加減なこと言うよな。

しかし考えてみたら聖子さん自身も、「セックスが苦痛」と言ってた。

夫婦間でレスなのも事実らしいし。

どういうことだ?

聖子さんの説明では、こういう事らしい。

精神的不一致な大王のセックスって、とにかく“自分が出したい”が基本。

だから奥さんとする時も、まず横になって、「気持ち良くしてくれ」だそうな。

で、奥さんが頑張って手や口で勃たせるとさっさと挿入。

勝手に腰振って勝手に射精して、「お疲れさん」なんだとか。

そこまで極端じゃないにせよ、少なくとも聖子さんはそう感じてるわけだ。

大王の側に相手を気持ち良くさせようって気がないから、彼女も気持ち良くない。

肉体的不一致な聖子さんの感じるツボはズバリ“中”。

特にGスポットを擦られると潮を噴くし、奥の子宮口をズンズン突かれたら、「腰が壊れそうなくらい気持ち良いの。うふふっ(←思い出し笑い)」だそうな。

突いた俺も気持ち良かったけど。

で、これは物理的にどうしようもない部分もあるんだが、大王のモノ、聖子さんの感じるポイントに当たらないらしい。

長さや太さが足りないのか、チンコの形が彼女のアソコと合わないのか。

「旦那のサイズ?うーん、Aちゃん(俺)の半分くらいかな」と言ってたが。

まあモノが届かないなら指で刺激するとかバイブ使うとか、工夫のしようもあるんだろうが、大王って基本的に“相手を気持ち良くする”という頭がない。

結果的に聖子さんは、俺とハメて初めて本気でイクのを経験したんだとか。

それからしばらくは大変だった。

俺がバイト休みの前日になると聖子さんがメールで誘ってくる。

午前中に待ち合わせ、早めの昼飯を食ってラブホへ直行。

夕方までハメまくった。

さすが人妻というか基礎体温はちゃんと付けてるらしく、危険日以外はナマ外出し。

安全日は中出しすることもあった。

生理中以外は大なり小なり危険なのは承知だが、彼女は中が感じるから、ナマだと快感も二乗なんだよな。

年食ってエロに目覚めた反動か、ホント飽くなき性欲って感じで俺を求めて来る。

体の相性が良いもんだから、俺も誘われるままに付き合った。

1回会えば最低3発はしたし、多い時は週5発した。

我ながらケダモノだったわ。

終いには聖子さんと会うためバイトを休むようになり、さすがにマズいと考えた。

いくら大王でも、嫁がこんだけ浮気してたら気付くだろうし。

2人で話し合って回数を抑えることにしたが、その分1回がさらに濃密になった。

一度、日程をやり繰りして2人で1泊旅行したんだが、夕方から翌朝まで食事を挟んで、家族風呂でも布団の中でもヤリまくった。

途中から数えてないけど10数回はしたと思う。

今のところ、あの夜が俺の人生のバッケンレコードだ。

最後の方は射精感だけで精液はスカスカな感じだったが、それでもフル勃起でヤリきった俺のチンコを終わってから褒めてあげた。

これだけだと、『どんな淫乱女だよ』と思われるかもしれないが、別に聖子さんが特殊ってわけでもないらしい。

実は聖子さんと会う回数を減らしてから、バーベキューの時にメル友になった他の奥さんも何人か誘ってみた。

聖子さんと会うまで10歳以上離れた人とハメたことなかったし、(人妻ってそんなに性欲が強いの?)と思ったわけ。

大王ほどじゃないにせよ、風俗通い常連社員の奥さんに限定。

ある程度は俺の好みも入れて、20代から40代の3人を個別に誘った。

結果、全員あっさり落ちた。

若い子より簡単だったかもしれない。

しかも日頃溜まってるのか、3人ともベッドの中じゃ恐ろしいほど貪欲。

どの奥さんも2回戦、3回戦を求めてくるし、1回会ったら2回目以降は向こうから誘ってきた。

性欲だけなら聖子さんを入れた4人とも、甲乙つけ難いかもしれん。

もちろん聖子さんの締まり具合のことも頭にあった。

(経産婦になるとアソコも良い感じになるの?)と期待してた部分もある。

まあ結論から言えば、聖子さんが特別に名器だったんだが。

でもそれ以外の3人もそれなりに良かったのは事実で、俺が年上にハマるきっかけになったな。

ちなみに念のため、ヤリチン自慢とかそういうんじゃねえぞ。

というかモデルやCAならともかく、主婦を口説き落としても自慢にならんし。

ともあれ夫婦とも性欲旺盛なのに、風俗に通う旦那と、若い男と浮気する嫁。

一見すると何だか物凄く無駄な気もするんだが、このズレがあるから風俗産業が成立して、若い子も経験値が積めるのかもな。 
サンプル