0034
会社の同僚の嫁とセックスした時のエロ体験談

俺の同僚の『祐次』が、10歳も若い嫁『祐美』をもらった。


俺達3人は元々同じ会社だったんで、(課は違ってたけど)顔見知りだったし、たま~に飲みにも行く仲だった。


ある時、最初は俺達3人も含め他大勢で飲んでて、別グループに分かれ2次会に行ったら、祐美が俺と同じグループの2次会に来ており、祐次は別グループで飲んでいるとの事。

いい時間にもなってきたので、2次会はお開きに。

ところが、祐美がなかなか帰ろうとしない。

俺と祐次夫婦の家は同じ方向だったので一緒に帰ってたんだが、話をしているうちにどうやら喧嘩している最中との事。



通りで別行動するわけだ。


“もう1軒行きたい”なんて言われたけど、時間も遅いし明日も仕事だったから、「仲直りして寝ろ、仲直りできなかったら次回愚痴聞いてやる」って約束して、その日は帰らせた。


数日後、祐美から「この前の約束果たして欲しい、一緒に飲みに行こう」とメールが来た。


どうやら、まだ仲直りしていないようだった。


祐次が職場の連中と飲みに行く日がヒマだから、同じ日に行く事に。

この時はぜ~んぜんスケベな事考えていなかったんですけど。

ところが2人で飲んでいると、普段はダンナの目もあってハジケタ飲みをしないような祐美が、みょ~に慣れ慣れしい口調で、ボディタッチまでしてくる。

そんな状態で飲みながら話しているうち、話題は夜の生活の方に。


俺は先に結婚してたんで、「こんな風に飲んでばっかだから、ほとんどレスだ」なんて喋ったら、祐美も「付き合ってる時は、たま~にあったけど、結婚してからほとんどレス!いつヤったか憶えてないし」と。


まぁこれが喧嘩の原因ではないとの事だが。


店を出た帰り道、祐美が「岡部(俺)さんてさぁ、浮気した事ある?奥さん怖くてできないでしょう」なんて言うんで、「お前こそ、できねぇくせして」なんて言いながらジャレ合ってたら、道端に祐美が座り込んでしまった。


「おい、帰るぞ~」などと言ってもシカト。


顔覗き込んでたら「怖くないよぉ、試してもいいよ」って言うんで、そのままキスしてしまった俺達。



サンプル
「キスしちゃったね・・・これからどうする?」って祐美。


「ラブホ行けるほど度胸ねぇだろ?」って言い返してやった。


祐美は「岡部さんこそ行けないくせに。

私は大丈夫だよ、試す?」って言うんで、祐次には悪いが、祐美を頂く事にした。


近くのラブホをケータイで検索し、平日だったためか部屋は結構空いてたんで、祐美に好きな部屋を選ばせた。


部屋に入り、今度は堂々(?)とキス。

ぴちゃぴちゃとお互いの舌を吸い、レロレロと絡ませてみたり。

上着とブラを取り、オッパイを揉みながら耳や首筋を舐め上げる頃には祐美はハァハァと荒い息遣い。

乳首もピンとなり、摘まんだり擦りあげてやったら、ビクンビクンと反応する祐美。

乳首弄りしながら舌を絡ませたら、先程以上に激しく絡ませようとする祐美の舌。

そのままベッドに寝かせ、今度はビンビンになった祐美の乳首を舐めたり、噛んだり。

祐美のオッパイは小さいが、感度は抜群だった。


上体を反らし、尖った乳首をオッパイごと揉みあげてやった。


「うぅ・・・ん、はぁ、はぁ、あぁ~」と悶える。


腰を浮かせる頃合いにズボンを脱がせ祐美をパンツ1枚に。

俺もパンツ1枚になり、抱き合って祐美の抱き心地を確かめる。

なかなかいいじゃんよ。


お尻を撫でたりしたが、焦ってパンツは脱がせない。

背中に舌を這わせたら祐美はお尻をモゾモゾとあげる。

うつ伏せだった祐美が四つん這いになったところで、下にもぐってオッパイを下から揉みながら乳首を吸ってやった。

祐美はすかさず抱きついてキスを求め、舌を絡ませてきた。

その間、俺の手は祐美のお尻を鷲掴み状態。


今度は俺が上になり、再び愛撫開始!
指先や脇の下、ヘソ、上半身はすべて舌で遊んでやったところで、パンツに手をかけ、少しだけずらしマン毛を愛撫。

足を開かせ、オマンコのワレメに沿ってパンツの上から撫でてみた。

生暖かくピチャピチャ音がする。


手をパンツに入れようとしたら、「ダメ・・・シャワーしてから」って言うんで、俺はお風呂の準備。


お湯が溜まるまで、オッパイ舐めまくってました。


「一緒に風呂入ろうよ」って言ったら、「明るいから恥ずかしいし、家でもダンナとなんか一緒に入んないし」って言うんで、「エッチな事したかったんでしょ?」ってからかった。


「あんまり見ないでよぉ・・・先行ってて、後から入るから」と祐美。


軽くシャワーしてたら、祐美のシルエット。

バスタオルを巻いたまま立ってたんで、「こっちおいで」ってバスタオルを剥いでやったら、「恥ずかしいから、あんまり見ないでぇ」って抱きついてキスのおねだり。

シャワー浴びながら、オッパイを揉み、敏感な乳首を舐め上げる。

いよいよ露わになった祐美のオマンコを指でなぞる。

びちゃびちゃだった・・・。


「ヌルヌルじゃん」って言ったら、「シャワーのせいだよ、違ぅ・・・」なんて反論してましたが、指でなぞられクリを撫でられた時には「い・・いゃ、あっ、あん、あん、やぁっ~ん」てな具合。


一緒にお風呂に入り、後ろから祐美を抱きかかえる。

後ろを振り向かせ、キスをして舌をレロレロと絡ませながら、乳首をコリコリ、オマンコ指入れの3点責め。


「風呂の中でもヌルヌルしてるけど、濡れてんだよね?」って聞いたら、「あん、あっ、あっ、ちょ・・っと背中に何か当たってるんですけどぉ」って誤魔化します。


「そぉ?これかな~」なんて言いながら、俺は風呂から立ち上がり、祐美の前にオチンチンを差し出して見せました。


「ちょっと~いきなり何?」って困惑する祐美に「おっきくして」ってフェラを要求。


「えぇ・・・もぅ、エッチなんだから」と言いつつ、チュっと先っちょにキスしたと思ったら、そのまま咥え始めました。


俺のお尻に手を回し、吸い出すようなフェラ、裏スジやカリ首に舌を万遍なく這わせてきます。


「気持ちいいィ・・・もっと舐めてよ」って俺はバスタブの角に座り、片足上げて祐美にまた舐めさせました。


「ビンビンだね・・・先っちょ濡れてますけど?」って、オチンチン舐めたり、玉袋に舌を這わせる祐美。


今度は俺が「お礼に気持ち良くしてやるよ」って攻守交代。

同じ格好で祐美を座らせ、オマンコを拡げて穴に舌を突っ込んだり、クリを剥いて舐めたりしてあげた。


「やぁぁ・・・ん、見ないでぇ、ダメっ・・・アッ、アッ、やぁっ、やぁ・・んん」って言いながら、たっぷりとマン汁を出してくれました。


祐美のエロいオマンコは吸っても吸っても、マン汁出し続けました。

ベッドではこれ以上に凄い事になろうとは、この時は思っておりませんでした。

風呂場中にじゅるじゅるとマン汁を吸う音と、祐美の喘ぎ声が響いて何ともエロかったです。


スケベ椅子に祐美を座らせ、オマンコやアナルは祐美のマン汁を石鹸代わりにして「自分の汁だから無害だぞ、もっと出せよ」と言いつつ洗ってあげたり、マットでは祐美が体にボディソープつけて、ソープ嬢のように洗ってくれました。


シャワーから出て、お互いの体を拭き合い、オチンチンは祐美の口でフェラ拭きしてもらいました。

もちろん俺も祐美のオマンコをクンニで。

そう、立舐めというやつです。

逆フェラみたいな感じか?

両手で祐美のオマンコを拡げ、舌全体でオマンコや露出したクリを掃除してやりました。


「やぁぁっ・・エッチ・・・あぁ~~ん、いいぃ・・・いやぁぁ・・んん」と喘ぐ喘ぐ。


ガクっとベッドに倒れ込んで、はぁはぁと息を荒くしてました。


俺もそのままベッドへ。

再び舌を絡ませてキスしながら祐美に自分の汁を舐めさせました。

続いて俺の舌は祐美のオッパイや乳首を舐め転がしました。


祐美の手を俺のオチンチンに誘導し「気持ちよくして」と手コキさせました。

もちろん俺の手は祐美のオマンコに。


祐美の手はサオを握ったかと思えば、指でカリを摘んだりクルクルしたり、シゴいて先っちょからガマン汁を出させられました。

祐美のオマンコはグチョグチョになっており、俺の指が1本・・・2本と吸い込まれていきます。


二人で喘ぎながら、「祐美、汁でヌルヌルだね」って言葉責めしたら、「岡部汁だって凄いょ~やだぁ~なんか出てるよ。

気持ちいい?」って反撃してきます。

サンプル