0266
仕事から帰宅後、何かしらの理由で妻と大喧嘩をして家を飛び出しました。


その日は帰宅するつもりもなく、ビジネスホテルを取り、部屋で熱いシャワーを浴びて思いはせていました。

体はサッパリしたものの、心にはまだ何かつっかえ棒があり、部屋の冷蔵庫の缶ビールぐいっとを飲みました。

ふと窓から外をみると、きらきらと看板のネオンが眩しく、暫く見ていたのですが、また着替えてネオン街の方へ行ってみました。

気分的には何かとても飲みたい気分で、ネオン街のとあるパブへ入りました。


そこは俗にいう熟女パブというところで、会社の仲間内でそういうとこには何回か来た事があるのですが、1人で行った事はなく、少し緊張しながら待っていました。


しばらくすると、グレーのワンピースを着たセレブっぽい女性の方が付いてくれました。

やや、化粧は濃い感じでしたが顔立ちはハッキリとしていて、素直に綺麗な人だと思いました。

年齢的には35位だと思います。

ちなみに僕は当時30でした。


その方と他愛もない世間話をし、盛り上がってきたトコでご指名がかかり、席を外しました。

暫くすると何やら、ロリータ風のやっちゃいました系の女性が来たのでテンションが急激に下がってしまいました。

その方は来て5分もしないうちに店員に呼ばれまた、席を外しました。


最後に来たのが、父兄参観に行く様なスーツを来た41歳の女性でした。

その方は違う席で飲んでいたらしく、少し出来上がっていて、お客さんからチェンジを申し出されたようで、僕に執拗に「チェンジしないでね!」と言ってきました。

僕にはどうでも良かったので、「大丈夫ですよ!」とは言っておきました。


暫く話しをしながら、冗談を交わし楽しく飲んでいると、お決まりの営業作戦でアドレス交換を申し出て来たので、まあもう来る事もないし・・・と思って、取り合えずは交換しました。

1時間を迎えようとした時に店員さんが「延長しますか?」と聞いてきたのですが、彼女が、「あと1時間だけお願い♪」と言ってきて、僕も酔っていたので「いいですよ」と答えました。


それからの彼女態度が急変し、僕の太ももの内側に手を添えてなかなか外しません。

たまにわざとらしく撫で回したり、密着し胸を押し付けたりもしてきました。

話し掛けても、答えは耳元で話しかけて来たので、思い切って彼女のスカートを持ち上げ、股間をのぞき込んだら、「いや~」と言いながらも拒絶はしませんでした。


調子に乗った僕は彼女の膝を撫で続けながら、思い切って「僕の部屋に来ませんか?」と誘ってみました。

すると彼女は少し考えて、「後で電話して」と言いました。


2時間経ったので1度ホテルへ戻り、またシャワーを浴び、念入りに股間と歯を磨きました。

シャワーから出て、店の終わる時間を見計らって電話すると彼女が出たので、再度宿泊しているホテルへ誘いました。

彼女は送迎車に乗り込んでいたらしく、帰る直前に電話が来たので、慌てて降りてきたそうです。

部屋へ彼女を招き入れるとさっきとは別人みたいで、穴の開いたローライズジーンズにピタっとしたTシャツにジャケットを羽織っていました。


2人でベッドに腰を掛けると、彼女は「普段はこんな事はしないの」と僕を見つめました。


僕はグッと彼女を引き寄せて優しく、何回もキスしました。

そのうち彼女が舌を絡めてきたので、僕も彼女に合わせるように舌を絡めました。

彼女のキスはとても激しく、荒々しく、吸い込まれそうでした。

もしかしてお酒のせいで、興奮していたのでしょうか?

僕も負けじと、キスをしながら彼女に「もっと舌を出して」と言い、彼女とのキスを堪能しながら、ジャケットを脱がしました。


そのまま彼女をベッドへ優しく倒し、Tシャツを捲り上げると意外にも彼女は腹筋は綺麗に割れていました。

僕は思わず「凄い」と彼女を褒めました。

そのままTシャツを脱がし、可愛い花柄のブラの上から胸を揉みました。

彼女は何も言いませんでしたが、表情がとてもいやらしくなっていました。


今度はベルトを外し、Gパンを脱がせて足を開かせて太ももの内側を舌先で下からパンティの淵まで焦らすそうに舐め上げました。

彼女は大きくため息を、ふーーとついて、感じているようでした。


「一緒にシャワー浴びませんか?」と尋ね、「うん」と言ったので僕はブラとパンティを脱がせました。


彼女の裸体はとても40代とは思えないほど、素敵な体でした。

胸も程よい大きさで垂れておらず、ウエストもキュっと締まっていて素敵な体でした。

僕もホテルの浴衣を脱いで、彼女の手を引き浴槽へ行きました。


僕は1度シャワーを浴びていたので、彼女を洗ってあげる事にし、彼女の後ろへ廻りました。

軽くシャワーを掛けてから石鹸を手に付けて彼女の背中をいやらしくマッサージをし、そのままお尻を撫で回しました。

彼女は、「アン♪」と声を漏らしました。


「少し足を開いて」と僕は言って、中指でアナル周辺を上下にマッサージしました。


彼女声が段々大きくなってきたので、僕も興奮して固くなってきました。

そのまま、片足をバスタブの縁へ乗せ、再度石鹸をタップリつけてクリトリスを中心に中指を回転させながら愛撫すると、彼女のアソコは凄く熱くなっていました。


耳元で「凄く熱くなってるよ。

気持ち良い?」と聞くと、恥ずかしそうに「うん」と頷きました。


今度は彼女に僕の肉棒を石鹸を付けてマッサージしてもらいました。


興奮しているのか、結構強く握りしめてきたので、「す、少しゆるくして」とお願いしました。


彼女を僕を見つめながら、こねくり回すようなしごきに僕も声を出してしまいました。

僕は彼女にいやらしいキスをしながら、左手で彼女の乳首を摘んだり弾いたり弄んでいました。

その間彼女の手は僕の股間の肉棒をずっとしごいてくれていました。


だんだんのぼせてきたので「ベッドに行きましょうか?」と言うと、「早くこれが欲しい」と微笑みながら彼女は手の動きを早めました。