0055
友達が結婚祝いでみんなで集まている時のエロ体験談

友達の松本が結婚したので、お祝いをしようと皆で集まることになった。


松本夫婦(新婚)、佐藤夫婦(結婚5年目、妻は俺のファン)、俺の5人。


みんなでスナックで飲んでいると徐々に盛り上がってきた。


「今度、隆(俺)の嫁とスワッピングしようぜー」なんて佐藤は俺に言っている。


「おお、いいねー」なんて俺は話を合わせていた。


酒癖の悪い佐藤の妻はその間、俺に絡んでくる。


「ねえ隆ちゃんー見てー」とブラジャーを見せて俺に持たれかかってくる。


佐藤の妻は、あややを細くした感じ。


俺は旦那の前でどう対応していいか分からず、「ああ、可愛いねーピンクじゃん」と適当に盛り上げてた。


旦那は『スワッピングしようぜー』なんて言ってた割には、妻が心配なのか、これ以上エスカレートしないように真剣な顔で見守ってる。


「ねえ、隆ちゃーん、苦しいよーブラのホック取ってー」

佐藤の妻は、その旦那を弄ぶかのように言ってきた。


佐藤は焦って俺の方を見た。


俺が「旦那にとってもらえば?」なんて誤魔化すと、佐藤の妻は「やーだー、隆ちゃんがいい」なんてふくれている。


松本夫婦はその間、マイペースでイチャイチャしていた。


俺が佐藤を見ると「やってあげて」なんて言ってきた。


ちょっと顔が引きつってる。


俺も酔ってたし、佐藤もいいって言うし、まあ大したことねえな、なんて思って俺がブラを外すと・・・。


「じゃんじゃじゃーん」とふざけながらブラを旦那の頭にかぶせた。


旦那は苦笑い。


すると佐藤の妻は俺に向かって、「どうだー」とシャツを捲って胸を押し付けてきた。


「うわっ」

俺は体を後ろに引いて「やばいよー、けどCはあるなー」なんて言った。


その時点でちんこは半立ち。


「なにやってんだよー」って旦那が止めにくると、佐藤の妻は「あんたはこれ飲んでから文句言いなさい、飲まないとその間、隆ちゃんに胸揉んで貰うんだから」って何故か切れてた。


旦那は必死に日本酒を二合一気飲み。


しかし、ちょっと時間がかかったので、佐藤の妻に言われるまま胸を揉んだ。


手のひらで胸を揉み、親指と人差し指で乳首をつねった。


佐藤の妻の顔色が急にエロくなってきたのを見て、旦那は必死こいて無理やり飲んでいたが、敢え無くダウン。


佐藤はトイレに直行した。


これで邪魔者はいなくなったとばかりに、佐藤の妻は俺にキスをしてきた。


「隆ちゃんとずっと前からエッチしたかったのー」

「俺だってそうだけど・・・」

すっかり佐藤の妻は乗り気。


もう何をしてもいい雰囲気になった。


俺が舌を絡めると、佐藤の妻は俺の股間をさすってきた。


「あー、もう大きくなってんじゃーん」

俺は恥ずかしさを誤魔化すために胸を揉み、乳首をしゃぶった。


「あーん気持ちいい」

佐藤の妻は俺に耳打ちした。


「ねえ、フェラしてあげようか」

「ここで?」

「うん」

そう言うとと、佐藤の妻は俺が返事をする前にテーブルの下に潜り込み、俺のズボンを手際よく脱がした。


そして、テーブルの下から俺を覗き込み、「えへへー」なんて言いながら咥えた。


俺は周りに気づかれないように平静を装っていたが、あまりの気持ちよさに前屈みになったり、腰を前にずらしたり・・・。


(やべっ、マジで気持ちいい)

5分くらいすると佐藤がヨタヨタしながら帰ってきた。


「あれ?あいつは?」

「ん、今トイレじゃない?それよか大丈夫なのかよ」

俺は必死に誤魔化した。


「うーん、なんとか」

その間も、間も佐藤の妻はかなり高速でフェラってる。


俺は佐藤の目を盗んで、「やめろよ。

やばいって」って佐藤の妻に言った。


佐藤の妻は返事をする代わりに、俺の手をとり自分の胸に持っていった。


俺はやばいと思いつつ揉んだ。


佐藤がこっちを振り向いて「俺、ちょっとトイレ見てくるわ」と、またトイレに向かった。


俺は佐藤の妻に「今のうちに離れろよ」と言った。


すると超高速フェラ。


すっかり弄ばれて俺は限界を向かえた。


「イクっイクっ」

「うん、きて!」

ドピュ!!!

俺は佐藤の妻の口に思い切り出した。


佐藤の妻は、満足げな顔で精子を飲み、口からはみ出した精子も手で取り、舐め、「すごい出たねー」って笑うと、ようやくテーブルの下から出てきて椅子に座った。


そのタイミングで佐藤が帰ってきた。


「あれ?どこにいたんだよ」

すると佐藤の妻は、「あなたー」と佐藤に抱きつき、俺の精子を飲んだ口でキスをした。


俺が「仲いいねー」なんて言うと佐藤はご機嫌だった。


まあ、バレずにすんで良かった。


チンポが小さくてもいい思いはできるもんだ。