7
高校生の男の子にナンパされた時のエロ体験談

私は今まで肉体関係のあった人は、年上か同年代が圧倒的に多くて、年下だとしても精々一歳位で年下の感覚がない人ばかりでした。


その私が、唯一と言って良い程の年下の男の子にナンパされた話です。


結婚し、投稿カメラマンさんとの体験もした後での事で、久し振りに東京に出て町で買い物をしてた時です。


昔は良くナンパされたのになあ…等と寂しく想いながら歩いていたら、私に向かって声を掛けてきた男の子がいました。


まだ高校生の気の弱そうな大人しい男の子でした。


カメラを片手に写真を撮らせて欲しいとの事でした。


投稿雑誌のカメラマンとの体験をした後だったので、Hな写真を撮りたいんだというのは分かりましたし、私に余裕もありました。


10歳位年下の高校生で大人しそうな男の子だというのも、私に余裕を与えたんだと思います。


話を聞いてあげていると、私の誘導もあって、友達数人と、競い合ってるのだと告白し、その子より活発で慣れてる子がいて、勝てそうもない等も聞き出しました。


採点方法は、相手の女性のレベルと、どこまでHな写真が撮れるかでした。


モデルのレベルは変えようがないけど、Hの度合いなら、私次第で協力してあげようかと言うと、驚きながらも嬉しそうに笑う顔が可愛くて、私もその気になってしまいました。


まずは人気の少ない場所でパンチラとか撮らせてましたが、これでは勝てないだろうなと思い、聞いてみると、確かにパンチラでは勝てないだろうと思うと言いました。


「何なら勝てる?」と聞くと、その日によって友達の誰もが成功するとは限らないからパンチラでも勝てるかもしれないけど、前に見せて貰った中にはハメ撮りまであったから、絶対に勝つには…ということでした。


付け足すように、モデルの質では勝つから、同じ事でも勝つと思うと、下手なお世辞まで言いました。


それで気を良くした訳ではないんですが、なんとかこの子を勝たせたいと思いました。


今まで私が付き合い、身体の関係が出来た相手の殆どは年上か同年代で、常に相手のリードに従い身を任せてばかりいましたが、結婚もし、様々な経験を積み、

10歳前後も年下の、おそらくまだ童貞と思われる(実際にそうでした)大人しそうな高校生の男の子には、自分がリード出来る自信が湧いてきて、その初めての体験に興奮していました。



サンプル
パンチラや胸チラ以上の事は野外では限界だったので、私は勝ちたいなら続きはホテルに行きましょうと誘いました。


男の子は、遠慮勝ちにでしたが、喜んで同意しました。


近くのラブホに入り、形ばかりの名目に撮影をしました。


私が一枚ずつ脱いでいくのを何枚かと、シャワーを浴びている姿を。


そして、ハメ撮りをするのに、練習を…と、カメラを置いて、私達は一つになりました。


その子は、私が手や口で助けを出すまでもなく、限界までに大きくなり、準備万端でしたので、私の中に入るのに、少し誘導してあげるだけで済みました。


私は、とりあえず、男の子の自由にさせ、未熟ながらも荒々しく激しい愛撫と凌辱に身を委ねました。


多分、ほんの数十秒で私の中に欲望のエキスを放出しましたが、満足したみたいでした。


そのまま身体を重ねたまま、休憩しながら、私は話しかけました。


最初から、迷わずにちゃんと中に入れられ、動きも途絶える事なく、中に射精出来た事を褒め自信を持たせました。


そして、もう一人前の男になったから次は慌てる必要はないから、じっくり女の身体とセックスを楽しみなさい、とアドバイスしました。


すると、まだ良いの?好きな事して良いの?と遠慮勝ちに聞いてきたので、好きな様に私を弄んで良いし、好きな様に犯して良いわよ、私を感じさせようとか、満足させようとか思わなくて良いから、自分の欲望を満たす事だけに集中すれば良いよと言いました。


それで彼は、私の身体を弄び始めました。


執拗に、おっばいを揉み、乳首を摘み、舐め、しゃぶりました。


まだ子供っぽさが残っているからか、初めての女体への好奇心からか、乳房への執着が強く、私も唯一といって良い自慢出来る箇所でしたので、好きなだけ弄びばせていました。


そしてキスを求めてきたので、印象に残るファーストキスをと思い、恋人以上に熱烈なキスを交わし、舌を絡め合いながら、乳房を弄ばれていました。


そして、性器に指を這わせてきて、弄び、挿入し、私が教えたクリトリスを嬲り、覗き込み、舌を這わせ、しゃぶりました。


それにかなりの時間が費やされ、私の予想を越える執拗さで弄ばれ続けました。


私に余裕がなくなりつつあり、快感に身悶え始めてから、やっと私を犯しに来ました。


様々な体位を試すように犯しました。


私も積極的に体位を教えたりもしましたが、次第に彼のリードに身を任せるだけになりました。


飽きる事なく私の身体を弄び、犯す彼に、私はいつしか年上でリードする事を忘れ、愛撫に身を委ね、嬲りに身悶え、凌辱に翻弄されるようになり、

自分を感じさせる必要はないと言ったのに、彼が二度目の放出をする前に、私が絶頂に達してしまいました。


技巧的には未熟でしたし、私の言葉通り、私の快感を気にしての愛撫でもなく、単に自分の性的好奇心と欲望を満たすだけの嬲りと凌辱でした。


でも、若さに任せた圧倒的な精力と体力に押し潰され、一途とも言える直線的な凌辱に新鮮さを感じ、私の中でのスイッチが入ってしまったようでした。


ベッドでぐったりと横たわる私を尻目に、あの子はまだまだ余裕で、シャワーを浴びて来て、カメラを手にして戻ってきました。


私の身体は堪能し尽くしたから本題の撮影にかかったのです。


最初の頃の遠慮がなくなり、私の身体をバチバチと余す所なく撮り、おっぱいを鷲掴みにして嬲ってる所や、性器を指で広げて撮ったりした後、私の中に入ってきました。


二度、私の中に放出したのに、彼の物は猛々しく怒張し、絶頂に達したばかりで敏感になってる私の身体を責め、身悶えする私の姿を撮りました。


前から、後ろから、横から、下から、上から…様々に体位を変えられながらハメ撮りされてるうちに、私の二度目の絶頂が近づいてきました。


目ざとく、それに気付いた彼は撮影を辞め、私の反応を楽しみ始めました。


激しく突き上げ、身悶えさせたかと思うと、一転して、緩慢な動きで焦らすようにして喘がせたり…

それを延々繰り返されて、どうにもならなくなった私が、腰を振り、求め始めると、ますます自信を持ち始めたのか、自分の動き一つで、女を…

それも年上の性体験が豊富なはずの人妻を翻弄してる事に驚きよりも、優越感のような加虐性を感じたらしく、大人しそうな最初の印象から一転して、私が過去に多く出会ったS性の男の顔に変わったように感じました。


私を絶頂寸前まで責め、ビタリと止まり、焦らすように緩慢に動く…

これを繰り返されて私は頭が真っ白になり、理性も見栄も誇りをなくし、高校生の男の子に懇願するまでにされてしまいました。


イカせて欲しい、お願い焦らさないで、もっと、ああ、辞めないで…

私の惨めで恥知らずな言葉を引き出し、散々嬲り抜いた後に、次に会う約束をさせられて、それでも散々焦らされ、嬲られ、翻弄されて、私はその日まで童貞だった年下の高校生に征服されて、やっと私は失神しそうな程の絶頂に達しました。


私が達しても、彼はイカず、ぐったりとしている私を貫いて犯したまま、好き放題に延々と弄び続けた後、私にフェラ奉仕を要求し、三回目の放出は私の口の中に出しました。


彼は、フェラがかなり気に入ったらしく、その後休憩し、私がシャワーを浴びてる時にも入って来て、私の身体を弄んでから、フェラをさせました。


どこで覚えてきたのかパイズリまで要求し、私は彼の前に跪ずき奉仕をさせられました。


最初の予定というか、漠然とした構想では、私が色々リードし、セックスのあれこれを教えてやる…といったつもりだったのに、いつの間にか立場が逆転していて、いつものパターンのように、私は相手の言いなりに弄ばれ犯されるMの本性がでてしまっていました。


10歳も年下の童貞の高校生の男の子に、最初の日から屈服させられてしまう事に、被虐感で私は異様な程の興奮と快感を感じてしまっていました。


それから改めて撮影が再開されました。


私のリードではなく、彼の指示に従い、脱ぎ、ポーズを取らされ、恥ずかしい屈辱的なポーズとアングルで、彼に弄ばれながらの撮影でした。


オナニーさせられ、性器のアップや、フェラさせられてる姿や、犯されてる結合部、お尻の穴まで丸見えで、屈辱的にお尻を突き出して四つん這いで犯される姿など。


これで絶対に勝てるよ、ありがとう。

と子供らしい爽やかな笑顔で言う彼は、私を俯せにして背後から私を貫いて激しく容赦なく犯しながらでした。


何度射精しても、すぐに快復して私を犯し始める彼に、恐怖感さえ感じる程でした。


ホテルに入ってから既に5時間を裕に越えてました。


三度目の延長をせずにラブホを出ましたが、その前に私は彼に、次に会う約束の念押しをされました。


ちょっと躊躇した私を屈曲位で犯し責め、携帯番号とアドレスの交換と、会う約束の確約を誓うまで責め抜かれました。


時間が迫っていた事もありますが、休みなく犯され続けて屈服させられた私に強い抵抗力は残っておらず、

更に決め手は、

「僕が勝ったか、どうか知りたいでしょ。

圧勝だと思うんだよね。

他の奴らの感想や様子なんかも教えてあげるよ」


という言葉でした。


他の男の子達が、どんな風に感じるか、その様子を知りたい、そんな気持ちが私を支配しました。


翌週に会う約束をしましたが、勝敗と簡単な報告はメールで貰う事にして私達は別れました。


別れる寸前まで、私は身体を弄ばれ続けでした。


ホテルの中では服を着始めても乳房を弄ぶ手を離さず、外に出てからも腰に廻された手で、お尻を撫でられたり、人目を避けて乳房にも手を伸ばされました。


別れ際、ホームの柱の影でキスをされながら、胸元から手を差し込まれて、乳房を嬲られました。
サンプル