002_20140309131141ccf
妻が犯された時のエロ体験談

去年の秋に私達夫婦は結婚しました。


私が就職し、仕事上、英語も多少習った方がいいかと思い、英会話教室に通った時に妻と知り合ったんです。


妻は、私より2つ年上で26歳でした。


妻の方は海外旅行で英語を話したいと通い始め、もう2年目だったので結構ペラペラでした。


私は、多少理解はできる様になったんですが、まだまだ片言でしか話せません。


そんな2人が1年の交際を経て、結婚する事になったんです。


もちろん新婚旅行は、妻の希望でラスベガスに行く事にしました。


ラスベガスのホテルに到着する頃には、夜になっていました。


夕食を食べに街に出かけ、現地の人に聞きながらレストランを探し夕食を食べました。


さすがアメリカだけあって、食事の量は半端無く大盛りでした。


その後、カジノで軽く遊んで部屋に戻りました。


新婚初夜だったので2人は盛り上がり、子作りに励みました。


妻もいつも以上に盛り上がり、ベッドで一回済ませると、今度はベランダに出て求めて来ました。


私も興奮し、ベランダでのSEXを楽しみました。


下を見ると、外国人が多数見えました。


たぶん見えていないと思いますが・・・。


2日目、昼間に買物を十分に楽しみ夜を迎えました。


この日もホテルから出て美味しい店を探して回りました。


すると3人の外国人がいたので、嫁が「美味しい食事が出来る店知りませんか?」と英語で聞いたところ、「分かるよ。

付いてきな」と言われ、私達は外国人(黒人)について行きました。


人通りも少ない裏道に入るといきなりビルの地下に連れて行かれ、「何するんだ」と聞くと、「昨日、ホテルのベランダでSEXしていたカップルだな!」と言われました。



私が妻の手を取り逃げようとした時、ドス!と腹を一撃され私は倒れてしまいました。


余りの痛みに身動き出来ませんでした。


気付くと、何処かの薄暗い部屋で、私は手足を結ばれ身動き出来ない状態でした。


ふと前を見るとベッドがあり、妻は全裸にされ黒人3人に犯されていました。


黒人の見た事もない巨根が妻のマンコに出入りしていて、今にも裂けそうな感じでした。


口にも挿入され、妻は必死に抵抗している様でしたが、相手は体格のいい黒人、敵うわけがありません。


少しして妻も諦めた様で、されるがまま状態でした。


「奥さん、良い尻してるね」

(妻はB87-W63-H92。

むっちり系でかなりエロく見られる体型です)


「締りも最高!ジャパニーズ最高」

「旦那のよりいいだろ!壊してやろうか?」

「お願いします。

もう許して下さい」


妻の目からは涙・・・。


ピッタッ!ピッタッと尻を叩かれ、白い尻がピンク色に染まっていました。


パンパン!!!

黒人が激しくピストン運動すると、妻の口から喘ぎ声が漏れだしました。


何度も何度もチンポを奥に押し込まれると、遂には妻が「イク、イクッ」と言い、潮を噴き上げました。


「お~凄い!」

黒人がそれを見てチンポを抜くと、マンコを一気に舐め出し、クリトリスを刺激し始めました。


「イヤ~感じる、おかしくなる~」

それを聞いた黒人が、妻の手足を縛り始めました。


椅子も用意されるとそこに妻が縛られ、毛を剃られました。


黒人はツルツルになったマンコとアナルにたっぷりと何か(媚薬?)を塗っていました。


そして巨大バイブを挿入し始めました。


さすがに妻も「痛い、止めて」と懇願したものの、黒人はドンドン入れていました。


完全にマンコに挿入されると、ゆっくりと動かし始め、どんどんスピードを上げていきました。


何分も繰り返されるうちに痛みから快感に変わったのか、妻の顔が気持ちい表情に変わっていました。


「熱い!生のチンポを下さい」

まさかの言葉を発した妻。


黒人はニヤリとすると、今度は巨大な浣腸を出してきてお尻の穴に入れ始めたのです。


「それは・・・駄目」

妻が抵抗しても無視でした。


2本挿入すると、一気に放出されアナルから黄色い液が飛び出しました。


何も出なくとまた巨大浣腸を挿入し、それを数回繰り返すとお尻の穴にもバイブを挿入しました。


前と後にバイブが入れられ圧巻な状態でした。


アナルのバイブは徐々に大きい物と入れ替え、遂には特大バイブも入る様になっていました。


妻もアナルが気持ちいいのか、アナルバイブで潮を吹いていました。


すると、また何かをマンコとアナルに塗り込んでいました。


監禁されて2時間は経過したでしょうか。


全てのバイブを抜かれると、今度は黒人のチンポが前後同時に挿入され、中で放出されていました。


巨大チンポを抜くと大量の精液が穴から垂れ落ちてきました。


1人が終わると、また次の黒人が挿入。


それが何度も繰り返され、私達が解放されたのは、朝方でした。


2人でホテルに戻り、妻は体を洗っていました。


「何でこんな事に・・・」

私が言うと、「もう忘れましょ!」と妻が言いました。


「俺は我慢できない!悔しい」

「結局見てただけでしょ!助けられなかったんでしょ」

結局喧嘩になり、一日険悪な雰囲気になりました。


私は、夕方にカジノに向かい気を紛らわそうとしました。


3時間位して部屋に戻ると妻の姿はありません。


私は心配になり、妻を探しました。


何処を探しても見当たらず、(もしや!)と昨日の廃墟ビルに向かいました。


昨日の部屋に入ると、明かりが灯っていて中から声が聞こえました。


「今日も懲りずに歩いているとは・・・」

「今日も可愛がってやる」

「全て忘れたいの!しかも、何故かここが熱くって濡れて仕方ないのよ」

妻の声でした。


妻が昨日の黒人にキスをされ、服を脱がされていました。


「これが効いたんだよ!媚薬」

「俺のこれが欲しいんだろ。

奥さん」


「下さい!太いの下さい!!!」

妻は自らお尻を黒人に向け、入れて欲しいとばかりに挑発していました。


私は虚しくホテルに戻り、妻の帰りを待ちました。


朝になっても結局、妻は戻る事はありませんでした。


翌日、フロントからメモを渡されました。


『数日戻りません!ごめんなさい・・・(妻)』

帰国前日、ようやく妻が戻ってきました。


妻の目は以前とは違って見えました。


しかも疲れ果て、部屋に入ると直ぐにベッドでダウンしたんです。


そっと臭いを嗅ぐと、精液の臭いなのか臭かったんです。


お尻には多数のミミズ腫れがあり、それは体中にありました。


マンコのヒダヒダと胸の乳首にはピアスが開けられ、マンコはパックリ開き、元に戻らない状況でした。
人妻