pic-0212001556
すぐにおしっこをしたがる彼女とのエロ体験談

スペック。


俺29歳、フツメン、営業マン。


彼女28歳、チビ、スーパー店員。


付き合って8ヶ月。


2ヶ月くらいの時に、お風呂で抱っこしながら(騎乗位みたいな格好、挿入無し)で、ふざけておしっこしてきたのが始まりの始まり。


今思うと、ふざけたフリした彼女なりのカミングアウトだったかも。


スカ願望は無かったし、爽健美茶みたいな匂いはちょっとアレだったけど、なんせ初めてのシチュでかなり興奮。


彼女も上気気味に顔を赤くしてた。


その時のチューがいつもよりも強かった感じ。


その後、洗って普通にセックス。


その日は終わり。


で、次に会った時に、またセックスの流れになるんだけど、手マン手コキしたりしてイチャイチャしてる時に、彼女が「こないだ興奮した?」って聞いてきた。


で、俺は、(あ、おしっこの事だ)って判ったけど、わざとわからないフリしてとぼけた。


「ん?何が?」

「俺君に抱っこしてもらいながらおしっこした事!」

彼女、何か半泣きみたいな声。


自分で言葉にしたら余計に興奮してきたみたい。


「おしっこってエロいよね」

ちなみに彼女は良く『エロい』って言う。


セックスの事は『エロ』って言うんだけど、これ普通なのかな?

「俺君、私のおしっこ飲みたい?」

俺はクンニの体勢になって、「飲むよ~!今すぐして~!」って言ったら、「絶対やだもんね~!」とか言うのよ。


訳わからん。


で、まぁそっから挿入したんだけど、彼女が途中で「ねぇ、止めて」って言うんだ。


で、抜こうとしたら「抜いちゃだめ、一番奥まで入れたまま止めて」って言うから、言われるように奥にグッと押し当てた状態で止めた。


ちなみに体位は正常位。


そしたら彼女、自分の足を抱えて半分マングリ返しみたいな状態にしてきた。


彼女の陰唇が強く押し当てられてぞわぞわしてくる。


たまらなくなって前後に動かすと、彼女は「動かしちゃダメ」って言いながら、こないだみたいに顔を赤くして「ねぇ、このままおしっこしていい?」って言ってきた。


(ちょい待て。

ここは俺のベッド)


・・・と、彼女は抱えた腿越しにクリトリスを自分でコリコリしてるう~!

「していい?していい?あぁ出ちゃうよっ」

彼女は両手を俺の背中に廻して思いっきり密着させ、果てた。


(出した?)

上向きで密着してたから、おしっこは二人の陰部を濡らした後、ほとんどは彼女の身体を伝ってシーツに落ちた。


でもおしっこが陰毛の辺りにシャーって当たってスゴイ熱くて、俺も興奮してぐわ~ってピストンしたら、おしっこでヌルヌルしなくて俺も彼女もちょっと「イタタ」ってなった。


サンプル
そっからはギシアンで、俺も果てて2人で賢者タイム。


「うわ、これ困るわ」って言ったら、「えへへ」って笑ってた。


洗濯した後、一緒にコインランドリーに行って乾燥してきた。


その途中とか乾燥待ちの時とか、何回も「困るぅ?」「嫌い?」って聞いてきたから、その度に「すっげぇエロいよ。

でも困る」って答えて、その度に彼女が「え~、でもさ」って会話がループしてた。


アパートに帰ってから、またセックスが始まった。


「今度はお漏らししないでね」って言ったら、「だめぇ?」ってワザとらしい甘ったれた声で言ってくるから2人でふふふって笑ってた。


でも彼女は本気だった。


乾燥機にかけたフワフワの汗取りマットの上にシーツを広げ、俺らはまた始めた訳さ。


俺は先に全裸になって横たわってて、彼女はスカートだけ脱いでブラウスは着たままボタンを全部外した状態でフェラしてもらってた。


俺の大好きなシチュね。


お揃いのパンティとブラが可愛い。


水色テカテカ素材。


そこはコットンだろ!と思ったけどまぁいいか。


そしたら彼女、フェラしながら自分で触ってるんだよ、クリトリスをパンティの上から。


で、激しいベロンチューされた後、俺のチンポの上くらいで膝立ちして・・・。


「俺君、私を見ながら自分でして」

彼女はパンティの中に手を入れてさっきより大きく動かしてる。


俺もたまんなくなって自分で扱き始めた。


気持ち良くなってきたから「入れていい?」って聞いたら「最後まで自分でして」って言うんだよ。


「イクときちゃんと教えてね」って言うからだんだんイキそうになってきた感じを刻一刻声で伝えた。


で、自分でも恥ずかしいくらいに「あぁ、出ちゃう、出ちゃうっ」って言ったら彼女、両手で自分のおっぱいをぐぅと鷲掴みにして「あぁ」って言った途端に、僕を跨いでいるパンティからおしっこが溢れてきた。


おしっこは、彼女の右太腿を伝って膝まで滴り落ちるのと、そのままクロッチを通り越して真っ直ぐ落ちてくる流れと、二つに分かれた。


そして真っ直ぐ落ちてきた流れは俺のチンポにヒタヒタと当たって、どうにもたまらない快感が走って俺は自分の腹に射精した。


彼女も泣きそうな顔をしながらイッた。


で、二度目のコインランドリーに行った訳なんだけど・・・。


その前に、二度目にイッた後、ビショビショになったパンティを穿いたままの彼女から色々話を聞いた。


お漏らしをしながらオナニーするのが好きな事、飲んだりウンコとかスカトロじゃないと思う、とか。


俺君とそういう変態なプレイをしたいって思ってる事。


お漏らしを見られたい。


で、自分の変態性癖のルーツは中学校の朝礼でお漏らしして、すごく恥ずかしい気持ちの中に変な気持ちが存在してる事に気付いたらしい。


そんな話を聞いて、彼女と一緒にお漏らしの道を極めたいと思った。


しかし毎回布団は困るなぁ。


でも彼女曰く、「風呂じゃ興奮しない」「服や下着を着けた状態でお漏らししたい」そうです。


なのでここは一つ、彼女専用の“お漏らし装置”を工作しようと決意したのです。


出来上がるまでは大人用オムツが大活躍した。


日曜日の子供が行き交う公園で、仕事後の閑静な住宅街で、俺の家のまん前で・・・。


毎回共通する事は、顔が紅潮し、繋いでいた手が痛い程強く握られ、内股でモジモジし、何より一番燃えたのは決壊の寸前に「ごめんなさい」と涙目&涙声でこぼすところだ。


『SMのSはサービスのS』とはよく言ったもので、もっといじめてやろうという気分になってくる・・・。


初期の俺とは大違いだ。


「あーあ、我慢できなかったんだ?恥ずかしいねぇ、みんな見てるよ、いけない子だってみんな思ってるだろうね」

・・・などと口撃してあげると、繋いでないほうの手が今にもクリトリスを触りそうになるので阻止する。


「いやらしい、おそそだけじゃ飽き足らずオナニーまで始めるんだ、変態だね」

ヘブン状態とはこの事を言うんだろうなぁって顔をしている彼女を見て、ガチガチに勃起している自分に気付く。


(これはいい、早く完成させなくては・・・)

それからは寝ても覚めても彼女をどう辱めるかばかり考える日々だった。


ここからは工作の話なのであんまりエロくないかも。


まず着手したのはマーケティングです。


手始めに体験談やら読者企画で、お漏らしの心理を理解するところから始めました。


まずは羞恥心です。


家の中でのプレイだけ考えてたので、色々手の込んだ工作をして行く事になるのですが、リアリティって意味ではオムツをして外出は強烈ですね。


リアル感っていうか本物じゃないですか。


彼女の理想は着衣立ちお漏らしです。


一番最初はビニールシートを用意しました。


ホームセンターで切り売りしてるテーブルクロス用のです。


びちゃびちゃ跳びはねるので、あまり役に立たず掃除が大変でした。


次にそれを二枚テープで繋げて広くしました。


しかしビニールだけだと“お漏らし→エロ”の流れに上手く乗れず、途中で意気消沈してしまいます。


で、安い汗取りマットを買って、お漏らしプレイ専用にする事にしました。


床にビニールを敷いて汗取りマットを敷いてその上でプレイです。


しばらくそれで楽しみました。


しばらくして着衣に凝り出しました。


厚手のジーンズや清楚なワンピースをしまむらで買ってきました。


流れを変えたのは、ドンキホーテで買ってきた体操服とブルマでした。


彼女の原体験は学校の朝礼です。


彼女は朝礼で味わったあの恥ずかしい気持ちをもう一度体験したいと言いました。


僕は部屋の中で朝礼を再現する事にしました。


まずは近所の少年スポーツ大会の開会式を延々とビデオに撮影し、編集ソフトでエンドレスの朝礼ビデオを作りました。


次にPCにサウンドボードを増設し、5.1chサラウンド環境を作りました。


電車の中や会社の中で、ひそひそ話をボイスレコーダーを使って録音しまくりました。


で、DigiOnAudioってソフトを使って5.1chサラウンドのひそひそ話音源を作りました。


そして最後に地面です。


食品工場の前に落ちてた大きなクリーム色の浅い箱を拾ってきたので、その中に砂を入れます。


濡れると色が変わらないとシミが出来ないので、砂を吟味しました。


グラウンドと同じ硬さの土は山砂です。


箱の中に敷いて一度水を掛けます。


翌日には乾いて固まります。


乾いた所へ水を垂らすと見事な跡が出来上がります。


これで僕の準備は整いました。


彼女はこの日だけは靴下と靴を用意してきました。


白い月星ってメーカーの運動靴と、ふくらはぎまでの白いハイソックスでした。


膝までじゃないんだ、とちょっと思いましたがまぁいいか。


服は当時のセーラー服!

当時ピザだったらしくまだ着れました、何とか。


何かと厳しくも何とか準備完了。


彼女には地面箱の上に立ってもらい朝礼の開始です。


プロジェクターで開会式のビデオを流します。


延々と退屈な話が続く・・・。


彼女がモゾモゾし出した。


気を付けの姿勢だからおしっこは全て脚を伝わるはず。


彼女はスカートの上から股間を押さえつける。


本当の朝礼だったらあれは我慢する為の行動に違いないだろうが、今の彼女は間違いなく性的快感を得るために下腹部を押さえつけてるんだろう。


ついに限界に達した彼女、足元にジワジワシミが広がってきた。


ここで僕はPCを操作、5.1chサラウンドでひそひそ話を流します。


ひそひそ話は「ヤダぁ」とか「ははは」とか「汚い」とか、後ろで言われると傷付くキーワードのボリュームを大きくしてます。


突然自分の周りでひそひそ話が始まり、最初は少し驚いたみたいですが、すぐに世界に入っていっちゃいました。


ここからはちょっとホラーです。


おもむろに彼女は座り込んでしまいました。


何故か立ちひざで、歩き出そうかどうしようか迷ってる様に見えました。


よく見ると、彼女は一人でブツブツ言ってます。


朝礼ビデオも流れてるし、余り良く聞き取れなかったんですが・・・。


「先生、彼女ちゃんがおしっこしましたあ、ははぁ」

「きったねえなぁ彼女ぉ」

「中学生にもなってお漏らししちゃいました」

たぶんこんな感じ。


全部彼女が一人でブツブツ言ってるんです、立ち膝で。


帰ってきそうになかったので、僕は映像を止めて彼女を呼びました。


そしたら彼女、「あっ」って感じで立ち上がり「おしっこ出ちゃった」と言ってスカートをたくし上げ、下着の中に手を入れて息を荒げ始めました。


下着は白い厚手の生地でできた女児用パンツでした。


へその下くらいにゴムがある大きさです。


彼女は今日の為に新しい下着まで用意してました。


その為なのか、僕の作った舞台装置の為なのか、挙動不審になった彼女はとっても怖かったです。


まぁそんな事がありましたが、目の前で昔ながらの地味で質素な女子中学生がお漏らししてオナニーしてるシチュに我を忘れ、僕も激しいオナニーをして彼女と共に果てました。


しかしまぁ半年もこんな事模索してやってきたけど、正直飽きるんよ。


俺はいつも見てオナニーしてるだけだしね。


この先はどうするかってと、実は願望が俺に芽生えた。


女装して可愛いパンツ穿いた俺に浣腸して欲しいんだ。


で、パンツの中に思い切り出したいんだなぁ。


彼女は「ウンコ?きたない!」って感じ。


いや、言い訳じゃないんだけど、男はおしっこお漏らししても気持ちよくなくない?ってか勃起すると出ないんだよ。


その点女はいいよ。


「ああぁん」とか言って気持ち良さそう。


どう思います? 
サンプル