00057
以前、レディースに所属していたが、万引き、恐喝なども行なうグループであったため、脱会を申し出た。


脱会するには、やはり、焼き入れという集団暴行を受けることに。


建築途中で中断した、建築事務所のプレハブ小屋に連れていかれた。


現場のロープで手を縛られ、その先は屋根に通し、吊るされる感じで縛られ。


8名から、竹の棒で叩かれ、スカートとシャツをはぎ取られ、股間とか、おっぱいを弄られ、下着もはぎ取られた。


焼き入れ開始の合図で、みんながタバコに火を付け、一服して、ひとりひとりが、私の体にタバコの火先を押し当てていった。


途中、気を失い、失禁していた。


板の間の転がっており、みんなに蹴飛ばされて、意識が戻ってきた。


お目覚めだぜって言葉の後。


まさる、こっちへ来い。


男も居るの?って感じで、痛いとかより、凄い羞恥でいたたまれなかった。


現れた人はデブの何ともキモ顔の奴。


同級生であるのが判った。


「まさる、美沙を好きにしていいんだぞ」

まさるコールが始めるが、まさおは、何も出来ず突っ立っていた。


「まさる、美沙も裸なんだから、脱ぐんだよ」

まさるは、慌てて服を脱ぎ始めた。


脱ぐとますますきもいな〜とかヤジが飛んだ。


しかし、最後の一枚を脱いだ時、ヤジが変わった。


何、あのデカさ。

デカすぎ。


って感じ。


洋物の黒人の物くらいの物だった。


「まさるでかいな〜、こんなの持ってても、きもいから使ったことないだろう。

美沙に使ってあげな」


2人が私の腕を掴み、持ち上げ、まさるの股間の前に顔を持っていった。


まさるは近づいて来て、口に押し当てた。


「美沙、くわえるんだよ、キモまさおのをしゃぶってやれよ」

みんなっから、笑い声が。


口を緩めたら、それはズズズっと入ってきて、喉奥にあたった。


唾液がだらだらと流れ出し。


ゆっくりと前後運動が始まり、喉奥にあたり、何度も何度も。


スグに、熱く、苦いものが口に広がった。


顔を後ろに動かし口に入ったものを抜き去り、液体を吐き出した。


「なんだよ〜、もう逝っちゃのかよ」

「美沙のオマンコにぶち込んだでやらなきゃ、チェ」

しかし、さっきダラってしていたものが、少しづつ頭をもたげ始めた。


何故か、皆、それを、息をこらして見ていた。


直ぐに、しっかり上を向いていた。


ぶっちこめ、ぶっちこめというコールが始まった。


腕を持っていたひたりは手を離し、転がったところを足首を掴まれ、まさるに、オマンコを拡げる形になった。


今までは、歯を食いしばり我慢していきたが、その時は「嫌!やめて!!」と叫んだ。


すぐに口を押さえられ、シャツを口に詰め込まれた。


まさるが覆いかぶさって来て、先が押し当てられ、ズボズボと入ってきた。


しばらくは、犯されてる感じと凄い圧迫感で、逃げたくて腰を動かして、逃げようと試みたが、無駄だった。


それが、何か今までにない快感で、声を出して喘いでいた。


回りから、色々声が飛んで来ているが、どうすることも出来ず、快感にしたってしまい、頭が真っ白になり、ぐったりした。


それでも、まだ、ピストン運動は続き、ただただ受けていた。


しばらくして、強く奥に押し当たり、暖かみを感じた。


すぐに抜き取られ、溢れ出てくるのをみんなに見られた。


気が付くと、みんな居なくなっていたようだった。


重い体をっもたげると、まさるが近くの椅子に座っていた。


まさるが近づいて来て、ゴメンなさい、本当に申し訳ない、ごめんなさんと何度も言っていた。

もういいよっていうと、まさるは、きちんと着る物をたたんで持って来てくれた。


服を着るのを見届けると。


まさるは、

「送っていこうか?邪魔なら、帰るね」

キモ男だが、何か一緒に居て欲しかったので、

「送って行ってくれる?」

って言った。