3
これは20代の時の話です。

自分の住んでるとこは田舎で畑やら田んぼが多く、山の奥にも畑を作ってる場所もあります。

平日の昼間は男は仕事、女が農作業に行く事が日課な所なんです。

自分は平日休みがあるため家でのんびりしてますと、向かいの幼なじみのお母さんが畑に行きたので、暇さ自分は後をつけ、ラッキーな事に山奥の畑に行きました。

少し離れた場所に隠れて見てると、農作業の手を休め影の方に歩き出しました。

もしやと思いダッシュして近くにいきたら、おばさんはオシッコをしてましたので、速攻で押し倒し、オシッコまみれになりながらも、何回も犯してやりました。

最初は悲鳴を上げましたが、息子の幼なじみで近所の自分だと分かると、

「○○ちゃん止めて」

って言いながら感じ始め、もっと突いてって感じで ベロチューしながらやりまくりました。

それからは自分を気に入ってくれたのか、人が来ない作業小屋でやりまくったり、夜はこっそり会いフェラしてもらったりしてました。

先ほど投稿した農作業の幼なじみの友達の母親とは別に、自分は熟女好きなんで、隣のおばちゃんともやりました。

まず自分の手口としては、見られてる事に気付かないふりをして勃起チンコを見せつけて欲情させます。

それで友達の母親もずっと見てましたね。

隣のおばちゃんには、事前に立ちションしてるとこを気付かないふりして見せつけ、家の前にある植木の手入れしてたおばちゃんに近付き、世間話しをしながらチャンスを伺いました。

ぽっちゃりしたおばさんで巨乳、巨尻でしたので堪りませんでした。

庭の作業が終わり、鍬を家の隣にある車庫へ仕舞いに来たのでチャンスと思い、自分も車庫へ行って押し倒しました。

おばちゃんは意外にも無抵抗で、おばちゃんとやりたいって言ったら、

「○○ちゃんはこんなおばちゃんでもしてくれるんか?」

と素直に裸になり、トラクターにもたれせバックで突きまくり、おばちゃんは巨乳を揺らしながらグチョグチョと下品な音を出し、喘ぎまくりでした。

それから平日休みの日は、おじさんが仕事に行きた後、朝から夫婦の寝室や娘の部屋でやりまくりました。

午前中は隣のおばちゃん、午後は友達の母親の日もあり大変でした。