5
友達とヤってた彼女を振った時のエロ体験談

よくあるパターンで申し訳ないけど、仕事から帰ったら彼女が友達とヤッてたんだ。


それを見た時、正直ドン引きした。


とりあえず部屋の電気を点けて、手に持ってた買い物袋を下ろして2人に言った。


オレ「お前らなぁ・・・人んちでセックスやるなよ。

外でやれや」


2人「(呆然としつつ)・・・ごめん」

オレ「謝らなくていいから早く服着て出てって。

凄く腹空いてるからご飯食べたいんだよ」


彼女「・・・怒らないの?」

オレ「うん。

外で思う存分やってなさい」


2人を部屋から出した後、何度か彼女から電話がきた。



サンプル
なんか色々言ってたけど相手にしないで別れを切り出した。


そしたら向こうも割りとサバサバした感じで応じて、あとは世間話的な事して終わった。


次の日に元カノの荷物を郵送して全部終わった。


・・・と思ってた。


ある日の夜中、室内から変な音が聞こえて目を覚ました。


エアコンか??と思ってリモコンを探そうとしたら、部屋に誰か居ることに気付いた。


想像付くだろうけど、元カノだったよ。


ビックリしすぎて正直チビリそうだった。


オレ「◯◯さん・・・何してるのさ」

元カノ「(泣きながら)・・・どうして怒らないの?」

オレ「え・・・だから別れようって言ったじゃない」

元カノ「怒ってくれないから、ちゃんと謝る事も出来ないんだもん・・・」

オレ「別に謝る必要はないよ。

それより鍵返してくれ。

もうすぐ引っ越すからさ」


元カノ「そんなのヒドいよ・・・。

納得出来ない・・・」


何を言ってもずっとそれの繰り返し。


結局朝までかかったけど、何とか鍵を取り返すことが出来た。


そして元カノの家まで送ってった。


その日は一睡も出来なかった・・・。


しかし、それでは終わらず、その日から毎夜玄関先でシクシク泣く元カノ。


しばらくして近所から苦情があって、本当に引っ越すハメになった。


引越し当日にも来たので、元カノを撒くために色んな所をグルグルと回った。


今でこそ笑い話だけど、当時は本当に怖かった。
サンプル