0178
私、36歳、男、独身。

昨年、事故のため両手右足骨折で入院しました。

その時の出来事です。

バイクで事故をした私は、とある病院に搬送されました。

そこは片田舎でそれほど大きな病院ではありませんでした。

先生2~3名、看護師5名くらいだったと思います。


入院してからのある夜、私は尿意を催し、看護師さんに尿瓶でしてもらう。

36歳にもなって結構情けない感じでしたが、仕方ありませんでした。

まぁ大の方はオムツ・・・ふぅ~・・・。


そんな生活にも少しずつ慣れてきましたが、収まらないのが性欲。

私は個室だったので、彼女が来たとき、フェラとか手コキで、たまに抜いてもらっていました。

しかし彼女の親戚の葬式があったので実家に帰るとのこと。

その間、1週間くらい。


普段彼女とは半同棲状態で、会えばほぼ毎回エッチしているような状況で、正直、この入院はかなりツラかった。

彼女も来てもらえず、かといって自分ではオナニーも出来ないので、溜まる一方でした。


そんなある夜、看護師さん(Aさん、25歳、スタイルはちょっとポッチャリな感じ)が見回りに来ました。

私は昼寝をしてしまったので、なかなか寝れずにいました。


A「石井さん!まだ起きてるんですか?寝なきゃだめですよ~」

私「昼寝しちゃったので、なかなか寝れなくて・・」

A「石井さんはいいですね~、彼女さんが来てくれて」

私「あはは~、もう付き合い長いしね。

でも親戚の葬式とかで実家に帰っちゃったんですよ」


A「私、知ってるんですよ~、石井さん彼女さんに病院なのにイイコトしてもらってるでしょ??」

私「あっ!?!えっ!?いや・・あの・・すいません・・・溜まるもんで・・」と焦りました。


しばらくしてAさんは、私のベッドに近づいてきて・・・。


A「彼女さんがいないなら、私がしてあげましょうか・・・?」と、赤らめた顔で近づいてきました。


私「えxt1?!ろfts@gj、・・」

軽くパニックになりました。


私「看護師さん?えっ!?!」と言うが早いか、パジャマを脱がされ、モノが取り出され、Aさんに優しく扱かれ、フェラされました。


A「あぁ・・おっきい・・彼女さんはイイなぁ・・コレをいつも入れられてるんだ・・」と赤い顔でちょっと興奮気味。


私「あっ、Aさん、キモチイイです・・」

正直、彼女よりも触り方や咥え方は上手かった。


A「ホント、おっきい・・なんだかヘンな気分になってきちゃった・・」と、腰の辺りをいやらしくクネクネさせてます。


私「あっ、Aさん、そんなにされたら、俺・・イッちゃいそう・・」

A「あぁ・・イイですよ。

彼女さんの時よりも、いっぱい出しちゃってください!」


上目使いで言われ・・・イッてしまいました。

Aさんのクチの中で。

しかも大量に出たみたいで・・・。


A「すご~~~い!!超、いっぱい出たぁ!溜まってたんでね・・ウフッ」とホントあの目つきはイヤらしい!!

すると、またみるみる私のモノが復活してしまいました。


A「アラッ??もう??石井さんスゴイですね!?しかも前より大きい感じっ!」

あの時はホントに興奮してしまい、はち切れんばかりに立ってしまいました。


するとAさんが真っ赤な顔で・・・。


A「私も興奮してきちゃった・・入れたい・・イイですか?でも彼女がいらっしゃるからダメかしら?」

トロンとした目つきで私を見つめてきて、私も入れたくなってきてしまいました。


私「でも、手がこんなだし・・・」

A「上に乗ってもイイですか?私、騎乗位が好きなんですぅ・・」と言うと私に跨り、私のモノを入れていました・・。


A「あっ!?!ホント石井さんのおっきいっっ・・太いっ・・入れただけでイッちゃいそう・・あっ、あっ、あぁん・・」

Aさんは腰を私のモノに擦り付けながら、腰を前後にスライドする。


そのスピードは次第に早くなっていき・・・。


A「あぁん!あぁん!あぁん!スゴイ!硬くて大きいっ!イイッ!アッ!!イクぅぅ!」

Aさんはイッてしまったようです。


A「はぁ、はぁ、はぁ・・ホント石井さんのオチンチンって気持ちイイですね・・イッちゃいました・・。

私ばっかりイッてしまってゴメンナサイ・・」


私「大丈夫ですよ!さっきイカせてもらいましたし、Aさんもキモチ良かったみたいだし・・」

A「でも石井さんもまたイカせてあげますっ!!」と言うとキスをしてくれて、またフェラしてきました。


私のモノはさらにグングン大きくなり、硬くなっていきました。

するとAさんは興奮してきたようで・・・。


A「もう1回入れてもイイですか?また欲しくなっちゃった・・・」

私「イイんですか?お願いします!」と言うと、Aさんは再び跨ってきました。


A「アッ!やっぱりイイ!アッ!アッ!アッ!またイッちゃいそう・・アァン!アァ!」とイキました。


私もイキそうになったのですが、さすがに中はマズイ!と思ったので、Aさんはそれを見越したかのように、私のモノにしゃぶりつきフェラを。


A「イッてもイイですよ!もう一回いっぱい出してください!」とフェラと手コキで攻めてきて・・・。


私「あっ、もう、もう!イキそう!ウッ!!!!!」と彼女のクチの中に再び出してしまいました。


A「2回目なのにこんなに・・」とちょっと嬉しそうでした。


私「ありがとう。

すごくキモチよかった!」


A「彼女さんの時よりも興奮した?だからいっぱい出してくれたのかなぁ?」なんて、イジワルそうに聞いてきます。


私「正直、彼女よりも興奮した・・・ありがとう!」と言うと、彼女は制服を正して、「また来ますね☆・・おやすみなさい」と言って個室を出て行った。


それからと言うもの、Aさんは毎晩のように私の部屋に来ては、フェラや騎乗位で溜まった精子を抜いてくれました。


数週間後、手もほとんど治りかけ、彼女は実家から帰ってきてしばらくは忙しかったようですが、また見舞いに来てくれました。


彼女「久しぶりだねぇ~、シてあげる!!」とパジャマを下ろし、咥えてきました。


やっぱり彼女のフェラのほうがしっくりくる、のかなぁ・・。


私「あっ!もう、ダメ!イキそう!!」

彼女「出していいよ!いっぱい出して!」と彼女のクチに放出した後、「あれぇ~?ちょっと少ないよぉ・・あっ!まさか浮気してたんじゃないでしょうね?」と。


オンナはスルドイ!?

私「あはは・・・実は昨日、手がだいぶ治ったから、自分でしちゃったよ!」と誤魔化しました。


彼女「ふぅうん。

まぁ、その手足じゃ浮気も出来ないだろうからね。

治ったらいっぱいしてね!」と。


Aさんもさすがに彼女が戻ってきてからは、エッチなことも何も無くなった。


そして退院の日。


私「色々ご面倒おかけしました。

ありがとうございました」


挨拶をみんなに言うと、Aさんが後ろのほうで「フフッ」と笑っていたのを忘れません。


Aさんにはメルアドを教えていたんですが、帰りの車に乗る直前にAさんからメールが!

「イイなぁ~、羨ましいなぁ~、彼女さんと帰ってからエッチしまくるんでしょ?私もまたいっぱいしたいなぁ~」とキケンなメールが!?

彼女は「どうしたの?誰から?」と言ってきたので、私は「あぁ、イヤ・・会社の後輩からだよ」と誤魔化しちゃいました。


それから数ヶ月。

Aさんからはたまにメールが来て、彼女が居ない時にたまに会っていました。


その度に何度もイカされ、イカせの連発で、ちょっとしたセフレになっちゃいました。


嘘のようなホントの話でした。