normal_sex_3349_020
アパートの大家の娘とエッチなことをした時のエロ体験談

俺当時19才、俺の住んでたアパートの大家の娘33才人妻、

3人の子持ちで俺の下の階に住んでた。


一番上が小6の女の子で俺が大家に頼まれ家庭教師
(俺、国立大学在籍中のち中退)やってた。



旦那はコックで夜勤の時は夜帰ってこず、
よく晩御飯や彼女(母親の方)に晩酌つきあわされてた。


この彼女がオクテの俺の初体験の相手で、
俺当時19才、俺の住んでたアパートの大家の娘33才人妻、
3人の子持ちで俺の下の階に住んでた。



一番上が小6の女の子で俺が大家に頼まれ家庭教師
(俺、国立大学在籍中のち中退)やってた。


旦那はコックで夜勤の時は夜帰ってこず、
よく晩御飯や彼女(母親の方)に晩酌つきあわされてた。


この彼女がオクテの俺の初体験の相手で、

夏休み中で、子供3人が旦那の田舎に遊びに行き旦那も夜勤。

そんな日に夕食のお誘いがあり部屋に行った。


そしたら下はジャージなんだけど、
上はTシャツでピンクのブラが透けてた。


ビール飲みながら食事してるときに我慢できなくなり、
後ろからシャツの中に両手を突っ込み、胸をわしづかみにした。


彼女は笑いながら乳房をまさぐるTシャツの中の俺の両手の上にあてがって
「ちょっと~だめよ~」って笑ってたんですね。


そのまま胸を揉みながら
「俺、毎日アヤ姉さんの事を考えてマスかいてたんです。

お願いします、俺アヤ姉さんの中に入れたい!」

って言いながら押し倒し初SEX。

また彼女が際中に淫語連発だったので興奮(笑)。


結局この日は夜が明けるまでの間やりまくり、
色々な事を経験しました。


その日から毎日フェラしに部屋に来てくれ精液を飲んでくれ、
週に2日はSEXしてましたね。


なんでもやらせてくれ、やってくれたし、
甘えられる癒しみたいな存在でもあったので

彼女が40過ぎるまで肉体関係をつづけました。