a11122343002117
両親が毎日のように近くでエッチしていた時の体験談

私の父は59才、母が54才になりました。


以前にも報告をしたのですが、私の両親はSEXが大好きなのです。

私が小学生に上がる前の時、私が隣で寝てるにも関わらず、毎晩のように行為をおこなっていたのです。

それも激しく・・・。

母のあえぎ声で私は毎晩のように目を覚ましていました。

でも、その時は何も分からなかったので、母が父に泣かされていると思い、怖くて布団をかぶって寝たふりをしていました。

物心つきそれが夫婦の営みであると知った時にも、週のうち半分くらい行われていたのです。

両親が50を過ぎてからも、頻繁におこなわれています。

数年前から仕事の関係で私は実家を出ているのですが、只今、このGWで帰省しています。

この数年は、両親のSEXの目撃はなかったのですが、今回久々にそれを見てしまいました。

早朝のことです。

父がいきなり私の寝ている部屋のドアを開け、すぐに閉めて寝室に戻っていったのです。

私は父が部屋にくる少し前に、母が「みほが帰ってきているからダメだって・・・」という声で目が覚めており、もしかしてと思っておりました。

やはり予感は的中でした。

父が寝室に戻り母に、「みほはぐっすり寝ているから大丈夫だ。まだ5時前だし起きないよ」と母に言い、その直後から、かすかに、母のあえぐ声が小さいながらも聞こえてきたのです。

しかし、徐々に母の声も大きくなり、父に求める声がはっきりと聞こえはじめたのです。

母は昔から興奮すると声が大きくなり、2階中に声が聞こえる程です。

今朝も、何度も何度も1時間近く父と母のSEXの声が響き渡りました。