0533
薬局にスキンを買いに行った時のエロ体験談

大学時代の話。


その時なんとなく付き合っていた女(フリーター・19歳・金髪)が、一週間ぶりに部屋に来ることになったのだが、コンドームが切れていたことに気づき、慌てていつもの近所の薬局に駆け込んだ。


店に入るといつもいるハゲオヤジではなく、なにやら気怠いお姉さんが白衣を着て座っている。


どことなく飯島直子に似ているような感じだ。


普段なら・・・。


「おっさん、いつものください」

「学生、もうなくなったのか?勉強しろよ。

このサイズは、あんたの為に仕入れてんだから、店変えんなよ。

ヒヒヒ」


・・・みたいなトークを楽しんでいたのだが、この女の人相手に買わなきゃいかんのか・・・。


「あの」

「いらっしゃいませ」

軽く笑ったら、結構美人だ。


全くお洒落してないし、いい加減なセーターだけど、服の上からも分かる巨乳もかなりいい感じ。


アップにした髪も、俺の彼女にはない色気がある。


ただ、どちらかというとギャル好きで、AVでも熟女モノも人妻モノも借りたことのない俺は、とにかくあと数十分でやってくるフリーターのことで頭が一杯。


恥ずかしがっているヒマはない。


「・・・スキン下さい・・」

女性は表情1つ変えず、「サイズやメーカーで、何か決めてらっしゃいます?」と聞いてきたので、恥ずかしのを我慢して・・・。


「いつも買ってるんですけど、その、メガビッグ◯―イ、って奴を・・・」

女性は全く動じることなく、「あ、聞いてますよ、△大学の◯◯さんでしょ」と言いながら、カウンターの下の棚からゾウの絵の書いた箱を取り出した。


(ハゲオヤジ・・・何話してんだよ・・・)

ともあれ、コンドームをゲットした安心感から、「あの、おじさんどっか行ってるんすか?」と聞くと、「夫婦でアフリカ旅行に行っちゃって。

久しぶりに店番頼まれたんだけど、こんな店、その間は閉めちゃえばいいのにねー」と言いながら、ゾウの絵の描いた箱を裏返して値段を確認していた。


「あ、でもこのサイズってなかなかないんすよ」と言いながら金を出すと、その女性は少し笑いながら、「このサイズ買う人、初めて見た」と言ってお釣りを渡してくれた。


フリーターは、2泊3日俺の部屋に泊まってった。


12個入りを使い果たしてしまったわけだが、帰るとき、「◯◯頑張りすぎー、歩くと痛いんだけど」と言いながら出て行った。


備えあれば憂いなしと思い、彼女が出て行った日の夕方、学校からの帰り道に薬局に寄った。



サンプル
(オヤジいてくれ!)と思ったが、まだあの女性が座っていた。


「あら、いらっしゃい」と言う彼女に、まだ少し恥ずかしかったが・・・。


俺「すんません、またあれ下さい」

彼女「えー!!もう使っちゃったの?」

俺「すんません・・・」

彼女「少しは勉強しなよー」

俺「すんません」

彼女「どうせ文系でしょ、△大、単位楽らしいもんね」

そう言いながら、また新しい箱をカウンターの下から取り出して渡してくれた。


その間に少し話すと、彼女はおやじの娘さんで、結婚して別の街に住んでいたが、離婚して帰ってきたとのこと。


おやじさんは、「じゃあ店番やっとけ」と言い残して夢だったアフリカ旅行に出かけたらしい。


全く気合いの入っていない格好だが、やっぱりワンピースの上からでも巨乳が目立つ。


するとお姉さんは、「もう閉めちゃおっと」と言いながら立ち上がった。


俺が、「じゃあ」と帰りかけると、「また彼女来てるの?」と聞いてきたので、「来てないす」と答えた。


「じゃあ、少し暇潰しに付き合ってよ、どうぜヒマなんでしょ?」

急に馴れ馴れしく話し掛けてきたので、「いいんすか?」と言ってそのまま中に上がった。


まだ外は明るいが、いきなりビールが出てきた。


白衣を脱いでエプロンをつけたお姉さんが、台所で適当に摘みを作ってくれた。


妙にざっくばらんとした人で、年上が苦手な俺もビールを飲んで調子が出てきて、彼女のことなどべらべら話してしまった。


俺「離婚しちゃったんですか?」

彼女「したした。

もう、無理」


俺「お子さんはいないんすか?」

彼女「いたら別れてないかも。

それに・・・」


彼女はビールをぐびっと飲みながら、「子供ができるようなこと、だいぶしてないもんねー」と笑った。


出てきたもん食いながら何となく話していると、「旦那がキャバクラでお金使いすぎ」とか、「父さんは2週間帰ってこないから、私も家に帰らない」とか、「結婚して3年で、めっきりあれが減った」とか、ぽんぽん話してくれる。


アホな俺でも、さすがに少し興奮してきた。


・・・が、10歳近く上の女性と話すのに慣れていないので、うまく言葉が出てこない。


「俺だったら、そんなことないんすけどねー」とベタベタなことを言ってしまった。


床にぺったり座ったお姉さんは、「そりゃ彼女19なら何回でもねー」と、俺が見たことのない大人な顔で少し笑った。


「お姉さん相手でも、何回でも」と言いかけて、「あ、すいません」と慌てて黙ると、「ほんとに?」と箸の先っぽを舐める。


俺がちゃぶ台の下で手を握ると、少し汗ばんだ手で握り返してきた。


彼女「こっちにいた時に付き合ってた人と似てるんだよねー」

急にお姉さんは「お風呂お風呂」と立ち上がった。


「父さんお風呂だけは気合い入れて作ったから、広いよー」と言い、浴室に向った。


(おいおい、これやべえんじゃね?)と俺は思ったが、彼女と全く違うエロさを持つお姉さんのペースから逃げられないし、逃げる気ももうなかった。


二人で洗面所で裸になった。


「この年にしては結構なもんでしょ」とお姉さんは恥ずかしがる気配もない。


俺が、えいやっとブリーフを脱ぐと、びよんとでかくなったモノがへそに張り付いた。


「すごーい、すごーい」とお姉さんは喜んだ。


「これ19の子には可哀想だよー」と言いながら、軽く握る。


じっとりと汗ばんだ手が気持ちいい。


「そりゃ“メガ”だねえ・・・」

風呂場で椅子に座らされた俺は、お姉さんの手で体中を洗われた。


風俗・年上未体験、経験人数2人で、年下の高校生とフリーターのみの俺には、あまりにも刺激的だ。


後ろから抱きつかれ、モノを丁寧に洗われると、思わず声を出した。


「元気!元気!!」

お姉さんの胸が俺の背中に当たる。


言われるまま立ち上がると、お姉さんは洗面器で俺のモノについた泡を流して、何も言わず先を咥え始めた。


彼女のフェラは、正直歯が当たって痛かったり、すぐやめちゃったりであまり気持ちよくなかったのだが、お姉さんは凄い。


括れを丁寧に舐めながら、玉をさわさわしつつ、時々顔を歪めながら真ん中まで頬張る。


これは凄い。


太ももに置いた手のひらの感触も、なんかたまらん。


お姉さんがゆっくり頭を振り始めてから10数秒後、やべえ、と思った瞬間止めれずにお口の中にどばどば発射してしまった。


「!!・・ん・・・」

お姉さんは一瞬顔をしかめたが、そのまま俺を見上げて最後の一絞りまで口で受けると、ゆっくり口を離し、手のひらに全部出した。


彼女「ちょっとーー」

俺「す、すいません・・・止めれなくて・・・」

彼女「いいんだけどね。

準備しないと飲めないでしょー」と言いながら、シャワーで口をゆすぐ。


「もしかして早い?」

そう言われたので、俺は少しムキになって・・・。


俺「いつもは違うんす、俺の彼女、口であんまりしてくんないし、それに・・・」

彼女「いいっていいって」

そう言いながら、お姉さんは浴槽に脚を広げて座り、「私にもしてよ」と恐ろしく色っぽい目をしながら俺に言った。


汚名返上と思い、俺は普段あまりしないクンニを頑張った。


時々お姉さんが俺の顔を掴み、気持ちいいポイントに誘導した。


汗を流したばかりなのに2人とも汗まみれになってきた。


10分以上舐めると、お姉さんは時々かすれた声で悲鳴をあげた。


「ああもういいや」

そう言って、お姉さんは浴槽に両手をつき、白くて丸いお尻を俺の方に突き出した。


俺「あの、ゴム」

彼女「大丈夫・・・」

俺も再びたまらん状態になっていたので、お姉さんの括れた腰を掴んで一気に腰を突き出した。


「あ、おっきいーーー!」

その声に気分がよくなり、俺は必死で腰を振った。


「すご、いよ、◯◯君、いい・・・おっきいー!」

俺はどんどんピッチをあげて、彼女とでは考えられない速さで限界に達した。


「いいよ、そのまま」と言うので、お言葉に甘えて、お姉さんの奥にたっぷりと出した。


その後、部屋に戻り、ベッドでお姉さんの身体を朝までしゃぶりつくした。


何度出しても、お姉さんが指と口と巨乳を使って立たしてくれた。


限界を迎えると、お姉さんの白い太ももが俺の腰を挟み、気持ちよさにかまけてそのまま出してみた。


その日からおじさんが帰ってくるまで2週間、俺とお姉さんはほぼ毎日やりまくった。


彼女からの連絡を無視していたら、電話もさっぱり来なくなった。


口にも胸の間にも、もちろんあそこの中に、お姉さんの絶妙な動きに流されるまま、どんどん発射した。


で、その時お姉さんは妊娠してしまい、法律の手続きをした後、俺は20歳で、30歳の妻と一人の娘を持つことになった。


大学を出た後、薬学部に入学し直し、卒業後はおじさんの跡継ぎに決まっている。


「にいちゃん、油断も隙もないな」と今は義父となったハゲオヤジは笑ったが、すぐに引退して趣味の旅行に生きる毎日だ。


子供が2歳になって、お姉さん、いや奥さんはまた夜におねだりするようになった。


俺が経験したことのない、さまざまなテクニックがどんどん出てくるので、2人目が出来るまでそれほどかからないだろう。
サンプル