0090
告白された後輩とエッチした時のエロ体験談

高校時代、合唱部に所属していて、卒業後はコーチとして週1回程度(大学との兼ね合いもあって不定)、指導をしに行っていた。


私立ということもあり施設は充実していて、合唱部が使う音楽室小と、隣に吹奏楽部が使う音楽室大、その通路の間に音楽教員室があるといった感じだ。


元々俺は先生方に信頼もあったし、コーチにも慣れてきた5月末には先生は練習後6時頃には帰り、最終下校の7時は俺が確認という感じになっていた。


6月頭、下校確認をしていると見慣れない子にいきなり、「合唱部のコーチの先生ですよね。

よかったら連絡ください。

あ、吹部の西濱夢芽(仮名)と申します」と言われ、メアドと名前が書いた紙を渡された。


恥ずかしそうに小走りで、少し離れた所にいた吹奏楽部仲間と思われるところに行った。


下校確認をして帰りのバス(学校~最寄駅)の車内で早速メールをしてみた。


するとすぐに返信があり、何日かメールが続き、高2の吹奏楽部であることや、俺の最寄駅の2つ先に住んでいることなどが判った。


メールで告白的なこともされたが、“生徒とコーチだし、まだ出会って日も浅い”的な理由で流してしまった。


次に高校に行ったのはちょうど1週間後で、また下校確認のときに夢芽ちゃんがいて、今回は1人なようだ。


一緒に帰りたいとのことだったので、俺も嫌いではなかったし駅も近いので承諾し、一緒に帰った。



先週は一瞬ちらっと見ただけだったが、ゆっくり見てみると思っていた以上に可愛い。


背は160cmくらいで小柄な体型で清楚。


比較的好みな感じではあった。


学校からはバス10分、電車20分(夢芽ちゃんは+5分)程度だが、電車は帰宅ラッシュで結構混んでいる。


その日も結構混んでいて、乗ると夢芽ちゃんは俺の腕に掴まってきた。


清楚で可愛らしい容姿に反した積極性だと驚くと共に、小振りな胸が腕に当たるので不覚にも興奮してしまった。


何度かこんな感じで一緒に帰った。


高校は7月頭に、大学は7月末にテストなので、6月末の練習から8月前まで高校に行かなくなる。


その前の最後の練習後も一緒に帰り、俺が最寄駅で降りようとすると、夢芽ちゃんも一緒に降りて、「先生ともう少し一緒にいたいな」と言った。


一緒に降りて駅前のマックで30分くらい話して、あまり遅くなるとまずいので改札まで送ると抱きついてきた。


俺もすぐに抱き締める。


夢芽ちゃんが俺を見上げてきたとき、キスをしてしまった。


夢芽ちゃんは恥ずかしそうに、「ありがとうございます」と言って改札に向かっていった。


高校のテストが終わった7月中旬、『デートしたい』と夢芽ちゃんからメールが来てデートすることになった。


正確には一緒にカラオケに行きたいとのことだったので、7月の中旬に行った。


私服の夢芽ちゃんは初めてで可愛く見えた。


胸元が開いており、屈むと小さな青いブラが見えてしまった。


カラオケに入って1時間くらいして、ドリンクバーを取っていた夢芽ちゃんが俺の足の間に座った。


「ここにいて良いですか?」と聞かれたので、いいよと答え、手を回し抱き抱えるような感じになった。


手を持ち上げ胸を触ると「きゃっ」と言ったが、拒むわけでもなく、「ペチャパイですよね。

Bカップしかないですから」と言った。


「そんなことないよ」と言い、胸を揉み始めた。


そのままのノリでスカートの中に手を入れると、脚を閉じて少し抵抗はしたものの拒まなかった。


すぐに濡れてきたが、ここでヤルわけには行かないし、高校生なので“パンツの上から”までで終わった。


7月下旬、大学のテスト期間だが、家族が誰も居なく、テストも1限だけなので、夢芽ちゃんを家に来ないかと誘った。


午前中は練習だが、午後は大丈夫とのことなので、お昼を食べてから家に招いた。


ベッドに腰掛けてテレビを付けてなんとなく見ていると夢芽ちゃんは俺に寄っ掛かってきたので、俺は手を回す。


Yシャツ1枚なので近くで見ると水玉柄のブラが透けている。


その回した手で胸を揉むと、「きゃっ」と反応するが抵抗はなく、夢芽ちゃんが俺の股間を触ってきた。


「先生、エロいですね」と言われたので、「夢芽ちゃんを犯しちゃおうかな?」的なことを言うと、「元々そのつもりですよね(笑)」と言われた。


そのままベッドに押し倒してYシャツを脱がすと小さな水玉柄のブラが見える。


ブラの上から揉んで、スカートの中に手を入れると既に濡れていた。


スカートを穿いたままパンツを脱がし、直に触ると喘ぎ始めた。


「私、初めてなんで優しくしてくださいよ」

言われてビックリした。


しばらく優しく弄ると、「指じゃなくて、脱いで先生のを入れてください」と頼まれた。


脱いですぐにゴムを付け、挿入体勢に入った。


夢芽ちゃんのは小さく、丁寧にやったので結構時間がかかった。


奥まで入れたら夢芽に覆いかぶりキスをした。


まだブラをしていたので、シングルホックのブラを外しおっぱいを曝け出す。


乳首もツンと立っており触ると感じるようだ。


そして軽く腰を振るとすぐに喘ぐ。


中も小さく締め付けが強く俺も気持ち良い。


だんだんスピードを上げていくと夢芽ちゃんも声が大きくなり、「ヤバい、イク」と喘ぎが激しくなり、俺も5分と経たずにイッてしまった。


抜いてゴムを取り、精子の付いたチンコを夢芽ちゃんに出すと舐めてくれた。


「ちょっと苦いですね」とかも言ったが、初めてとは思えないほど抵抗なくやってくれる。


またすぐに立ってしまうと、「口の中には出さないでくださいね」と言われた。


口から抜き、夢芽ちゃんが下着を付け始めたが、「もう1回やろう」と言うと引き受けてくれた。


今度はスカートを外し、全裸だ。


指で夢芽ちゃんの下を愛撫するだけで喘ぎ感じている。


今度はゴムを付けずに挿入してみる。


すんなり受け入れてくれ、奥まで入れると、「中には出さないでくださいね」と言った。


そのまま正常位で激しく突くと、生で感じやすいせいか、また5分もしないうちにイッてしまった。


もちろん中には出さず、抜いて腹の辺りに出した。
人妻