0024
ギャルの
ヤ◯ルトレディとホテルに行った時のエロ体験談

会社に毎週月曜と木曜にヤ◯ルトレディが来るんだけど、かなり若くて金髪のギャルなんだ。


佐々木希を少しぽっちゃりとさせて巨乳にした感じで、すごい可愛い子だから、前のレディの時は全く買いもしなかったんだけど、変わってからは毎回毎回買うようになった。


で、世間話とかも少しずつするようになって、住んでいる地域や22歳って事とか色々分かってきた。


そのうち、「おっぱい大きいね」とか軽い下ネタとかも話せるようになってきて、お互いに結婚しているので、17時以降は絶対にメールをしないって約束でアドレスの交換をしてもらう事ができた。


翌日から早速メールのやり取りが始まった。


1日に2~3回程度のメールだったが、色々とプライベートな事が分かってきた。


もちろん会社に来る時は商品を買ってあげるし、今まで通り接して、他の社員にはメールをしているのを気付かれないようにした。


で、2週間ほど経った時のメールで電話番号も教えてもらえた。


メールと同じく、「5時以降は旦那に見つかるとマズいから」と、昼間のみ電話でも話すようになった。


かなり時間を掛け、俺への警戒心も無くなってきた頃、会社と希の自宅からは少し離れた隣町の喫茶店で、希の仕事終わりに2週間に1回ほど会うようになった。


俺は仕事中になるのだが、事務職と営業職を兼任してるような仕事なので外に出るのは容易い事だった。


そんな事を繰り返す事4ヶ月、希がレディを辞める事になった。


俺は希とヤル事の為だけにここまで頑張ってきたのに、急に辞める発言をされて正直ショックを受けた。


希には、それなりに時間もお金も掛けたわけだから、このまま何もなしで放流するつもりはなかった。


どうせ辞めるんだし、会う事もなくなるわけだからと、思い切ってホテルに誘ってみた。


そしたら意外にも簡単にホテルに連れ込む事ができた。


今までの苦労は何だったのか?

いや、今までの苦労のおかげだったのかもしれないが・・・。


ホテルに入り、時間もないのですぐにシャワーを浴びに行かせた。


5分程して俺もバスルームに突撃した。


「きゃっ」

小さな声を出して胸を隠したのだが、乳輪が隠れきれておらず、薄茶色の可愛い乳輪に思わず勃起してしまった。


「ごめん、我慢できなくて」

そう言い訳をし、思いっきり抱きついた。


「あ、あの・・・その・・・、アレがすごく硬くて当たってます・・・」

「当ててるんだよ。

希の裸が美しすぎて、いつもより硬くなってるんだよ」


体を離し、胸を隠している腕をゆっくりと外す。



サンプル
巨乳の割に小さな乳輪に小さな乳首。


「こんな綺麗なおっぱい、今までに見た事ないよ」

また、胸を隠そうとする。


「隠さないで、しっかり見せて。

こんな綺麗なんだから自信を持って見せて欲しいな」


「だって恥ずかしいから・・・」

「俺のアソコが証明してるでしょ。

さっきすごく硬かったでしょ?」


「う、うん・・・」

「こんなに綺麗なんだから、恥ずかしがらなくてもいいよ」

「だって初めてだし・・・」

「初めてだからこそ、俺はしっかり見たいんだよ」

希に言ったのは嘘でも何でもなく、本当に綺麗な胸をしていた。


本能なのか吸い付きたくなった。


両手で希の両腕を下におろし、しゃぶりついた。


匂いでバレるのを恐れてか、ボディソープの匂いはせず、少ししょっぱい味がした。


夢中で吸い付いていると、希の手が動き出す。


希の手が俺のアソコを触ってきた。


乳首を責められた事でエロモードに入ったのか、もう諦めたのか、その行動は予想していなかっただけに、ビクっとして後ろに腰を引いてしまった。


「触っちゃダメでした?」

「いや、むしろ嬉しいけど、急だったからビックリしちゃって」

「そっか、次は私が責める番でしょ?」

「あ、ぁあ、お願いします」

手コキをされるのかと思いきや、頼んでもいないフェラをしてきた。


エッチに慣れてるのか、旦那とのエッチのパターンなのか、希との前戯は今までエッチしてきた女とは違い、少し調子が狂った。


というか、完全に希のペースになっていた。


積極的になった希は、裏筋を舐めながら俺の乳首を指で転がしてくる。


俺も希の胸を触りたかったが、しゃがんでいる希の胸に手が届かなかった。


なので一度フェラをやめてもらい、簡単に体を拭いてベッドへと移動した。


ベッドに座りフェラを再開してもらうのだが、やはり胸が揉みづらい。


そこでシックスナインへ持ち込んだのだが、ここで初めて見る希のまんこが俺好みじゃない事に気付く。


しかも臭い。


何の為にシャワーを浴びに行ったのか・・・。


だがその時の俺は、可愛い顔と臭まんこのギャップに萌えていた。


先ほどの行為により、お互いの性器は十分に濡れている。


今まで避妊をほとんどした事が無かったから、何も考えずに生で挿れたら怒られた。


「あ、ゴメン」と謝り、備え付けのゴムを付け、再び挿入をする。


この女、可愛い顔してヤリマンだったのか、まんこがかなり緩い。


その上、ほとんど付けた事もないゴムをしているせいもあり、全く気持ちよくない。


ガバガバまんこにゴム付き挿入じゃ、射精なんて出来やしない。


だけど、俺はこの日の為に一生懸命、時間とお金を掛けてきた。


射精せずに終わるのは悔しすぎる。


そのプレッシャーが余計に射精感を遠のける。


顔は普通に可愛いし巨乳でもあるのに、まんこが緩いだけでこんなに違うものなのか?

自問自答をしながらも腰を振り続ける。


そんな事を考えながら、無我夢中で腰を振り続けていたら・・・。


「あっ、イク、イク、だめ、だめ」

希が喘いでいるのに気付かなかった。


希だけイカせるのは腑に落ちないので、動きを止めた。


『えっ?』って感じで、希が見つめてくる。


「だめ、だめって言われたから」

「だめじゃないよ、気持ちよくて・・・」

「そっか、ごめんね。

だけど、今度は希が上になって」


「うん、分かった」

騎乗位で希に腰を振ってもらう。


これがかなり気持ちいい。


この女、やり慣れてるし、やはりヤリマンだとこの時、確信した。


腰の動かし方が半端なく上手い。


自分のGスポットにも、うまくちんこを当てているようで、正常位の時より一段と喘ぎ声がデカい。


5分程、腰を振ってもらったところで、太ももの異変に気付く。


何か濡れているのが分かった。


希が自分で腰を振りながら、潮を吹いたようだ。


「もしかして、潮吹いた?」

「ゴメンなさい。

気持ちよくて・・・」


「どこが気持ちいいの?」

「奥が・・・奥まで届いて気持ちいいの・・・」

『まんこが気持ちいい』と言って欲しかったのだが、まぁいいか。


希は簡単にホテルに付いてきたし、この腰の振り方といいやり慣れてるし、かなりのエッチ好きなんだなと思った。


これは1回きりで捨てるのは勿体ない。


正常位は気持ちよくないけど、騎乗位なら十分遊べる女だ。


下から、今度は俺が突き上げながら、希に今後もエッチできるかを聞いてみる。


「希、希とのエッチ気持ちよすぎるよ」

「私も気持ちいいよ」

「ほんと?じゃあ、今度また時間ある時にゆっくりできる?」

「んー、旦那にバレるとまずいから・・・」

何言ってんだ、このヤリマンビッチが!

「大丈夫だよ。

そんな簡単にバレるわけないよ」


「でもー・・・」

腰の動きを止める。


「気持ちよくなりたくないの?」

「なりたいけど・・・」って、希が腰を振り始めた。


焦らしテクの意味なし。


希は本当にやり慣れている。


必死で動きを止める。


俺がまた下から突き上げる。


希がまた喘ぎだす。


「これがイイんだろ?この気持ちよさがイイんだろ?」

「うん、これ。

これ気持ちいい・・・」


「今度は、もっと長く気持ちよくなりたいだろ?時間ある時いっぱい気持ちよくなりたいだろ?」

「うん、うん・・・」

「来週の木曜日は空いてる?」

「分かんない。

けど、必ず空ける・・・」


交渉成立したところで、一気にスパートをかける。


でもやっぱり出ないから、希に振ってもらう。


これが本当に気持ちいい。


程なくして希がまた潮を吹き、その後イッた。


俺もその直後にイッた。


来週の約束をブッチされるのも嫌だから、免許証を見せてもらい写真を撮った。


これで希の住所は分かった。


「ブッチしたら分かっているよね?」と少々脅しを入れておく。


が、この時にハメ撮りすれば良かったと気付く。


その方が簡単に脅せたのになと、少々後悔。


まんこは緩いが、この希の裸の写真なら自慰行為でも十分気持ちいいだろうになと、更に後悔。


とりあえず、その日は時間もないのでピロートークもせず、ホテルを後にしました。


<後日談>

約束の日、希はちゃんと来ました。


そしてエッチもしました。


写真も撮りました。


今では月に1度程度欲情し合う、セフレ関係です。


お互いに結婚しているので、不倫や浮気と言った類ですが・・・。


<追記>

その後、うちの会社に来るヤ◯ルトレディは何人か入れ替わり、最近来るようになった子が、希とはタイプは全く違う、大人しくて少し歳も取っている感じの子ですが、顔は整っているし美人系の子なので、うまい事できないかと作戦を実行しているところであります。


が、下ネタ系は愛想笑いで流されるので、まだまだ先は長そうです。
サンプル