pic-0212001134
事故にあった姉と肉体関係を持った時の体験談

姉は、ずっと僕の憧れだった。


清楚で、綺麗で、明るくて、僕の自慢の姉だった。

そんな姉があの事故に遭ったのが3年前。酷い自動車事故だった。

命に別状はなかったが、あの事故で姉は右目を失い、美しかった顔に大きな傷跡が残った。

それから、姉は家に引きこもり、殆ど誰とも話をしなくなった。

そんなある日、僕は姉が一人で自分を慰めているのを見てしまった。

姉は、僕が外出から帰ってきたのに気づかずに、自室のベッドで下半身をさらけ出してオナニーに耽っているのを少し開いたドアから覗いてしまった。

あの清楚な姉が・・・。

僕にはショックだった。

でも、姉が事故に遭ったのは、27の時。

普通に彼氏もいただろうし、セックスもしていただろう。

「あっ、あっ、あっ・・・、うっ!」

姉の手の動きが激しくなり、体を少し反らせたかと思うと、姉は体をぐったりとさせた。少し荒い息遣いだけが続いていた。

僕は、そっとその場を離れ、自分の部屋に戻って、今見た姉の姿を頭の中でリプレイしていた。

姉の中指が自分の膣をまさぐり、抜き差しすると、親指でその上の突起を捏ねているようだった。

夕食のとき、姉はいつも通り、何もしゃべらずに食事を口に運んでいた。

食べ物を咀嚼するその口元が、その日はなぜだかいやらしく見えて仕方がなかった。

その夜は、全く寝付けずに、悶々としており、僕は思い切って姉の部屋に向かった。

部屋に鍵はかかっておらず、足音を立てないようにベッドに近づくと、小声で声をかけた。

「姉貴」

姉は、返事をせずに体だけを僕の方に向けた。

「一緒に寝てもいいかな」

姉は、いいとも、駄目だとも返事をせず、ただ黙って暗闇の中で僕を見つめていた。

「入るよ」

思い切って、僕はそう告げると、姉のベッドにもぐりこんだ。


姉の温もりを感じながら、枕の下から腕を差し込んで、姉の体をそっと抱き寄せた。


姉はそれでも何も言わず、僕に抱き寄せられるままだった。


「姉貴」

返事はなかったが、僕は続けた。


「姉貴が、夕方、自分で慰めているの見ちゃった」

姉は、少し目を見開いたように見えたけど、それでも何も言わなかった。


僕は、何も言わない姉の胸に手を当てて、パジャマの上からゆっくりと胸を揉んだ。


Aカップの姉は、あまり手ごたえを感じなかったが、僕のペニスを興奮させ、勃たせるには、十分だった。


それから、ゆっくりと姉のパジャマのボタンを外し、ズボンも下着も全部脱がして、自分も素っ裸になった。


姉の体に覆い被さり、姉の唇にキスをしたとき、姉の体は初めて小さく震え、目を閉じた。


姉は、されるがままで、何の抵抗もしなかった。


あれほど憧れていた姉の裸体が目の前に晒されている。


僕は姉の小さな乳首を口に含みながら、姉の割れ目へと指を滑らせた。


姉の閉じた割れ目は、乾いていた。

それでも指で割れ目をそっと開くようにしてその奥に指を這わすと・・・、姉は信じられないほどに、濡れていた。


「姉貴、すごく濡れてる・・・」

思わず、僕がそうつぶやくと、姉は初めて恥ずかしそうに腕で顔を隠した。


暗くて見えにくかったが、ほとんど毎日、能面のようだった姉の顔に久しぶりの表情を見た気がして、僕は、嬉しくなった。


「姉貴、気持ち良くしてあげるね」

僕は、姉にそう告げるとゆっくりと姉の股間に顔を埋めていった。


太ももの付け根を舐め、割れ目に沿って舌を這わせ、少しずつ姉の割れ目の合わせ目を開いていった。


やがて、僕の舌先がクリトリスに触れると、姉は、小さく、

「あっ」

と声を漏らして、体を震わせた。


「姉貴、気持ちいい?」

姉の突起を舌先でつつきながら、訊いてみたが、姉は何も言わなかった。


僕は、少し意地になって、姉の敏感そうなところを吸ってみたり、舌で転がしたりしながら、姉の反応を窺った。

姉は何も言わなかったが、体は明らかに反応してきていた。


「ん、ん、ん、ん」

押し殺したような声だったが、姉は目を閉じて明らかに感じていた。


そして、姉の声の間隔が短くなっていくのに合わせて、僕は舌の動きを激しくすると、姉は僕の顔に腰を押し付けるようにすると、大きく体をしならせ、果てた。


「イった?」

何も答えないと思っていても、訊かずにはいられず、言ってみると、姉は、本当に小さな声で一言、

「イった・・・」

と答えた。


これが、姉と3年ぶりに交わした、初めて意味のある会話だった。

僕は、本当にうれしくなって添い寝をするように位置を変え、姉の細い体を後ろから抱きしめた。


抱きしめた瞬間、姉は深く息を吐き出して、僕の手に自分の手を重ねてきた。


僕は、姉に抱きついたまま、そのまま、まどろんでしまった。


ふと目を覚ました時、僕のペニスは再びギンギンだった。

姉の体を仰向けにして、足の間に体を滑り込ませると、ペニスの先で姉の入り口を探った。


姉も眠ったのかどうかわからなかったが、俺を無表情のまま見つめながら、それでも

わずかながら僕の脇腹をさすりあげるようにして、姉の中に入っていくのを促してくれた。


姉の膣はとても暖かくて、やわらかくて、僕は脳が溶けてしまうのではないかと思った。


最初は、ゆっくりと出し入れしていたが、そのうちに何もわからないくらい感じて、滅茶苦茶に姉を突いていた。


気づくと、姉も口が半開きになって、舌が覗いていたので、ディープキスをすると、下からしがみ付いてきた。


「姉貴、感じてるの?」

腰を激しく振って、尋ねたが、姉が頷いたのかどうかも判らなかった。


ただ、姉が腹筋に力を込めるように首を持ち上げて体を痙攣させたのと、僕が姉の中に全てを吐き出したのは、ほとんど同時だった。


姉から流れ出る精液の始末をして、姉に布団をかけると、僕は自分の部屋に戻っていった。


眠りに落ちる直前、僕は遠くでシャワーの音がするのを聞いた。


翌朝、姉は、元の何も言わない姉に戻っていた。


でも、ひとつだけ気がついた。

姉は、うっすらと、本当にうっすらと、化粧をしていた。


「あら、さとみ、お化粧なんて久しぶりね」

母親が、そう言うのを聞いて、僕は初めてそのことに気付いたように、

「ホントだね、姉貴、何かいいことでもあったの?」

と言ってみたが、姉は表情を変えず、自分の部屋に戻っていってしまった。


その日は、仕事が手につかなくて、困った。


気がつくと、姉のことばかり考えている自分がいた。


こんなにも、自分はお姉ちゃんっ子だったのだろうか・・・。


それとも昨夜のことが、そうさせているだけなのだろうか。


そんなことを考えているうちに終業時間を迎え、家に戻ると、やはりそこには表情を見せない姉がいた。


昨日のことは、夢だったのかと思ったりもしたが、夜中になると、僕はまた、姉のベッドに潜り込んでいった。


姉の体に触れたとき、僕は驚いた。

姉は何も身に纏わず、ベッドに入っていたのだ。


僕が、布団を剥いで、ほとんど無意識にベッド脇のライトをつけると、姉は自分の体ではなく、咄嗟に自分の顔を隠した。


姉は、自分の裸よりも傷痕の残った顔を見られるのを嫌ったのだ。


「姉貴、ゴメン」

そう言って、僕は姉に覆いかぶさって、姉を抱きしめた。

できるだけ優しく、手を顔から離そうとすると、左手は素直に離したものの、右手は目と頬を覆ったままだ。


「このままじゃ、キスもできないよ・・・」

そう言いながら、そっと頬に口づけをすると、姉は僕の首にしがみ付いてきた。


「見ないで」

呟くように、姉が声を発した。


僕は、そのまま手を伸ばして、ライトを一番暗くしたが、最後までは消さなかった。


事故の後、姉はずっと前髪を伸ばしている。

そしてその髪で顔の右半分をいつも覆うようにしている。


「傷が気になるのは、わかるけど、姉貴、いまでも十分きれいだよ」

そう言って、僕は今夜も姉の中に入っていった。


もう遅いかとも思ったけど、姉を困らせたくなかったので、その日はゴムを用意しておいた。


暫く姉は、無言のままだったが、少しずつ声が出てきた。

「うっ、うっ、うっ」

僕が突く度に姉の喉の奥から声が漏れだす。


顔の右半分を覆っていた手は、口を覆うようになり、声が漏れるのを懸命にこらえていた。


やがて、姉が再び昇り詰めようとしたしたとき、僕は姉から抜いた。


姉は明らかに、戸惑った表情をして、細かく口を動かして何か言おうとしている。


「姉貴・・・、僕の前で何もかもさらけ出せるようになったら、言ってね」

そう言うと僕は、自分のパジャマと下着を拾うと、自分の部屋に戻った。


さっきまで、姉の中で暴れていたものを鎮めるために、僕は自分で扱いて精液を絞り出すと、そのまま、さっさと眠りについた。


明け方、僕は人の気配で、目を覚ました。


姉が僕のベッドに潜り込んできたのだ。


「シン、ごめん・・・」

掠れるような声で、姉はそういうと、僕にしがみついてきた。


「して・・・」

絞り出すような声でそういうと、僕のパジャマのボタンをはずし始めた。


「姉貴、待ってよ。


姉の動きを制して、姉の体を引き寄せると、姉は僕の胸に熱い吐息をはきかけ、子供みたいに言った。


「もう、私を抱きたいと思う人なんて、いないと思ってた・・・」

「そんな・・・」

「シンが来たとき、驚いたけど、嬉しかった」

口元に耳を寄せないと聞こえないくらいの声だったが、僕には辛うじて、そう聞き取れた。


「だから、して・・・。

抱いて。


清楚な姉の言葉とは思えないことを、姉は僕にはっきりと告げた。


姉は、バジャマの上だけを着た状態で、下半身は裸のままだった。


僕は、姉の上半身を起こして、パジャマを脱がせると、自分も着ているものを脱ぎ捨てた。


それからは、姉のいたるところにキスをして、じっくりと燃え上がるのを待った。


「シン、○×△・・・」

「何? 聞こえなかった」

本当は、聞こえていなくても、口の動きでわかっていたけれど、どうしても姉の言葉を聞きたくて、そう言ってしまった。


「・・・シン・・・、中にイれて・・・」

今度は、はっきりとそう言うのが聞こえた。


ゴムをつけようとすると、姉は、

「そのままで、大丈夫」

「いいの? ホントにこのままでいいの?」

「昨日もそのままだったくせに・・・」

そう言って、姉は少し笑うと、僕の腰を引き寄せた。


「あっ、シン・・・、いいっ!」

姉は、狂ったようにもだえ、何度も何度も絶頂を迎えた。


そして、最後には、

「シン・・・、もうダメ・・・、あっ、でも、そのまま・・・、いく・・・、イク、イク、イクぅ!」

と叫び、エクスタシーを迎えると、いつまでもビクン、ビクンと体を震わせていた。


それからの姉は、僕と一緒なら、少しずつ外出もするようになった。


心の傷が癒えるまで、僕は姉を抱き続ける。


■続き
姉は、徐々に自分の事を話してくれるようになった。


事故当初はただ混乱していただけだったが、最大のショックは顔の包帯が取れた時だった。


右の眉から目を通って頬骨のところまで抉(えぐ)られた傷を見た時、その傷が、左目でしか見えないと知った時、そのまま病院の屋上から飛び降りようと思った。


当時は恋人もいて、”事故は姉の所為ではないし、顔の傷など関係ない”と言ってくれたが、人に憐れんだ目で見られるのも、同情されるのも嫌で、姉の方が心を閉じ、引きこもってしまったので、その人もやがて去っていってしまった。


最近では、自分が生きているのかどうかさえ判らなくなる時があって、そんな時に、エクスタシーを感じると、何とか生きている実感が湧き、現実に戻ってくる事が出来るような気がして、それからは自慰行為に耽るようになったのだと言う。


僕には姉の言っている事が解るような気はしたが、きっと本当には解っていないのだと思う。


ただ、憧れの姉が僕との関係に生きがいを見出してくれたような気がして、僕は精一杯、姉と時間を過ごすようにしていった。


週末に一緒に映画を見に行こうと約束した日、外出着を身に纏って2階から降りてきた姉を見て、母は驚いていた。


「さとみ、出かける気になったの?どこ、いくの?お母さんも一緒に行くから」 

姉は、ゆっくりと頭を振って、

「いい。

シンと行く・・・」


母が、不安そうな顔をして僕を見たので、僕は頷きながら、

「一緒に映画、見てくる」

とだけ告げ、姉と一緒に家を出た。


映画に誘ったのは、暗い映画館の中ならば、姉があまり人目に晒されずに済むと思ったからだ。


映画を見ている間、姉はずっと僕の手を握ったままだったが、それでも時々笑っているようだった。


「姉貴、お茶でも飲んでいく?」

映画館を出てから尋ねると、姉は一瞬躊躇った表情を見せたが、直ぐに小さく頷いた。


喫茶店では、姉が壁の方を向くように座らせて、今見た映画の話をしたりしたが、姉は周りを気にして落ち着かない様子だった。


「姉貴、人目のつかない所に行こっか?」

そう訊いてみると、姉は暫く黙ったままだったが、次に顔を上げて僕を見た時に、小さく頷いた。


出来るだけ清潔で新しそうなホテルを選び、鍵を開けて部屋に入ると、僕は立ったまま姉を抱き寄せて、強く抱き締めた。


それから、少し身体を離して、姉に長いキスをした。


「シン・・・シャワー浴びてきて・・・」

そう促され、シャワーを浴びて薄手のガウンを羽織って戻ると、姉は僕と入れ違いにバスルームに入っていった。


シャワーと止める音がしたので、ベッドに座って待っていると、姉もガウンを着て、タオルで髪を拭きながら出てきた。


僕は、ベッドの端に腰を下ろしたままの状態で、立ったままの姉を引き寄せ、腰に腕を回すと、姉は僕の頭を優しく抱き締めた。


ゆっくりと僕は、顔を上げ、姉のガウンの紐を解き、目を左右に開くと、小さいけど、円錐形のとても綺麗な乳房が現れた。


僕が片方のおっぱいに手をやって、指の腹で乳首を撫でると、姉はピクンと身体を震わせた。


「シン、電気・・・」

僕は、ゆっくりと首を横に振って、優しく姉に告げた。


「今日は、姉貴を全部、見たいんだ」

「エッチ…」

それでも姉は、ガウンを肩から滑らせて落とすと、ベッドのシーツに潜り込んだので、僕も裸になって姉の隣に横たわった。


姉を覆ったシーツをそろそろと剥がし、全てが露わになったところで、僕は、姉にそっと口づけをして抱き締めた。


姉の身体の隅から隅まで手を這わせ、やがて長い脚を開かせると、僕は、亀裂に沿って指で撫で上げた。


姉の秘所は、すっかり潤っていて、指はするっと姉に中に吸い込まれていった。


「あん・・・」

姉の喘ぎ声が色っぽくて、僕は、姉の硬く勃ち上がった乳首を口に含んで舌で転がしながら、クリを捏ねる速度を速めていった。


「あぁ、シン・・・」

喘ぎ声がどんどん激しくなり、姉はやがて小さく身体を震わせると果てた。


姉の細い身体を抱き締めて、息が整うのを待っていると、姉は僕のモノに手を伸ばして、大きくさせ、体を起こして僕の下半身に覆い被さると、舌を這わせ始めた。


大好きな姉の唇が僕を捉え、最初は先の方を中心に、そして一気に根元まで僕を咥えこんだ。


「姉貴・・・、凄い」

僕は、身悶えをしながら、姉の舌技を楽しんでいたが、

「姉貴、シックスナイン、しよ」

と促して、僕の顔の上に跨るよう、姉の身体を移動させた。


パックリと開いた姉の秘所は、すっかり愛液で潤い、ヒクヒクしているのが見えた。


姉の腰を引いて、敏感な突起が僕に届くようにして、そっと包皮を捲って舌先で転がすように刺激すると、

「!?」

姉の動きが止まり、

「あ、シン、それ、いい・・・」

と言って、快楽に身を委ねた。


嬉しくなった僕は、姉のヒップを抱え込むと、舌を一層強くクリに押し当てた。


併せて、アヌスもソフトに刺激しながら、穴に指を出し入れしたすると、清楚な姉とは思えない、

「ぐぇ」

というような声を発して、姉は昇天した。


いつもよりはるかに多い、姉の愛液がシーツに広がった。

僕のモノを手に握りしめながら、一瞬途切れた記憶を繋ぎ合わせた姉は、ノロノロと身体を起こすと、体の向きを入れ替えて僕の下半身に跨り、今度は下の口で僕を根元まで呑み込んだ。


「姉貴、無理しなくていいよ」

僕の上で身体を上下させる姉の太ももを撫でながら言うと、

「大丈夫・・・、シンにも気持ち良くなってほしいの」

と言って動きを止めないので、

「姉貴、そんなにしたら、中で出ちゃうよ」

と情けない声を出すと、

「シンが気持ち良くなるなら、私、どうなってもいい」

と言ってくれたが、僕は慌てて上半身を起して姉の動きを制すると、ゆっくりと姉の身体を押し倒していって僕が上になるようにした。


姉の言葉は嬉しかったけれど、子供ができたら、姉とはこうしていられなくなる。


そう言い含めると、僕は姉の中から一旦出て、コンドームをつけると、再び入っていった。


緩急をつけて突いたり、舌を絡めたりして、姉がもう一度絶頂を迎えた時、僕も姉の中で思いっきり放出した。


「シン、凄いよ・・・」

姉は、僕を受け入れたまま、僕の首にしがみ付くと、耳元で囁いた。


「生きてる・・・、私、いま・・・生きてる・・・」

■続き
姉はすっかり元気になって、昔の姉に戻った。


どこかで黒い眼帯を買ってきて、

「海賊みたいで、カッコいいでしょ」

なんて自分で言って、笑っていた。


僕は嬉しくて、週末は決まって姉とどこかに出かけるようになっていた。


親に絶対にバレてはいけないから、と姉と話し合って、2人で過ごす時は必ず外にする事にした。


元気になった姉は到底アラサーには見えず、20代前半にしか見えないので、知らない人が僕達を見るとどっちが年上か分からないようだった。


清楚で綺麗で自慢の姉が、僕達だけの秘密を持って明るさを取り戻した。


それなのに・・・1年も経つと、姉は徐々に僕を避けるようになっていった。


「姉貴、週末、ドライブに行こうか」

と言っても、

「ゴメン・・・約束があるんだ」

と言って断られたり、1人で出かける事が多くなってきた。


僕は寂しかったけど、”姉が1人で外出も出来るようになったんだ”と思う事にして、自分を納得させていた。


けれどある日、姉は僕との秘め事も断った。


「シン、もうこんな事やめよう」

「どういう事?」

「私達、姉弟なんだし・・・」

「・・・」

僕は、猛烈に怒りが込み上げてきて、車を停めると姉の方を向いて問い詰めた。


「姉貴、どういう事か説明してよ」

「だから私達・・・」

「そんな事、最初から分かってたじゃん。

今さら何でそんな事言うの?」


「・・・」

僕は車を出して、最初に目に留まったラブホテルに車を滑り込ませると、姉の腕を掴んで部屋に入った。


ベッドに腰掛け、姉は部屋のソファに座らせて、僕は努めて冷静に姉に訊いた。


「好きな人でもできた?」

「・・・ゴメン」

「何だよ・・・元気になったら、僕は用済みってわけ?」

姉が元気になったのなら祝福してあげないといけないのに、自分の事しか考えられない僕は思わずそう言ってしまった。


姉の大きな左目にみるみる涙が溜まっていき、大粒の涙が頬を伝った。


「酷いよ、シン・・・」

「酷いのは、どっちだよ・・・」

僕が立ち上がってそっぽを向くと、姉は肩を震わせて泣き出した。


泣きたいのはこっちだよ、そう思って姉の方に向き直ると姉は僕に抱きついてきて、がむしゃらに唇を重ねてきた。


僕は面食らってしまったが、姉をベッドに座らせて隣に座ると、改めて姉に事情を話してくれるよう促した。

「・・ままじゃ、シンの・・・、・・・しちゃう・・・」

しゃくりあげながら話すので、ところどころ声が聞き取れない。


僕は背中を擦りながら、姉が落ち着くのを待ってもう一度尋ねた。


「好きな人って、誰?」

「・・・」

「姉貴?」

「・・・死んだよ」

「え?・・・誰が死んだの?」

姉は一瞬キョトンとした顔をしたかと思うと、今度はくすくすと笑いだした。


「やだ、シンったら・・・」

「???」

「シンよ、シン。

『シンだよ』って言ったの」


ようやく姉の言っている事が呑み込めた。


嬉しかったけど、僕の気持ちはまだ納得していない。


「じゃあ、どうしてあんな事言うの?」

「だって・・・このままじゃシンの人生、台無しにしちゃう・・・」

「誰が?姉貴が?」

姉は小さくこくんと頷いた。


「シンには、ちゃんとした人と・・・」

僕は姉に、最後まで言わせなかった。


「姉貴は、ちゃんとしてないの?」

「・・・」

姉は再び目に涙を溜めながら前髪をかき上げてみせると、眼帯を取ろうとした。


「姉貴は、今でも十分に綺麗だって!」

そう言って抱き締めると、姉は今度は声を出して泣いた。


嗚咽が少し治まると、姉は小声で言った。


「苦しいの・・・」

「え?」

「シンの事、好きで苦しいの・・・弟なのに好きだから・・・」

僕は姉を立たせると、衣服を1枚1枚丁寧に脱がせて、直ぐに僕も裸になった。


立ったまま抱き合い、姉の口に舌を挿し込んで、舌と舌を絡ませた。


「姉貴、お口でして」

姉は素直に跪き、僕のペニスにたっぷりと舌を這わせた後、根元まで呑み込んだ。


「姉貴の口を僕の精液で汚したい」

そんな思いに苛まれつつ、イキそうになるのを堪えて姉の身体をベッドに横たえると、僕は姉の脚を割って入り、前戯もなしにそのまま挿入した。


何の抵抗もなく、僕のモノはするっと姉の中に呑み込まれた。


「うっ、うっ、うっ」

僕が突く度に、姉の口から声が漏れた。


やがて姉は切なげな表情を見せ、僕の名を呼びながら絶頂を迎えた。


それでも僕は、姉をそのまま突き続けた。


「ああっ、ダメ、ダメ、ダメっ!いっちゃう、いっちゃう、いっちゃうっ!」

と叫んだかと思うと、そのままぐったりとした。


僕は姉の中に入ったまま姉を抱き締めると、耳元で囁いた。


「姉貴、このまま出すよ。

2人でどこか、遠くへ行こう」


姉は目を固く閉じたまま、何度も頷きながら僕の精液を受け止めた。


「シン、私のためにゴメン・・・好きになっちゃってごめん・・・」

「もうあ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする