0169
風俗情報見てたら、なんと中学時代の同じクラスの女の子らしき写真があった。


口元を隠してる上に小さい写真だったものの、特徴のある目元ですぐ判った。


当時、可愛い顔して巨乳だったのでよくモテてており、その顔と巨乳を想像し、たびたびイかせて貰ってた。


早速店に電話し、彼女の出勤日を聞いて有給取って行きました。


逸る気持ちを押さえながら…。


中学時代は超肥満体系だった俺は、工業高校の部活(柔道)でかなり鍛えられ、背が伸びて体格も変化したので顔バレしないだろうと思ったが、一応用心のためにラッパー風ファッションで決めて出掛けた(25歳、笑)。


当時は全く異性に相手にもされず、影で気持ち悪いとも言われたが、何とか人並みになったように思う。


そして、ドキドキしながら待合室での待ち時間を経て、遂に俺は眼前に妄想でイかして貰った彼女の10年たった姿を拝する事になった。


ひと通りの社交辞令の会話。


可愛い顔が、少し細くなって美人になってる。


俺は意地悪く彼女の年齢を聞きました。


「22歳」

可愛らしい詐称です。


「25才でしょ?」

そう言うと不審顔になる彼女。


そこで彼女に中2の時の同じクラスであった私の名を告げました。


あれ?あまり覚えてなさそうな態度。


…影が薄かったのね(泣)

会話はもっぱら私の中学卒業後の話と級友の話ばかりになった。


級友の話は食い付きが良かった。


とことんどーでもいい男(クラスメイト)だったんだな(泣)

しかし、彼女が洩らした一言が流れを変えました。


「こんな所にいるのバレちゃうと恥ずかしいな……」

私はそれには直接答えませんでしたが、代わりに実は中学時代彼女を自慰の対象にしてた事を告白し、ことさら恥ずかしがって見せました。


恥ずかしいのはお互い様、というこちらの少しばかりの心遣いが伝わったのか、少し朗らかな態度に変わりました。


過ぎる時間。


汗一雫。


一瞬の静寂。


「今日、どうする?」

彼女が聞いてきました。


私は彼女を見ました。


あの時代輝いていた彼女を。


胸、手、口元……それは見紛う事無き、私が昔求めたモノでありました。


やります、はい、やります。


うわ言の様に繰り返す私。


情け無くも少し震えが来てる。


彼女は無言で服を脱ごうと上着に手を掛け、慌てた私。


待って待って!と言うが早いか、服の上から彼女の胸を鷲掴みにする俺。


「1度服の上から触ってみたかったんだよ……」

軽く頷く彼女。


後ろに廻り立ったまま胸を揉みしだいた。


彼女の髪の毛に顔を埋め、あの日、あの頃を思い出す。


今、俺はあの巨乳を揉んでるんだと。


少し煙草臭い髪の毛から顔を移動し、うなじに移動。


更に彼女を前に向かせた。


「キス、いいよね?」

「うん……」

俺は左手を彼女の後頭部に廻し右手は胸・身体を弄りながら、ベロキスをしつこくやった。


「ベロ出してよ」

「はい」

舌と舌を絡ませるキス。

夢じゃない!

現実なんだ!

その時点で息子は暴発手前だった。


彼女を脱がす前に素早く全裸になる俺。


「自分で脱いでいい?脱がす?」

「脱ぐ所、見たい」

色っぽい下着姿から、彼女は向こうのダンサーの様に腰をくねらせて、もったいぶってブラを外す。


そして妄想の中、あれほど切に見たいと念じた巨乳の全てが目の前に……美乳だ……。


そして下もクネクネしながら脱ぎ捨て、ミロのビーナスの格好をワザとする彼女が……立ったまま抱き合う事に。


ビンビンに復活した息子が彼女の下腹部近くに当たり、腰を捻る彼女。


キス、パイ舐め、秘所指責め。


立ったまま、息子を彼女の下腹部に押し当て、グラインド&ピストンする。


俺はお願いしてみた。


「入れたいよ……」

「ダメ……お店だし。

お願い……」


そう言われて諦める俺。


あまり欲張ってもいけないな、と。


そしてキスしながら手を彼女の頭の上に乗せて少し力を込めた。


その意図を察知した彼女が跪く。


そこで敢えて俺は口に出して言ってみた。


「舐めてくれる?」

意外と興奮した。


頷く彼女。


そしてフェラ開始。


仁王立ちプレイだ。


その方が彼女が見れる。


あの、あの彼女が俺の息子を跪いてしゃぶってる!

そう思うだけでスグにでも限界がきそうだった。


しばらくすると、腰がゾクゾクするほどの快感が襲ってくる。


あっという間に口内発射。


多分、自己最短記録で果ててしまった。


彼女が口を濯ぎに行く。


その帰りを待つ間に時間切れのタイマーが鳴り、慌てて服を着て、

「また来るから、絶対に皆には言わないから」

と言って別れた。


で、1週間後店に電話したら

「辞めました」

そりゃそうだわな……。