0152
俺が学生時代大好きだった物理の先生。


ただ純粋に先生の事が好きで、よく先生に勉強を教わったりしてた。


それでも俺は、セックスしたいとか、犯したいとかっていう気持ちには一度もなった事はなかった。


それくらい先生の事が純粋に好きだった。


ある日の放課後、いつものように先生の所に遊びに行った。


「あれ、今日は誰もいないんだ。


「そうなのよ〜用事があるとかで帰っちゃったの。


「へぇ〜先生ももう帰る??」

「私はもう少し残るよ。


先生の隣に座って、俺は先生といつものように雑談して盛り上がった。


でも、何だかいつもと先生の様子が違うような気がして気になった。


すると突然、

「あなた、私の事好きなんでしょ?こういう事がしてほしくて毎日来るんでしょ?」

と言って股間を触ってきた。


俺は

「そんな事ないから、やめてよ…」

と先生に言った。


でも先生は、止まらなかった。


俺のズボンとパンツを脱がせ、

「こんなに硬くなってるじゃない。

やっぱしたかったんじゃない」


と言い、咥えてきた。


俺は何度も抵抗したものの、その度に先生の歯が俺のチンコに噛み付いた。


俺は先生の口の中で暴発させてしまった。


先生はそれを飲み干すと

「まだ硬いなんて、どんだけ私としたかったの?」

と言ってきた。


「そんなんじゃないよ先生…」

と言っても、先生には俺の気持ちは伝わらなかった。


先生はスカートを捲り上げ、パンストとパンツを下ろし、僕の上に跨ってきた。


まるで何かに取り付かれたように、先生は乱れていた。


「先生イキそう!」

と言ったが、無視され俺は中出ししてしまった。


行為が終わると

「またさせたあげるわ!早く帰りなさい」

と言われ、泣きながら帰宅した。


それからも、先生に呼び出され何度も犯された。