a11122343001607
常連の人妻と朝までエッチした時の体験談

俺はレストランの店長をしている。

夜7時までの勤務だった俺は、着替えを済ませ外に出た。

すると、よく家族で店に食事に来る近所に住む人妻のひとみが一人で店に来た。

芸能人の『さくら』に似ているひとみは俺のお気に入りの客の一人だ
俺は、店の前でひとみに声をかけた…『あ!こんばんわ』
レジで話した事もあるので、俺に気付いたひとみは…『あ…店長さん、こんばんわ』
俺『あれ?今日は、お一人ですか?』
ひ『子供と主人は、泊まりがけで実家に行っちゃって…』

俺『奥さんは、いっしょに行かなかったの?』
ひ『私は仕事があったので、行かなかったんです』
俺『なるほど、それで今日はスーツ姿なんですね…』
今日のひとみはワンピのスーツ姿だ
『今日は私一人なので、外食で済まそうかと思って…』とひとみは店に来たようだ。

俺は、仕事帰りにいつも寄るすぐ近くにある居酒屋に、ひとみを誘ってみた。

『え…でも…』と断りそうなひとみに…
『一人で飲んでもつまんないし、奥さんもたまには気分転換に…』
と俺は中途半端な口実でひとみを誘った。

『そうですね、中々飲む機会も無いし…』とひとみのOKが出て居酒屋に向かった。

お気に入りの人妻と居酒屋で二人きり、更に今夜は旦那も子供もいないなんて…
俺はひとみにどんどん酒を勧めた。

2時間がたった時には、ひとみはかなり酔っていて、店を出たベンチに座り込んだ
(ちょっと飲まし過ぎたかな?)
『奥さん、大丈夫?』と問い掛けても、『う~ん…』と言うばかり…
家の場所を知ってるので俺は『奥さん、家まで送りますよ』と抱き起こした。

フラフラするひとみの肩を抱き抱えながら、ひとみのマンションの方に向かった。

半分寝ているひとみをマンションまで連れて行くのにはかなり苦労した
やがてマンションに到着、ひとみの部屋に着き、鍵を開けてようやく中に入った。

玄関に座り込んでしまったひとみをそのままにして、俺は家の中に上がり込んだ。

誰もいないとは言われていたが、一応チェックして回った。

玄関のすぐ近くに寝室を発見し、俺はひとみを抱き上げてベッドに寝かせた。

『奥さん…、大丈夫?』と肩を軽く揺らしてみたが、完全に寝てしまっている。

憧れの人妻が今、目の前で寝ている。

肩に置いていた手をゆっくりと降ろして行き服の上からゆっくりと胸を揉んでみた
『やわらけぇ~』
ひとみに起きる気配は無い。

俺は更に手を下げて行き腰からフトモモにかけて触ってみた
(もう我慢できん…)
俺は、自分の服を脱ぎ、パンツ①枚になった。

そして、ひとみの服も脱がしにかかった。

ワンピの後ろのチャックをお尻の辺りまで下げると薄いブルーブラが見えた。

完全に寝てしまっているひとみから、ゆっくりとワンピを脱がした。

ひとみは、ブラとパンティとストッキング姿になった。

俺は、その姿を携帯写メに写した。

ひとみの両足を広げ、ひとみの大事な部分に俺の息子を擦りつける感じで上になった
両手でゆっくりゆっくりとブラの上から胸を揉み上げた。

そしてブラも外し、ひとみの綺麗な胸が目の前に現れた。

再び両手で胸を揉みながら、乳首を舌で舐めてみると、ひとみが少しビクッとした
俺は、そのまま乳首に吸い付き、もう片方の乳首を指先で愛撫した。

その時だ『う…う~ん…』とひとみが目を覚ました。

乳首を舐めている俺と目が合い『や…いやぁ…』と騒ぎ出したのだ。

必死に両手で俺を突き放そうと頭を押してくるが、あまり力は無いようだ。

俺は逆に上に昇り、ひとみの顔を押さえ付け無理矢理キスをした。

舌をねじ込もうとしたが歯を食いしばり抵抗して入れられない。

俺は、諦めて、今度は下に下がった。

『お願い…やめて…なんで…こんなこと…』
ひとみは必死に逃げようとするが、足を広げられ上に乗られていては力が入らない。

俺は、下まで下がり、ストッキングの上からひとみのマンコに舌を這わせた。

『いや…もうやめて…離して…』と抵抗するが、近所の手前か?声も小さめだ。

俺はストッキングに手を掛けてパンティごと脱がしにかかった。

必死に暴れて脱がさまいと抵抗するが、力まかせで脱がした。

バタつかせる両足首を掴み、そのままひとみの顔の横まで持ち上げた。

お尻が上に上がりマンコが丸見えだ。

俺はすかさずひとみのマンコに吸い付いた。

『あぁ…ああ~ん…』ひとみが激しく声を上げた。

俺は、舌でクリちゃんを小刻みに動かした。

『あ…あ…だ…め…おね…が…い…やめ…て』
ひとみは感じたく無いのか?必死に我慢している。

もっと、ひとみを味わいたかったが、爆発寸前の俺の息子は我慢が限界だ。

俺はパンツを脱ぎ、ひとみの割れ目にチンコを近づけた。

『い…いやぁ…それだけは…やめて…』
入れられる…と察したひとみの最後の抵抗が始まり、激しく体をくねらせる。

俺は、抵抗するひとみを押さえ付け、ちんこの先っぽを割れ目に押し込む。

抵抗しても、体はすっかり感じているひとみのマンコはもうびっしょり濡れている。

先っぽが入ったら後はグチョグチョのマンコに押し込むのは簡単だ。

軽く力を入れただけで、遂にひとみの中に入っていった。

『うっ…』ひとみは唇を噛み締め、両手でシーツを握りしめる。

俺は、ゆっくりと腰を動かし始める。

必死に我慢するひとみ
俺は、ゆっくりと動かしてるちんこを、急に強く奥まで押し込んだ。

『あっ…』、唇を噛み締めて我慢していたひとみの口が開いて、声を出した。

俺は、そのままスピードを上げて激しくひとみを突き上げた。

『あっ…あっ…あっ…あっ…あっ…』動きに合わせてひとみが小さな声を出す。

居酒屋で、もう旦那とは1年以上Hしてない事を、酔った勢いで話していたひとみ…
俺は、腰を動かしながら、再びひとみにキスをする。

舌を入れても絡ませては来ないが、さっきのような抵抗も無い。

『あんあんあんあん…』さっきまでの抵抗が嘘のように、完全に感じているひとみ…
俺は更に腰の動きを早める。

『あぁ…だめ…あんあんあん』
俺『奥さん、奥さんのオマンコすごく気持ちいいよ』
ひ『いや…いや…あんあんあん…あんあんあん…』
俺『ねえ?奥さんは?気持ちいいの?感じてる?』
ひ『いや…いぃ…もっと…もっと…気持ちいぃよぉ…』
俺は、感じているひとみに興奮していきそうになる。

俺『だめだ…出ちゃうよ…ひとみ…』
ひ『あんあんあんあんあんあんあん』
俺『ねえ…中に…中に出すよ』
ひ『だめぇ…中は…中はダメ…』
俺『気持ちいぃ…出すよ…出すよ…ひとみ』
ひ『中は…中は…あぁ…だめ…いく…いっちゃう…い…く…』
俺は、ひとみの中に大量の精子を出した。


それから朝まで何回もHを楽しみました。

ただ勢いといえ妊娠大丈夫かな…?