0391
看護婦さんとエッチなことをした時のエロ体験談

去年足を骨折して、1ヶ月ほど入院した時に担当の看護婦さんにしてもらいました。


彼女は気さくな看護婦さんで、話が合う事もありすぐに仲良くなりました。


ある時検診してもらう時に、ふざけた感じでお尻を触ってみたところ「もう、ダメですよ~」「ジッとしててください」という感じで、怒る素振りもなかったんです。


それで、これはイケるかもと思い、その後はもっとエスカレートして、おっぱい触ったり、太ももを触ったりしてたんですが、看護婦さんは“まあ、触るだけなら”みたいに思ってたのか、やたらオープンで触らせてくれ放題。


俺は毎日それをネタに寝る前にズリってたというわけ。


ある夜、いつものように看護婦さんを触った時の感触を思い出しながらズリってたところ、突然彼女が入ってきた。


非常に焦ったが、ビンビンの息子をすぐに隠す事もできず、しばらく固まる。


(こんな変態なところ見られたら、確実に嫌われるなー)という、もはや諦めの境地に達する。


「な、何してるんですか!?」と顔を背けながら言う看護婦さん。


さすがに驚いたみたいだ。


俺はこうなったら開き直るしかないと思い、「何って、見たら分かるでしょう?」と答えた。


看護婦さんは手で顔を覆いながら、「と、ともかく仕舞ってください!」と悲鳴をあげるように言う。



その言い方があまりにも可愛らしかったため、俺の心は萌え上がり、邪な考えが頭に浮かぶ。


俺「そんな、汚いモノでも見るように顔を隠さなくてもいいでしょう?」

彼女「だ、だって。

恥ずかしくないんですか?」


俺「俺は平気だよ。

看護婦さんだって仕事やプライベートでもいつも見慣れてるんでしょ?」


セクハラまがいの事を言ってみた。


「そ、それとこれとは別です!」

やや語気を強めて言う看護婦さん。


やり過ぎたかなとは思ったが、このシチュエーションに興奮してきた俺はSの血が騒いできた。


俺「そもそも、看護婦さんが突然入ってくるのが悪いんじゃん。

何しに来たのさ?」


彼女「◯◯さん(俺)の検診表を置き忘れてしまったので取りにきたんです」


俺「じゃあ、この枕元にあるから持ってたらいい」

彼女「し、仕舞ってくれないんですか?」

俺「仕舞う必要ないでしょ。

普通に取ればいい」


彼女「取れません!じゃあ、後で取りに来ます!」

部屋を出て行こうとする看護婦さん。


俺「後でって、いつ?」

彼女「あの、その、◯◯さんが終わってからです!!」

俺「終わるって何が?」

彼女「そんな事言わせないでください!!!!」

彼女はドアの前に座り込んで、ついに泣き出してしまった。


「ご、ごめんね・・・ちょっとからかっただけ。

許して」


まさか泣くとは思わなかった俺は、とりあえず謝る。


「もういいんです。

私の方こそすみません。

◯◯さんも男ですから、そういうのも必要ですよね。

でも、私も見たの初めてだったからビックリして気が動転しちゃいました」


看護婦さんは、はにかむような笑顔になった。


俺「実際見てみて、どう思った?」

彼女「あー、なんかそんな感じでやってるんだーって思いました」

彼女は立ち上がりながらそう言う。


すっかり冷静さを取り戻しており、顔も背けていない。


俺「続き、見たくない?」

彼女「えー?◯◯さん、ホント恥ずかしくないんですか?」

俺「恥ずかしいのより、興奮の方が勝ってるなあ」

彼女「興奮?」

俺「だって、俺が想像してたのは看護婦さんなんだからさ。

その人が目の前にいるんだから興奮するっしょ」


顔を真っ赤にする看護婦さん。


「私の・・・な、何を想像してるんですか?」

恥ずかしそうに俯きながら質問する彼女。



「看護婦さんを触ってる時の感触とか、時には看護婦さんに触ってもらったり、舐めてもらったりしてるの想像したりとか」

正直に俺は答えた。


すると彼女は突然噴き出すような素振りをし・・・。


「そんな想像してるなんて。

◯◯さん変態なんですね~」


おかしさを堪えながら言った後、「でも想像してもらえるのって、女として凄く嬉しい」と、彼女は俺のギンギンになった息子を見つめ始める。


「うふっ。

凄い元気だね。

いつも私でこんなに興奮してるの?」


彼女の口調が突然変わったような気がした。


目つきも獲物を狙うような目になってきた。


俺「う、うん」

彼女「なんか可愛い。

触ってもいい?」


彼女の手が俺の息子に伸びる。


手が優しく上下し始める。


それだけでイキそうになる。


「これからも想像してね。

今日は良い思い出作りしてあげる」


そう言ったかと思うと、突然彼女は息子を咥えた。


まさか咥えられると思ってなかった俺は、30秒も経たないうちに果ててしまった。


それからは退院するまで毎日のようにしてくれた。


今でも彼女を思い出しながら日々ズリってます。