00384
最近パソコンを始めて投稿サイトを見たら、私みたいな変態は私だけじゃなく、沢山いる事にびっくりしました。

嬉しいです。


思い切って私の変態行為を告白しちゃいます。

私、事務系の仕事に携わっているOLです。

私の性癖が何年も変わってなくて更にエスカレートして変態になってきました。


私、野外でアナルに色んなグッズを入れたり、縛ったり、浣腸プレイなどしながらオナニーしています。

最初は、自分の部屋で声を殺しての普通のオナニーだったけど、隣の人に声が気づかれないようにするうちにストレスが溜まって、そのうち我慢できなくなって野外でするようになりました。

私が住んでいるところは比較的田舎なので、緑に囲まれてのオナニーは最高です。

外で声を出すと最高にストレス発散できます。


「見て・・入れて~!」など、野外なのでへっちゃらです。


カラオケなんか問題になりません。

マゾの私は今では浣腸したり、アナルにアナルパールやバイブを挿入したり、ろうそくを垂らしたりしてオナニーしています。


先週は誰もいない人里離れた山のキャンプ場で思いっきり浣腸オナニーをしてきました。

誰もいない男子トイレでタチションしていたとき、外で鳥が「ギャー!ギャー!」と鳴き始めたときは、超あせりました。


山の中は熊が出る危険があるのでいつもラジオを持っていきます。

熊などに襲われて、バイブを挿入したまま死体で発見されて、付近に浣腸器やローションやテッシュ、ろうそく、ロープなどが置いてあったら、私が野外SMオナニー愛好家だと言うことがバレてしまいます。

新聞の見出しに『若い女性が山中で全裸でSMオナニーの最中に熊に襲われ死亡!』などと新聞やNewsなどに出たらとっても恥ずかしくて、家族も生きて行けないので、私みたいに山の中でオナニーする気なら気をつけましょうね。


私はいつもオナニーしに行くときの車の中で、今日もいやらしいオナニーを期待しながらやってみたいプレイの数々を想像し、言ってみたいいやらしい言葉を思い浮かべながら、期待を膨らませて向かいます。

そんな事を考えるともう車の中でアソコがグチョグチョで目が潤んでいるのが解ります。


前にオナニーした場所に行ったら、偶然カップルが乗った車と会って慌てた時もあります。

こんな山の中に目の潤んだ若い女性が一人で何をしに来たのかなという好奇心の目で顔をジロジロ見られました。

とっても恥ずかしかったです。


それと一回だけ山菜採りのおじいさんにオナニーを一部始終を見られてしまったことがあります。

木の陰で隠れて見られていたので気が付きませんでした。

終わった後で気がついて、裸のまま服やバイブや浣腸器など何もかも置いたまま逃げ出しました。

後から取りに戻ったのですがありませんでした。

落とし物か忘れ物として拾って行かれたのかも知れません。

あの時は顔から火が出るくらい恥ずかしかったです。


でも本当は心の奥底では、誰かに見られたいのかも知れません。

私はいつも人が来ないような所を見つけると誰もいないことを確認した後、そこで身につけているものを1枚1枚脱ぎ捨て全裸になります。

そして三脚を立ててビデオカメラを設置し、自分の恥ずかしい姿を撮影するための準備をします。

カメラのスイッチを入れると、木々の間にシートなどを敷きそこに横たわり全身を愛撫しながらオナ始めます。


アナルローションを塗り、よくマッサージしたあとアナル棒を挿入してクリトリスを刺激したりします。

浣腸したり色んなバイブを挿入したり肛門を掻き回したりして「ア~ッ!ヤメテ~!見ないで!イヤ~!恥ずかしい!お願いだからもう許して~!ご主人様なんでもします・・」とか言って泣きながらプレイします。

アソコはもうグチョグチョです。


カメラに向かってお尻を突き出したり、足を思いっきり開いたり、持って来た長い定規でお尻をパチンパチンと叩いたりします。

カメラを意識すると陰から誰かに見られている気がして超興奮して、いつもアナルをいじめるだけでいっちゃいます。


いった後しばらくしてアナルからアナル棒を抜いている時や、テッシュでアナルやアソコを拭いている時や、急いで服を身に着けている時、いつも「こんなことしてるのって世界中で私一人かしら、私って変態かしら」とふと思っていました。


でも、最近パソコンを始めて投稿サイトを見たら、変態仲間が多いので前みたいに後ろめたい気持ちはありません。

後で私の恥ずかしい映像を見るのを楽しみにしてルンルン気分で帰ります。


部屋で昼間撮った私の恥ずかしい映像を見ると、予想以上にいやらしい私自身が映っていて、とっても興奮して、また我慢できなくなり、画像に映し出された淫乱な自分自身の映像見ながらまたオナニーします。

私と同じオナニーしている人いたら聞かせてください。