pic-0212001522
レイプなのか和姦なのかわからないエッチの体験談

26歳のOLです。


昨年の暮れに忘年会で温泉に行きました。


私は二人部屋に同僚の子と泊まることになった時の出来事です。


一次会が終わると皆はカラオケ行こうとホテル内のスナックに飲みに行ってしまいました。


私は会社では一日中、パソコンの前でキーを打っているので普段から肩が凝ってしかたがない毎日を送っていたのです。


二次会に行く前に同僚の子が「真紀ちゃん、肩がひどいなら温泉に入ってからマッサージ頼んだほうがいいよ」って言われて、簡単にうなずいてしまったのです。


それが、間違いの元でした。


風呂から上がって部屋に戻った私はホテル名と部屋番号を言ってマッサージを頼みました。


(ホテルでは頼んでくれないので、直接電話したのです)

マッサージ師は「目が不自由」と勝手に思い込んでいた私は風呂上りということもあって、浴衣の下は淡いピンクのお揃いのブラとTバックの紐ショーツだけだったのです。


ビールを飲みながら待っているとドアのチャイムが鳴り、ドアスコープから確認してから部屋に入れ、つい何気なしに内鍵をかけてしまったのです。

50代位の彼をみてビックリしました。


サングラスをかけていなかったのです。


彼は「さあ横になってください」と言い、世間話をしながらうつ伏せになった私の身体をマッサージし始めました。


肩から二の腕、肩甲骨辺りから腰周りへと揉み込んでいきます。


気持ちいいわぁ~・・・

酔いも手伝って前進が痺れたようになって眠くなってきました。


足首から徐々に彼の手が上に上がって裏側から太腿に触った時、ビクッと電気が走ったように快感を感じてしまったのです。


男性経験は6人程ですが、充分にセックスの良さを知っている身体はひとたまりもありませんでした。


「さあ、今度は仰向けになって」

彼の言葉に従うままに仰向けになった時、浴衣の前がはだけて下着が丸見えになったのです。


「あっ、大変」

急いで前を隠しましたが・・・仰向けになってマッサージを受けているうちに徐々に浴衣がズレて、ブラとショーツが露になってしまいます。


きっと彼の目にはハッキリと透けて見えるアンダーヘアが焼きついていたことでしょう。


もう、その頃には私は完全に濡れていてショーツが割れ目に食い込んでいるのが判るほどです。


手の動きもマッサージなどではなく愛撫そのものの様に感じられ、私は目をつむったまま身を任せていました。


「ああ、彼(セフレ)にこんなふうにされたら・・・」と思いながら情感が高ぶって、太腿を揉む手の動きに合わせて自然と両脚が開いてしまいます。


「お嬢さん、感じやすいんだね」

突然、彼が言いました。


我に返った私は目を開けてびっくり!

浴衣は完全にはだけられ、ショーツの紐も両側とも解かれてヘアと性器が丸見えです。


「いやぁ~っ」と叫ぶと、いきなり頬を張られました。


そして、直ぐにうつ伏せにされ浴衣の紐で両手を後ろ手に縛られてしまったのです。


その後は、お決まりのコース。


全裸にした私を彼は散々に犯し、3度もお腹の中に射精しました。


恥ずかしい事に、私も何度も絶頂に追い上げられ、恥ずかしい言葉を言い続けました。


「楽しませてもらったから、料金はいらないよ。

それにしても最高に気持ち良かったぜ」


この言葉は、今でもハッキリ覚えています。


両手を自由にしてから男は部屋を出て行きました。


完全にグロッキーの私は全裸のまま、布団から起きあがれません。


しばらくすると、カラオケ帰りの同僚が入って来てビックリしたのです。


私と部屋の状況から見て私がレイプされたことを悟ったのです。


でも、最初は同情していた彼女は、私の説明を聞くと

「それって、レイプじゃないわ。

和姦と同じよ」って言ったの。


「えっ、うっそう~。

あれはレイプよ」って言っても判ってもらえず、会社の男性社員たちの耳にも入ってしまいました。


幸いにも妊娠だけはしませんでした。


女も信用できないわ・・・と思って、気が重い日々を過ごしています。