0590
嫁と職場の部下がしたエッチの体験談

春休み、サンライズ瀬戸のノビノビ座席に嫁を一人乗せて帰省させた。

その時に寝取らせた。


何で一人かと言うと嫁の実家が商売やってて
年度末に手伝いが欲しいということで嫁だけ先に帰した。


実は席を二つ予約してありもう一枚は会社の後輩に渡していた。

後輩は嫁に惚れていた。


後輩はうちに呼んで鍋をしたことがあり、
嫁も後輩を気に入ってたから必ず上手くいくと思った。


後輩は嘘の出張だったが偶然を装って妻と意気投合、
ラウンジでビールを飲み、ノビノビ座席に戻ってからいい雰囲気に。


壁際の嫁の座席に移動してキスをしたら
「横が筒抜けだからダメ」と一旦は拒絶されたらしい。

後輩は二人分のボストンバックを仕切りの部分に並べ、
その上にコート等かさばるものを重ねて簡易の壁を構築。


それでも丸見えには変わりないが、人が少なかったこともあり
心理的抵抗が薄れた嫁は後輩の求愛にすぐさま応じたそうだ。


翌朝、後輩からメールが来たが、
一回目こそは着衣セックスだったが
スグに羞恥心も寒さも忘れ
浜松の手前あたりからは二人とも真っ裸になり、
星の下をガタゴト揺れながら岡山までの7時間弱、一睡もせず愛し合ったという。


後輩からのメールはかなり刺激的だった。

以下要約。

「最初着衣では正常位でしたが脱いでからは騎乗位、バック、座位と色々しました。

奥さん感度最高で声抑えるのが必死でした。

4~5回いったと思います」


「神戸過ぎた辺で二人とも一旦服を着たんですが、
あと20分ぐらいで岡山に着く…となったとき急に奥さんが見つめてきたんです」

「思い切りディープキスしてまた服を全部脱がしました。

そして最後のセックスをしました。

これが一番燃えました。

流石に一番近くの乗客に気づかれました」

「到着まで僅かの中、狂ったように急いで交尾みたいにやりました。

その時はゴムをしなかったです。

『全然違う』と奥さん喘いでました。

さすがに中はまずいのでお腹に出しました」

「服着る前にお掃除フェラをさせようとしたら『無理』と拒絶されました(笑)
でも乳首触りながらしつこくお願いしたら『ちょっとだけだよ』と言って
結局全部舐め取ってくれました」

遅れて実家に行った俺と娘を、嫁は笑顔で迎えてくれた。

実家に帰り忙しくしつつもリラックスしているいつもの嫁だった。


とても後輩のメールのような情交があったとは思えなかった。

いくらなんでも嘘だろう、信じないようにした。


でも、帰省の前は「一人で夜行列車に乗って痴漢されたらどーすんの」と
サンライズ瀬戸の切符を手渡した俺を非難していたけど、
「思ったより楽しかったよ、また一人で夜行列車の旅したいなぁ」と
180度違うことを言うようになっていた。


後輩も、「また奥さんの気が向いたらお願いします」とメールの末尾に書いていた。


俺の許可ではなく妻の気持ち次第だと。

つい本音を漏らしたのを気づいていないらしい。


で、半年後の最近。

自宅PCのブラウザの検索履歴を見たら、

サンライズ瀬戸のほかカシオペアや北斗星などがあった。

心臓がドクっとした。


嫁が俺のコントロール下から離れていくのが不安で仕方ない。