kimamamh00129000135
私がセックス中毒になったきっかけのエッチ体験談

峰岸愛海(ミネギシ マナミ)と申します。


26才、独身。グラフィックデザインの仕事をしてます。

多分端から見れば私は平凡な女だと思います。

でも、実際は深刻な悩みがあります。

セックス中毒です。

初めて告白する、今まで誰にも言えなかった悩み。

ここに記す事ですら、かなりの覚悟がいります。

私は昔レイプされました。

11歳の時で、まだ小◯6年生でした。

夜21時を過ぎている塾の帰り道。

1人で私は徒歩で家路についてました。

家まであと10メートルくらいの所でした。

広い公園の脇を歩いてたら、後ろからいきなり抱き付かれました。


口を手で塞がれながら、胸を触られました。


初めて痴漢に遭って、私は混乱しつつも抵抗しましたが、相手は大人の男性です。


抵抗してもどうすることも出来ないまま、公園の中に引きずり込まれました。


公園は広く、夜遅い時間になるとまるで人の気配が無く、灯りもまばらでかなり暗い場所になります。


大きな公衆トイレがあって、男子側のトイレに連れ込まれました。


男子トイレの、個室に便座が別れたうちの1つに押し込まれ、扉を閉められました。


私の鞄から塾の会員証を見つけられて、私の名前や年齢、住所まで知られました。


男は会員証を自分のポケットにしまいました。


男は小太りで、マスクをしていて人相や年格好は分かりません。


「声を出すな、大人しくしろ。

言う通りにしないと殺す…」


そう言われ、私は声を出さず泣きながら、言われるままにするしかありませんでした。


服も下着も、靴下まで脱ぎました。


「壁に手を付いて、お尻を向けろ」

と言われ、洋式の便座を跨いで立って、言われた通りにしました。


私は、自分の裸を触られるだけで済むと思ってました。


早く終わって欲しかったし、触られる程度で済むなら我慢するしかないと思ってました。


私の背後で、男が何か脱いでる気配を感じました。


恐る恐る後ろを向くと、ズボンを脱いで下半身丸出しの男がいて、薄黒いペニスが立ってました。


初めて見たペニスは、子供の自分から見て、まるでコッペパンみたいに見えました。


保健体育の授業もまだで、性的な知識もまるで無かったから、その時はHな悪戯の、更にその続き(性交)があるなんて、知る由もありませんでした。


男は、私のクリトリスを触り始めました。


痛みと痒みが混ざったような、激しい快感を感じました。


自慰行為すら知らなかったし、そんな部位が自分の体にあるなんて知らなかったから、初めて知った快感でした。


それは強烈な快感で、男の指の動きと共に、ビクッビクッと全身に電撃が走りました。


当然、思わず声が出ます。


脱いだブラを、男に口に押し込まれました。


乳首が痛いくらいに勃起してるのを感じました。


乳首を触られて、また快感を知りました。


片手で乳房を、もう片方の手でアソコを、立ったまま後ろから触られてました。


アソコは透明の、生卵の白身みたいな液がポタポタ垂れてるのが見えました。


「チンチン入れるぞ」

そう男が言いました。


どこに入れるかなんて、私には分かりませんでした。


「尻を突き出せ」

と言われ、その通りにしました。


熱いものが、アソコにピタッと当たりました。


まさか、あのペニス…?そう感じました。


男は私の脇腹を両手で抱えて、一気に引いてきました。

アソコに熱くて固いものが押し入ってきました。


男は力を込めながら、グイッグイッと私の下半身を引き寄せました。


その度に、アソコの中にペニスがメリメリと侵入してきました。


涙が出るくらい痛くて、男の体と私のお尻がくっ付いてしまうまで入れられました。


男は、狂ったように私の体を揺さぶり、男は挿入したまま私の体を無理矢理正面に向かせました。


男と一緒に便座に座りました。


正しくは、便座に座った男の上に対面しながら私が乗った形です。


だから、私は両足をあられもなく広げながら、男の下半身を跨いでいて、私自身の体重で挿入は更に深まりました。


感覚的には、ペニスの先端は私の体内の中心まで達してるような感じでした。


男は上着のポケットから目隠しを出して、私の目を覆いました。


視界を奪われたので、それからの光景は分かりません。


私の口に入れられてたブラを抜かれました。


私の乳房や口を、舐めたりキスしたりしているのは分かりました。


だからこの時の男は自分のマスクを外してるはずですが、私は男の顔を知る術もありません。


やがて、私の体を縦に揺すり始め、

「どこに出す?中か?外か?」

そう聞かれましたが、私には意味がまるで分かりませんでした。


だから返事も曖昧だったと思うし、何て答えたか覚えてません。


とにかく破瓜した膣内の痛みや恥ずかしさで、錯乱してたし。


「中で出すぞ」

そう言われました。


私の体内で、ペニスから何かを出すんだな…って、何となく感じましたが、性交の何たるかを全く知らなかった私には、ペニスから出るものは尿しか思い当たりません。


だから、アソコの中で放尿されるんだと思ってました。


「嫌っ…」

私がそう言いかけた時、男は断続的に唸り始めました。


憎らしいくらい、気持ち良さそうに。


体内で何かを放たれてる感覚は無かったけど、断続的な唸りとシンクロするように、アソコの中のペニスが脈打ってました。


ペニスが急に縮んできたのを感じました。


目隠しを取られると、既に男はマスクをしてました。


男が私から離れてペニスがアソコから抜け、何か白いものが混じった、ドロッとした液が、便座の中に落ちました。


男は急いで自分の着衣を整えて、裸の私を放置したまま足早に去って行きました。


その時は、知らない人に酷い悪戯をされた程度にしか考えてませんでした。


後日、学校の保健体育の授業でセックスの仕組みを知りました。


初めて、私がされた事の重大さを知りました。


11歳の身分で、既に処女ではなくなった私。


妊娠しなかったとは言え、小◯生のくせに生殖行為をしてしまった私。


無理矢理レイプされ、汚れてしまった私。


深く傷つきました。


そんな話を周囲に知られたくなかったし、忘れ去りたかった。


誰にも知られず、今まで通りに円満に生きていきたかった。


自分を守るため、泣き寝入りになるのは当然でした。


やがて高◯生になり、年齢は15歳。


レイプによる心の傷はあるものの、だいぶ薄らいだ時期でした。


体もレイプされた当時より大人びて、色気やスタイルや顔のルックスにも、それなりの自信を持ち始めてました。


某有名漫画雑誌が主催する、アイドルグループ結成のためのオーディションがありました。


オーディションで勝ち残れば雑誌に載り、読者投票で一般の女の子がアイドルデビュー出来る企画でした。


私は周りの友人の女の子達に「応募しなよ」と言われ、遊び半分で応募したら、書類選考を通過しました。


面接一次選考、二次選考も通って、最終選考の28人に残りました。


最終選考をパス出来るのは10人。

当然、アイドルデビューの夢が膨らみました。


主催した雑誌に、私を含む28人の候補者がビキニ姿で紹介されました。


実名で、年齢、身長、体重、趣味や特技からBWHまで掲載されました。


私が載せられた雑誌が発売された数日後でした。


私は高校からの帰り道でした。


電車が何かのトラブルでダイヤが乱れて、自宅の最寄り駅に着いたのは夜20時を過ぎてました。


5分ほど歩いて、家まであと10メートルくらい。


あの広い公園のそばで、レイプされたときと同じように、同じ場所で、後ろから男に抱きつかれました。


聞き覚えがある声で言われました。


「声を出すな、言う通りにしろ…」

と。


やっと薄らいできていた、レイプされたときの記憶が、いっきに鮮明に蘇ってきました。


恐怖で足がすくんで、逃げ出せませんでした。


あの時みたいに、公園の中のあのトイレに連れ込まれ、あの時と同じ便座がある個室トイレに閉じ込められ、手口から、あの時の痴漢と同一人物だと悟りました。


男は、やはりマスクをして顔を隠してました。


私が載った雑誌のページを見せられました。


「まさか、あのガキがこんな有名人になるなんてな」

「今頃、世間では何百何千の男が、お前のグラビア見ながらシコッてるんだぜ」

「もう一度やらせろよ。

今更勿体ぶると、俺が一番乗りで処女頂いた事、バラすからな」


そんな事を言われました。


制服を脱ぐよう言われ、拒否すると、セーラー服の胸元にカッターナイフを当ててきて、カッターナイフがサーッと下りました。


セーラー服は、切られて完全に前開きです。


そこから全裸にされるまでは、あっという間でした。


私は怖くて、蘇った過去のレイプの記憶で頭が錯乱しきって抵抗すら出来ず、スカートもブラもショーツも、ルーズソックスも脱がされ、あの時みたいに便座を跨いで、壁に手を付かされ、後ろからアソコや乳房を触られ、私が濡れた頃合いを見て、挿入されて

「15歳の癖にこんなに立派に胸膨らみやがって」

とか、

「あれからセックスしたのか?この締まりなら多分、してないだろ」

とか、酷い言葉を浴びせられました。


破瓜の痛みは当然もう無いけど、代わりにあの時は感じなかった快感が、膣内で感じられました。


快感はどんどん増していき、私は自力で立っていられなくなって、後ろから男に抱えられ、無理矢理に立たされて犯されました。


体の力が抜けて、私はそのまま放尿までしてしまいました。


放尿は止められなくて、尿を出し切った頃には、足元の床は尿が広がってビチャビチャで。


「こんな小便臭い場所でセックス出来るか!」

と男に言われ、個室トイレから出されて、その場で正常位で犯されました。


誰かがトイレに入ってきていればそこで終わる状況でしたが、無情にも誰も来ませんでした。


まさか、2度もレイプされるなんて。


人生でたった2回の性体験が、2回ともレイプだなんて。


色々と体位を変えられながら犯されているうちに、私はオーガズムが近付いてきてしまいました。


人生2回目で、しかも4年ぶりのセックスで、レイプされてる状況でオーガズムなんて…。


さすがに私も自慰行為は、その頃は毎日していましたし、快感で自分を追い詰めてグッタリになる事もありました。


ですが、レイプされながら押し寄せてきた快感の波は、それを遥かに凌駕していました。


これがオーガズムなんだって分かりました。


遂には皮膚感覚全てが快感になった感じで、両手両足を使って男にしがみ付かないと耐えられなくなって、頭が快感で真っ白になって、私はイッてしまいました。


「今日はアイドルを孕ませに来たんだ。

だから中で出すぞ」


と言われました。


嫌だとお願いすると、私が黙るまで平手打ちをされました。


男は、

「出るっ出るっ!」

と唸り、私への挿入を深めて動きを止めました。


「アイドルに中出ししてる、中出ししてる…」

そんな風に、夢心地みたいに呟いてました。

その後、私はイキッ放しに陥りました。


乳首やクリトリスは、少し触れられただけで電撃のような、死にそうなくらいの快感が走りました。


オーガズムから抜け出せなくて、もう男のやりたい放題でした。


4〜5回の膣内での射精を伴ったレイプの後。

放心した私が我を取り戻すと、既に男は消えてました。


私は裸のままボロボロの制服や鞄を抱えて、急いで家に帰りました。


そして妊娠。


なぜ妊娠したか親に説明出来ないまま中絶。


私は精神的に支障をきたした上、妊娠が雑誌の編集部に知られ、アイドルデビューを辞退させられました。


本来なら、読者投票で私は2位で準グランプリだったそうです。


あの時レイプされてなければ、私はアイドルデビューしていました。


それ以来、あのオーガズムが忘れられず、誰彼構わず寝る女になり果てた私。


未だにセックス中毒です。