20
元クラスメイトに口内射精した体験談

オレがまだ高校生だった頃、人見知りだったせいで高校入学してなかなか雰囲気に馴染めなかった。


そのおかげで孤立し、はぶられてる状態が2年くらい続いてた。

で、3年になってクラスメイトに恵まれ男友達は増えた。

でも元々女と男が仲いい感じではなかったクラスではないので、女とはあまり仲良くなることはなかった。

むしろクラスの中心的な可愛い子のグループにはキモがられていた。

サンプル
正直ムカついていたし屈辱的だった。

しかしそんなクラスでも卒業すると妙に人恋しくなるのか、大学の長い休みの度に集まってクラス会的な飲み会をするようになった。

その過程でオレは自分を出すことができて、オレをキモがっていた女の子たちともそこそこ仲良くなった。

そんなこんなで例の女の子のグループの中でも一番可愛い子と二人で飲むことになったわけです。

何回かドタキャンされてて、やっぱオレのこと嫌いなのかとも思っていたので、今日ちゃんと来ることになって内心既にガッツポーズを取っていた。

ムカついてた相手でも今は分かり合えてるし、なにより可愛いのでそれだけで嬉しかった。

敢えて例えると山本梓系の猫顔(以降は『梓』と呼びます)。

夕方合流して飲み屋へ。

昔のことを話しつつ飲む飲む。

結構飲んだせいで酒も回り気付くと梓の終電は終わっていた。

オレは気を利かせたフリをして、「じゃあカラオケでもいこっか」とカラオケへ。

カラオケでは歌も歌わずに話してて、オレはさりげなく梓に近づいていった。

それで、さも当たり前のように肩を抱いた瞬間、(今日はイケる)と確信した。

下らないことを話しつつ腰に手を回す。

全く抵抗なし。

むしろ体を預けてきてる!

話しながらさりげなくおっぱいに手を当てても何も言わない。

キタ━━━━(゜∀゜)━━━━!!!!と心の中では大騒ぎだったけど、あくまで平静を装う。

最初はただ触れている状態だったのから、しっかりと揉み始める。

相手が何も反応しないので、本当におっぱいを揉んでいるのか疑いたくなったほどだ。

でも感触はどう考えてもおっぱい!

しかもDカップ以上は確実にある巨乳。

もう絶対イケると踏んだオレはキスをした。

すると梓はキスを返すだけでなく舌を絡めてくる。

梓はモテるし、結構遊んでる子ではある。

遊んでるだけあって空気も読んでて、一気に気分が盛り上がってきているのがわかる。

それからは両手で巨乳を揉みしだいたり、乳首を舐めたり、そこそこやりたい放題させてもらった。

あっちも耳を舐めてきたりしてエロい。

我慢できなくなったオレはマンコに侵攻し始めた。

だがそこからは、「そこはダメだってー!」となかなか抵抗する。

一進一退の攻防が続いたが、ここで強引にいくのもポリシーに反するし、彼氏もいる子なのでちょっと撤退。

仕方ないので手コキあるいはフェラ作戦に変更。

マンコがダメなだけでおっぱいはOKだったんで、乳首を責めてるとガンガン感じている。

あっちもズボンの上からチンコを触ってきたりして、7割くらいの勃ち具合になっていた。

「こんだけ勃たせたんだからここでやめるのはなしでしょーw」って感じで梓を追い詰める。

ここからまた一進一退の攻防が続いた。

チンコを見せたい&触らせたいオレと、友達であるオレとのそういう行為&彼氏がいるという彼女とのせめぎあいの結果、梓は自分から口を滑らせ、「30秒だけフェラしたら許してくれる?」と愚かな発言をしてしまう。

内心バカめ!と思いながら、「うん、じゃあ30秒で許す!すぐイクかもしれないしw」と誘導する。

が、ここまできてまた彼女は、「やっぱ指舐めるだけでいいでしょー?」と言い、オレが返答する前にオレの指をベロベロと舐め始めた。

舌使いのうまさもさることながら、上目遣いがエロい。

こいつはホントにツボがわかってるとちょっと驚いたくらい。

「ダメだって!マジで30秒だけでいいから!!」と、とりあえずフェラさせるように仕向ける。

1回咥えさせればこっちのもんだとはわかってた。

するとしぶしぶな感じを出しつつもフェラを始める梓。

それが上手いのなんの。

風俗は行ったことないから比較できないけど、視覚的にはAV女優並のフェラだった。

まずチンコの周りをベロベロ舐める。

なかなか咥えてはくれなかった。

その間にもう120%のギンギンMAXになったオレのチンコ。

すると、ゆっくりと咥えたかと思うと頭を上下に動かしつつ舌も使うっていう初体験のテクがもうヤバかった。

AVでは何度も見てたけど、そこまでできる彼女と付き合ったことはなかったから。

ジュポジュポいわせながら咥えてたかと思うと周り舐めも絡ませてきて、こいつ今まで何人のチンコを咥えてやってきたんだよと正直思った。

しかし最も大きな感情は、高校時代にオレをキモがって馬鹿にしてた女が(しかも学年でもトップクラスに可愛い)、セックスを避けるためだけにフェラチオしているというシチュエーション。

とりあえずオレのチンコをイカせて冷静にさせようと、半ば無理矢理にフェラさせられている状況に内心は(勝ったー!)と狂喜乱舞でした。

が、そんなテクに長時間耐える自信もなく、かと言ってタイミングを逃がしたらイケなくなりそうで、とりあえず梓のフェラに集中してるとイキそうになってきた。

でもオレはそれを伝えず、梓が夢中でフェラしているのをいいことに、口に咥えているところに思いっきり出してやった。

しかも逃げられないように頭を押さえつけといたw

梓は口で精液を受け止めるしかない状態。

だけど、特に抵抗する感じでもなく、従順に口内発射させられてる梓もエロかったなw

温かい口の中にドクドク出してる時は、飲みとカラオケで飛んだ2万とか安いもんだと思った。

出した後はオレはスッキリしてもうどうでもよくなってた。

だけど梓は口に精液溜めながら飲めないという必死のアピールをするもんだから、「トイレ行って来れば」とアドバイス。

急いでトイレに行く梓。

ここで満足してしまったオレだったが、なんだったらトイレまでついて行って、精液を口から出すところも見ればよかったと今は後悔・・・orz

ただ遊んでる子なので、あっち的にはそれほど重大なことをしてるという意識は薄くて、しかも結局セックスは回避できたんだから、梓的には自分の勝ちだと思ってたかもしれないけど。

ま、しかし、今日は人生で何番目かに入るエロい日だったのは確か。 
サンプル