00303
あれは中学生の冬頃。


妹が座敷にあるコタツで寝ていた。

その頃、女の体に興味津々だった俺は、妹を女としか見てなかった。

まだ、あそこの毛も生えていない無垢な子だったのに。

手始めに、起きてるかどうか頬を突っつく。

ぷにぷにして心地いい。

そしておもむろにコタツの中へ。


スカートなので当然中は丸見え。

純白のパンティに可愛いキャラクターが乗ってる。


起こさないように起こさないように・・・そっと人差し指をパンティーの淵に引っ掛ける。

こんなにドキドキが止まらないのも、じっとり汗ばんでるのも、コタツのヒーターのせいではない筈だ。


そうして慎重にずらしたパンティの中から、まだ無垢なスジが見えた。

そしてその頂に、ほんの少し突起が見える。

まだ発達していない小陰唇。

ピンク色に輝く中。

女としてはまだ幼すぎる、少女の全てがそこにあった。


「んっ・・・」

しまった!起こしてしまったか?

慌てて頭を打ち付けてしまった。

外に出てもう一度寝てるか確認する。


うん、大丈夫。


静かに寝息をたてている。

今度は人差し指を入れようと、もう一度唾で濡れたそこをめがけて滑り込ませる。

肉の感触が心地いい。

その一つ一つが指に纏わりついてくるようだ。

そしてそこに辿りつき、ゆっくりと中に入れる。

あっさりと中へ滑り込んだ。


そこは小さかった。

人差し指だけで一杯になってしまう。

そうして第二関節まで入れたところで、ゆっくりと引き抜いた。


膣の中に反応があった。

突然、締め付けられる指。

慌てて全部引き抜くと、布団の外から母の声が。

横になってテレビを見ながら何とか誤魔化す。


最後に残った、引き抜いた時の呻くような声。

それがなかなか頭の中から離れなかった。