05_20160402021035a68s
元彼女とカーセックスした時のエロ体験談

去年の夏に、前に付き合っていた彼女と1年振りに電車でばったり出食わした。


トントンと肩を叩かれ、少しビビりつつ横を見やると、「久しぶり」と前カノのはにかんだ笑顔。

キョドリながらも、「おう」と返すのがやっとで、顔もまともに見れずに、横に並んで吊革に捕まること数秒・・・。


「・・・どうしたの」と顔を覗き込んでくるので、「いや、いや、久しぶりやなあ」と今更テンション挙げてみる。

不信な顔をしつつ「元気だったかな」と今度は前を見て彼女。


「こっちはまあ、そっちは?」
「職場変わったけど、それ以外は変わりないかな」
「そっか、お互いに辞めちまったわけか」

「俺君が辞めてから半年位で」
「・・・ああ、結婚したもんな」
「うん、そのメール振りだもんね」

そんなわけで、理恵には1年前に振られて、その直後に丁度職場を変えてしまったので、振られてから音信不通。

半年前に、結婚しますよメールが来てそれっきりだった。



サンプル
ちょっと、半年で結婚しちまうなんてのは、驚きとショックだったけど、今は俺も彼女いてるし、よい思い出ってことにしとく。

話したいことは、なんか沢山あるけど、お互いに変な雰囲気で無言。


ちらっと理恵を横目で見てしまう。

相変わらずデカい胸に目が行くのは、俺がおっぱい星人であるが故なのか・・・否規格外の胸だから自然と行くんだよきっと・・・。


髪は、ショートだったのが、セミロングになっていて、後ろで一本に縛っているのがポイント高い。

つうかピンクのポロシャツ、ジーンズ生地のタイトスカートっぽいのに、生足かよ!・・・と、前の彼女をそんな目で見ている自分に自己嫌悪。


「うん?」と急に理恵が横向いて目が合う。

不純な自分を見透かされた感じが(笑)すいませんでしたーと言いたい気持ちを抑えつつ微妙な会話を続けた。


「で、楽しい」
「何が?」
「しょ、職場だよ、うん」
と何故だか、結婚の話は聞きたくない。

「あっ、うん、楽しいかな」

そんな感じで、笑顔で話しを展開していくわけですよ、電車の揺れが大きいときは、つい目が胸の揺れにいきつつも、話しを聞き、頷き、笑う。


自分の知らない1年間があって、そこには、旦那さんもいて・・・その合間にも、揺れは続くわけですが(笑)それでも、話していくうちに、段々とこっちのキョドリ具合もなくなってきて、普通に話しができていることに、安心したりする。


次の駅で降りる俺としては、このまま会話してたい気持ちもあるけど、そんな都合のよい展開になるわけでもなく、そのままさよなら。

控えめに手を振る彼女を見送る。


悔しいから、巨乳系のエロDVDでも借りてやるかと、ツタヤへGO、たくさんの女の子の中から30分程吟味してる最中に、メール着信。


理恵からで、久しぶりで楽しかったよとか何とか・・・メールなら勢いある自分に苦笑しながら、こっちも、変わってなかったのが嬉しいとか、ノリノリで返して、何回かやり取りして終了。


次の日に、すっきりと活躍してくれた、DVDを夜に返却すべく、車を飛ばしていると、また着信。

花火大会に友達何人かでいっている様子。

これでもかってくらいに写メが来る。

だから酔っ払いへ、俺じゃなくて旦那に遅れやーと入れてやった。


「旦那は、ダメだー、出張ー」

旦那出張、新妻、巨乳

おおうっなんてこったい。


でも、小心な自分は気を付けて帰れよと素っ気ないメール。

その後、ぱったりと止まるメールに、今日も借りるしかないかと悩む俺様。

30分吟味して帰宅、車に向かう際に、今度は恵理から電話が入る。


「はい、はーい」とテンション高めな理恵の声、続けて「すいません、理恵潰れてんだけど・・・」と理恵じゃない方より入電した。


「どなた様?」
「あれ、旦那じゃないじゃん・・・」
おいおいと思いつつも
「こっち、車なんで、出しますよ、理恵の家も知っていますし」
何か、若干電話の向こうで揉めてるような
「じゃあ、お願いします、ところで御名前は」
とやり取りして、アッシーくんになる。


で、実際に着くと、理恵は復活している様子で「ごめんね、酔っ払いで」と謝り、「すいません」と友達の方も謝る。

まあ、次いでだからと2人を送る。

後部座席の2人は醉っているからか、少しテンション高め。


友達さんを送って、理恵を送る。

途中で、自販で水分買ってやると、ちゃっかり助手席に。

ミニスカートって目に毒やった。


「まさか、立て続けに会うとはねー」
「いや、これは、偶然じゃなくある意味必然じゃね」
「いやいや、運命かもよ」
「はいはい」

なんてアホなやり取りしながら、走る。

シートベルトが素敵な感じになっているのを横目確認しつつって、何か軟らかさが半端ねー感じになってるが・・・。


「恵理さん、つかぬ事を御聴きしますが」
「はい?」
「ブラしとります?」
「おっ流石ですね、今日は」
「今日は」
「熱いから、パットだけです」と胸を張る。

「・・・おお、ナ、ナイスな」
「つか、こんなん気付くの俺君だけだよ」

いやいや、流石にGカップやし分るんじゃねと思いつつもとクールに「まあ、俺様にかかればな」と言い切った。

そうしたら「まあ、おっぱい好きだもんね、俺君は」という。


これはまさかの展開かー、もしかしてだけど~と思いつつも、無言になる2人。

(ヘタれな自分に乾杯)そのまま新居はしらんので理恵の実家に着く。

しばし無言で待ってると、シートベルトを外す音。


すると「キスする?」と理恵から突然の一言。

少し躊躇するも、目を瞑りこっちを向く理恵にキスする。

触れ合うだけの軽いもの。

目が開いて、もう一回、今度は激しく。


下を向くと、Tシャツの下のGカップの胸と、ミニスカから出る生足に、下着が見えそうなめくれ具合にクラクラしつつ。

胸に手を「あん・・・何か恥ずかしい、はあ、うん・・・」と声を出さないように下を向く理恵の表情と、手に余る程の大きさを堪能する。



「相変わらず、好きだね、胸」
「理恵のは大きくて感度もあるからね」
と、先端を集中的に責める。

「は、あ、・・・俺君旨いね、あん、感じちゃうよ」
と赤らめ上目で見やる理恵。

「はあ・・・ねえ、ここ大きくなってるよ」
と上からマイサンを優しく触る。


負けじとキスしながら、太ももの内側に手をやる。

ビクッとし「ふん、うん」とキスしながら感じている様子。

少しの間、キスして、胸と太ももを交互に触る。


すると、理恵の方から、股を開いてくる。

ライトグリーンのパンツが徐々に登場する。

右手を、股の間に沿っていくと、俺の胸に顔を埋めて、次第に股が閉じてくる。


「理恵」と少しきつい口調で声を掛けると、俺の顔を見ながら、頷いて、股を大胆に広げる。

また少しじらしてから、パンツの上から指を這わすと「あん、あ、いやあ」と首を横に振る。


「理恵、濡れてるよ」と耳元で囁く。

「違う、そんなんじゃ、あん」
「紐パンなんて相変わらず、エロいな理恵は」
と、横から指を入れる。


「ああ、そこ・・・は、ダメダメ、、、」
クリを触ると、ビクッとしてから
「ん・・・、ここはいやあ」と哀願する。


確かに夜中とはいえ実家の前(笑)


「じゃあ、少し移動するから・・・」
「スカート上げて、パットも取って」
「・・・え」

そんな事を言いながら此方を見るも、素直に従う理恵。

Tシャツは明らかにノーブラであることが分るし、紐パンは丸見えで、スカートを持ってあげる。


「もっと、足開かないと」
「・・・恥ずかしくてもうできないよ」

と何か、可哀想な気がしたから無理強いはしないで、近くの公園脇に止める。

そして「俺のも触ってよ」と言うと、ベルトを外して、ジッパーを下げる。

テントの張りようが大変です。



「大きい・・・」横から指を入れて直接、触る。

久しぶりの理恵の感触。

「理恵のも凄いよ、こんなに濡れてる」と紐パンの結ぶ目を半分だけ取り、中へ指を入れる。

「だって、あ、あん、凄いよ」腰が少し浮いてくる。


感じているようで、残念ながらマイサンからは手が離脱。

新妻が、昔の男と公園脇でと思うと興奮してきて、Tシャツを上に片手で強引に引きあがる。

ぷるんとした、Gカップの巨乳が露になる。


中に入れている指を2本にし、出し入れをすると「は、恥ずかしい、あん」と口ではそう言っても、腰は浮いていて、声も大きくなってくる。

俺は「理恵いきたいの?」と聞くと声にならないようで、頷くばかり。


「じゃあ、ここで、いっちゃう?それとも」とマイサンをパンツからだし再度握らすと、上下にしごきつつ「ん、ああ、はあ、ホ、ホテルに」と言う。


「でも、我慢できるの」と、指を止めると、「・・・え、でもでも、」とモジモジする様子が可愛い。

「ここなら、時間も遅いし、大丈夫だよ」と言っても「でも、恥ずかしい」と言う理恵の頭を抱え、フェラを催促。


久しぶりの元彼女のフェラチオはゆっくりとくわえながら玉をさわさわする。

舌も使いだして、念入りになってくる。

時折上目でみることも忘れないのいい仕事だと思う。


くちゅって音に、理恵の息遣い。

昨日抜いてなかったら危なかった(笑)裏筋にしたを這わしたり、わざと大きな音をだしたりと、気を抜けない状況。


ちょっとピンチなんで、「理恵おいで」と声を掛け、理恵が上になるように動く。

俺に跨り、徐々の入っていくマイサンと理恵に表情に興奮する。


「大きい、大きいよ、はああ」と大きいを連呼する・・・旦那さんごめんねと思いつつ、全部入ると「はあ、はあ、ちょっと待って」と息も切れ切れ。


俺は「うん」言いつつも、突き上げると、「ああ、ふああ、あん、ダメだって」と、背中を剃る。

Gカップが強調され、胸が文字通り踊る。

そして「気持ちいい、はあ、いくいく」急に動き始めて理恵はいってしまう。


そして、俺にキスをして「・・・あん、いっちゃったよ」と恥ずかしそうに呟き「さっき我慢してたからだよ」と少し不服そうな様子。


「でも、俺まだだし」
「えっ、ちょっと待ってよ」

もう我慢できなくて、下からガツガツ突き上げると、「あ、あ、あああ、凄い、感じああ」と理恵もまた感じ初めてくれている。

胸を鷲づかみにして更に突き上げる。


「もう、またああ」
「いいよ、またいきなよ」
「はあ、ん、なんかイヤラシイよ」

理恵の腰を前後に動かすと自分から動かす。

胸の頂点を念入りに攻めつつ、大きく突き上げたら「ん、ん、っは、我慢がで・・・ああああ」と今度は、前よか激しくいった。



少し間を空けて再開すると「そんな、もうだめ、ああ」と半泣きしている理恵と、搖れるGカップが刺激になってラストスパート。


「いきそう、理恵、いっていい」
「はああ、あん・・・うん、いいよ」

「中にはまずくないか」
と何故か冷静な自分(笑)

「え、あん、じゃ、じゃあ、口・・・最後は・・・あん、ね」
「わかった、じゃあ、いくよ」

最後のペースをマックスにして突きまくったら「ああ、凄い、また感じちゃうよ」と左右に腰を振り始める。

Gカップの胸の揺れが大きくなり、視覚的にもヤバい感じ、何とか時間を延ばそうとも、艶のある声にも後押しされた。


「いくよ、いく」
「あああああ、・・・ダメ私もいく」

そんな感じで、中にたっぷり出しちゃいました。

理恵は「もう、でも凄い感じたからいいよ」とのこと。


それから俺とのエッチは相性がよくて、旦那とは・・・愚痴もあったりで、そんな、関係が今も月一くらいで続いてます。

ダメなんやけど、どうしてもあの胸は忘れられねーです。

サンプル