a11122343000488
娘の恋人とエッチしていた時の体験談

私は39歳の専業主婦で、家族は単身赴任中の主人と高校2年の一人娘がいます。

娘のボーイフレンドとの肉体関係を告白します。

昨年12月初旬の土曜日の午後、娘、佳奈の留守の日に彼女の男友達・裕也君が訪ねて来たのです。

裕也君は佳奈が自慢している通り、ハンサムなうえ頑健な身体をしており、私も彼には強い関心がありました。


いいチャンスだと思い「コーヒーでも」と上に上げました。

コーヒーを出す時、彼の横に座り、彼の膝に手を添えて、娘との関係を聞き出しました。

「裕也君と佳奈とはどの程度のお付き合いなの?キスはしているの?」彼は「ええ」と頷きました。

「まさか、肉体関係まではいっていないんでしょうね。

」「はい、いくら頼んでも、佳奈さんが『卒業まで待って。

』とOKしてくれないのです。


「辛抱できる?」「辛いです。

」「佳奈の言う通りにしてあげて。

その代わり、おばさんが佳奈の身代わりになってあげようか?おばさんでは嫌?」「本当ですか!おばさんが相手をしてくれるなんて夢みたいです。

」私が誘惑する形で二人は結ばれました。


当然、私がリードするつもりでいたのに、寝室に入ると、裕也君は私をベッドに押し倒し、激しい口づけの後、彼の唇と舌は私の耳たぶから顎、腋の下、乳首と嘗め回してくれました。

彼の性技は大人顔負けで、家庭教師だった女子大生に仕込まれたそうです。

こうして、若い裕也君との秘めやかながら、身も蕩けるような関係が続いていたのですが、3月末の土曜日、音楽会の途中、体調が悪くなり帰宅すると、佳奈の部屋から「あぁーん、ああー、いいぃー、ゆうやぁー」と女の喘ぎ声が聞こえてきました。



最初、私は佳奈がオナニーでもしているのだと思いましたが、そのうち、佳奈の悦びの声に混じって、身体の打ち付ける「ペチャ、ペチャ、パン、パン」という音も聞こえました。

私はソッと外に出直し「佳奈!帰ったわよ。

」と大声で言って家に入り直しました。

悦びの喘ぎ声はおさまり、私は「気分が悪くなったので帰って来たの。

」と言って自分の寝室に入りました。


2人が肉体関係になっていることが分かり、私は涙が止まりませんでした。

娘に対する嫉妬なのか、裕也君が私と娘の2人を自由にしていたのが口惜しいのか、自分の気持ちが分かりませんでした。

その夜、私の詰問に佳奈は昨年のクリスマスイブに処女をあげてことを白状しました。


翌日、裕也君が佳奈の帰ってくる前に訪ねて来て「今まで通り、私との関係を続けたいと、と言うのです。

私は断りました。

裕也君は「嫌だ!僕は佳恵さんが好きだし、佳恵さんとしたい。

」と私を抱き寄せ、ディープキスをしようとしました。

私は唇を硬く閉じて抵抗したのですが、強引に舌をねじ込み、強く吸われると力が抜けていきました。


パンティの中に手を差し込んできたのを拒むどころか、足を開いて迎え入れようとするのでした。

結局、この日も裕也君と身体を重ねてしまいました。

興奮の最中でも気持ちのどこかに『娘と比較されていないか』と、娘と張り合う気持ちがありました。

若い佳奈と比較して、私のあそこが緩いと思われやしないかと、一生懸命締め付けようとする恥ずかしい母親になり下がってしまいました。



しかし、一人になって冷静になると『矢張り、こんな関係を続けることは許されない。

』と決心し、その後は2度の裕也君からの求めも拒否しました。

諦めた裕也君は、「最後の思い出に、ラブホテルで佳恵さんを抱きたい。

」と真剣に頼むのです。

私もラブホテルで奔放に若い裕也君を味わいたいと思い、彼の提案を受け入れることにしました。


そして、先日、遠方のラブホテルで最後となるセックスを堪能しました。

裕也君との数ヶ月のことを心身ともに忘れることが出来るかどうか自信がありません。

当分は身体も裕也君のペニスを求め、疼くことだと思います。