a11122343000937
オナニーを見せつけた露出体験談

銭湯でお姉さんとエッチな体験したどー。


夜遅くに銭湯に行ったら、いつもは2、3人くらいいるのだが、その日はなぜか俺一人だった。

これは好都合だと思い、番台を見たらいつもの30代前半くらいの若妻風のお姉さんだった。

心の中で(どんなもんじゃい!)と、とりあえず言っといた。

なぜ好都合かと言うと、その日は合法完全露出の為に、足に包帯を巻いて銭湯に出勤していたからだ。

サンプル

そのお姉さんはDカップくらいの胸を持っていて、いつも白いTシャツを着ている。

もちろんブラは透けていて、それ見るだけでも勃起してしまいそうなくらい良い体をしている。

風呂に入る前に包帯をしているのでビニールで足を包んで止める。

お姉さんはその行動に興味があったみたいでこっちを見ている模様。

とりあえずその時は包帯を止める作業は面倒ということだけをアピール。

普通に風呂に入った。

銭湯が閉まるのは30分後くらいというのは分かっていたのでとりあえず長湯。

お姉さんが片付けをしているのを見てから風呂をあがった。

風呂をあがったらお姉さんがモップをかけていた。

とりあえず、「ごめんなさいね遅くまで」と声を掛けといた。

「いいえぇ。ごゆっくりどうぞ」って、すっごい笑顔で返答。

その時もチラッと俺のチンポを見たことは見逃さない。

でもまだ興奮には至らず、鏡の前でゆっくりとタオルで体を拭いた。

お姉さんにチンポが見える角度でずっと体を拭いているとお姉さんが話し掛けてきた。

お姉さん「足、どうかしたんですか?」

俺「サッカーで怪我しちゃって」

・・・みたいな会話のキャッチボール。

もちろんその間チンポは開放。

でも半勃起もさせない。

そして着替えの時に俺の作戦を実行した。

お姉さんが近くにいるのを確認し、パンツを穿く感じを出してその場で倒れた。

「いてぇ!」って大袈裟に言ってるとお姉さんが近づいてきて、「大丈夫ですか?」と言ってきた。

起き上がれないのを前面にアピールしてると、お姉さんは俺の体を支えて起こしてくれようとした。

「すみません」と言いながら思いっきり抱きつく。

手はお姉さんのお尻。

スウェットを穿いていたのでパンツのラインまできっちり確認した。

俺はやっとそこで今までの我慢を解放して完全勃起に持っていった。

抱きつきながらも起き上がれないように粘るのは言うまでもない。

俺は顔を思いっきりDカップの胸に擦りつけた。

すっごい柔らかくてマシュマロのようだ。

Tシャツの隙間から胸を覗き込んだら、ピンクのブラに包まれた柔らかそうな胸が目に飛び込んできた。

その時、手は両手でお尻を鷲掴みの状態。

さすがにやり過ぎかなとも思ったけど、お姉さんは俺が倒れてる事に必死の模様。

でもお姉さんは俺の勃起にその時やっと気づいたようだ。

お姉さん「あっ」

その声に俺もすぐさま反応。

俺「ごめんなさい。こんな時に」

とりあえず抱きつきながらもその返答は考えていた。

でもそんな事よりも、今、お姉さんは俺の勃起チンポをまじまじと見ている。

その状態に最高に興奮した。

さすがに返答に困っている感じ。

でも俺はパンティラインに添えた両手を離すつもりはない。

ちょっと泣きそうな感じをアピールしつつも心の中はドキドキしていた。

俺はちょっと童顔のため、可愛い感じをアピールすればどうにかなるかと思ったら、それが少しうまくいったようだった。

お姉さん「若い子は元気ねぇ」

(実際はあなたと5つくらいしかかわらんよ)

心の中でそう叫びながらも、「ほんとすみません」と言っといた。

その後やっとの思い出立ち上がらせてもらい(足は怪我してないが)、椅子に座るとこまで抱きついていた。

お尻はかなりの柔らかさで20代ではないかというくらいの張りがあった。

パンティは“ローライズ用の腰の低いもの”だと手探りで確認できるくらい思いっきり触らせてもらった。

さっきのお姉さんの発言からそこまで嫌悪感を持っていないと勝手に思い込み、「すみません。かなり辛いので穿かせてもらってもいいですか?」と、ちょっと挑戦してみた。

そしたらなんと軽い感じで、「いいよぉ」って言ってくれた!

その会話してる最中も椅子に座りながら、80度くらい上を向いている俺のズル剥けチンポをお姉さんはじっくりと見ていた。

お姉さんも仕事が終わってお客さんが誰も居ないせいか、「そんな元気で羨ましいw」とか冗談で言えるくらいの雰囲気に。

「お姉さんのせいですよw」とか俺も笑いながら返してると、「嬉しい」とかすっごい笑顔で返してくれた。

そしてとうとうパンツを穿かせてくれる事に。

お姉さんが俺の前で片膝をついて足からパンツを穿かせてくれる。

その時の俺のチンポとお姉さんの距離50cm。

上からお姉さんの胸を覗き込む。

胸の谷間がすごくてピンクブラからかなり溢れていた。

そして膝上まで穿かせてもらい、俺は最後まで穿くために立ち上がった。

その時、わざとヨロヨロっとしてお姉さんの胸に倒れこみ、右手で思いっきり左胸を鷲掴み。

お姉さん「あら大丈夫?」

こんなことしても心配してくれるお姉さんを神だと思った。

胸は見た目以上に大きく柔らかい。

で、最後の締めに、ゆっくり足をかばうふりをしながら立ち上がり、俺の我慢汁の出た勃起チンポをお姉さんの顔に少し触れるくらいの感じで立ち上がった。

「ほんとありがとうございます」と言ったら、「私の旦那にも少しわけてあげて」とすっごい笑顔で言われた。

もう興奮はMAX。

「ちょっとトイレ借ります」と言って、すぐ目の前のトイレに入った。

ドアを半開きにさせ、お姉さんを至近距離で見ながら思いっきりチンポをしごいた。

お姉さんがこっちを向いた時は顔を扉で隠して、チンポだけ見えるようにしながらしごく。

もしかしたら俺のオナを見てくれたかもしれない。

3分ほどして、お姉さんのスウェット腰のお尻を見ながら、さっきのパンティの感触の中、俺は果てた。

トイレから出た後もオナ直後のチンポをお姉さんと会話しながらじっくり見せ、「また来ます。お姉さん、ご迷惑かけました」と言い残し銭湯を後にした。

トイレ出た後のチンポを見てお姉さんが言った、「すっきりした?」の一言をリフレインさせながら、コーヒー牛乳を片手に家路に就いた。 
サンプル