0662
主人に変態な要求をされてしているエロ体験談

私35歳。

結婚してもう13年になります。

子供はありません。

夫婦仲はすごくいいんです。

とてもやさしい主人ですが、ただ最近一つだけ無理なことを言われ、やむなく先日それを実行したんです。

その内容というのは・・ある晴れた日の平日(人が少ないという思い出)二人で500m程の山に日光浴に出かけました。


自宅からは車で1時間半程のところでした。

気軽に登れる山ということでおにぎりとカメラだけを持って。

でも本来の目的というのは主人の希望で私に野外露出をしているのを傍観したいというのが主旨でした。


自分でいうのもおかしいのですが学生時代より現在もずーとバレーボールをしています。

主人に言わせればプロポーションというのか、私の身体は肉感的で性欲をそそる身体付だというんです。


ちなみに身長167cm、バスト87cm、ウエスト62cm、ヒップ92cmやや色黒の肌です。

男性経験は主人と結婚するまで3人と経験がありました。

当日はその時に主人から指示があったのですが、先ず上半身裸で下半身は短パンで山道(登山道に近い)を歩くというんです。

その時は主人は一緒ではなく遠く離れて歩きました。

脱ぐ時は自然に溶け合うようなすがすがしい気持ちで次第にそのよさを感じたほどでした。


誰かに出食わさないようにと祈る反面どんな人に出会えるか胸わくわくでもありました。

しばらく歩くと向こうから中年の男女が歩いてくるのが目に止まりました。

主人との約束で出会った人に充分身体を見せるために必ず立ち止まって話しをしなさいとの約束でした。

もう向こうの人も私が上半身裸でいることを見とめていました。


すれ違いざま私のほうから声をかけました。

年の頃60歳前後の男女でした。

男の人はじろじろと私の顔と胸を交互に見ています。

痛いほどその視線を感じます。

立ち去った後主人が追いかけてきて先ず第一段階はクリアーしたとの事で第二段階は全裸になり木立で立ちバックでセックスをすることでした。



主人も全裸になりました。

もう主人のペニスは既に戦闘準備OKでした。

いつものとおり主人の好きなフェラをして立ち木に向かいお尻を大きく出し主人を迎えます。

いつもになく早くイってしまいました。

其の後私は主人に向かって座りオシッコをしました。

恥かしかったけどすごく気持ちよく放尿できました。

主人も私に向かって勢いよく出しました。


面と向かって男性がオシッコするのを見たのも初めてでした。

その後三人連れの女性と出くわしました。

もうこの快感は口では言い表せません。